トピックス(topics)

2018年6月21日 (木)

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』世界が絶賛!待望の日本公開!邦題・公開決定

0621_002


「Borg McEnroe」の邦題が『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』に決定し、8月下旬TOHOシネマズ日比谷他全国にて公開されることが決定した。

続きを読む »

7月7日(土)公開『 エヴァ 』原作小説 ジェイムズ・ハドリー・チェイス「 悪女イヴ 」6月22日新版発売

0621_007


映画『エヴァ』の原作は英国の人気作家ジェイムズ・ハドリー・チェイス(1906-1985没)の小説「悪女イヴ」。未だ根強いファンを持つ、傑作サスペンス小説の映画化。ブノワ・ジャコー監督は「初めて「悪女イヴ」を読んだのは13歳くらい。好奇心に駆られて読み始めたが、たちまち夢中になった。あのときからずっとこの小説を映画にすることを考えてきた」と振り返る。主演はフランスを代表する演技派女優とイザベル・ユペール。ポール・ヴァーホーヴェン監督の『エル ELLE』(17)では第89回アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされたことも記憶に新しい。エヴァを演じるに当たり、「大変だったのは、役ということを忘れてしまうこと。これはフィクションだということを忘れてしまうの。小説を読んだとき、ハドリー・チェイスは私のためにこれを書いたという感じがした。」と語るほど本作にのめりこんだ。「エヴァは謎そのもの。実際の人物なのか、それとも幻想か。エヴァはベルトラン自身を現しているのかしら?二人は双子のようで、鏡に映した自らを見るように互いに引き寄せられていくの。」と自ら演じるエヴァについて語る。彼女に魅了され、堕ちていく作家ベルトラン役には『サンローラン』(15)、『たかが世界の終わり』(17)のギャスパー・ウリエル。

続きを読む »

ウディ・アレン特集上映トークイベント 菊地成孔×森直人「見終わった後の苦味は半端ない!」

0621_005


『ミッドナイト・イン・パリ』では 1920 年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では 1930 年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督が、ケイト・ウィンスレットを主演に迎え、1950 年代の NY を舞台にした『女と男の観覧車』が 6 月 23 日(土)公開となる。舞台は 1950 年代、NY・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない―夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、ウディ82歳にしての恐るべき野心作が誕生。本作の公開を記念して、ファン投票で選ばれたウディ・アレン監督作 3 作品を上映するウディ・アレン特集を開催し、音楽家・文筆業の菊地成孔、映画ライターの森直人によるトークイベントが行われた。

続きを読む »

チューバッカ、影の努力が必至でカワイイ!真面目に演技を練習する姿をキャスト陣が大絶賛 おもしろインタビュー動画が解禁

0621_001


全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。シリーズでも圧倒的な人気を誇るキャラクターの1人“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描く「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が 6 月 29 日(金)より公開となる。ハン・ソロと言えば生涯の相棒チューバッカの存在が欠かせない。これまでの「スター・ウォーズ」シリーズ以上に大活躍するチューバッカだが、撮影の裏側では台詞や演技の練習に励む超真面目で努力家な一面も。演技に取り組む姿勢はハリウッドスターも顔負けで、ハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクやエミリア・クラークらがチューバッカについて“カメラが釘付けになるのも当然”、“ダニエル=デイ・ルイスが勉強のために来ていた”など、ジョークを交えて語るおもしろインタビュー動画が解禁となった。

続きを読む »

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』7 月 13 日(金)サントラ発売決定 口ずさまずにはいられない!映画の感動がギュッと詰まった24曲収録

0621_006


7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。 この度公開を記念して7月13日(金)メロディー・パンチより、オリジナル・サウンドトラックが発売されることが決定した。

続きを読む »

波瑠×西島秀俊『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』“ド田舎遊園地”が舞台のお仕事エンターテイメント映画書き下ろし主題歌を Dream Ami が担当

0621_003


波瑠と西島秀俊初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」(波多野貴文監督)が2018年秋公開となる。熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた作品だ。そんな本作の主題歌を Dream Ami が担当することが決定した。

続きを読む »

映画『旅猫リポート』追加キャスト発表!広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉の出演決定!「わろてんか」共演の広瀬と大野が夫婦役に!

0621_004


2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く、舞台、ラジオドラマ、絵本、朗読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。原作者の有川浩自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参加している。猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難とされてきた本作だが、満を持して主人公の悟を福士蒼汰、猫(ナナ)の心の声を高畑充希が演じることで完全実写化した。そしてこの度、この秋、最注目の映画「旅猫リポート」の追加キャストが発表となった。

続きを読む »

2018年6月20日 (水)

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督来日!「病気と向き合い生きる子どもの姿から、人生とはどういうものか、どうやって人生を愛すべきかを学んだ」『子どもが教えてくれたこと』トークイベント

日時:6月19日(火)
場所:青山学院アスタジオホール
登壇者:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督

0620_005


ジッフォーニ映画祭では作品賞を受賞し、フランスで23万人の動員を記録した感動のドキュメンタリー映画『子どもが教えてくれたこと』が、7月14日(土)よりシネスイッチ銀座他にて公開となる。本作は、治療と闘いながらも今を懸命に生きる5人の子どもたちの日常を静かに見つめながら、今を生きること、愛することの素晴らしさを描いた奇跡のドキュメンタリー。この度女性ジャーナリストとしても活躍するアンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督が来日し、6月19日(火)に、青山学院アスタジオホールにて、NPO法人 子育て学協会・会長 山本直美、青山学院大学の学生とともにクロストークイベントを実施した!本作製作を通して出会った子どもたちから学んだことなど、まさに生きるヒントともいえる興味深いトークイベントとなった。

続きを読む »

「三部作の最終章にふさわしい大作に仕上がっている」シリーズ累計1,000億円突破のメガヒット・シリーズ誕生秘話 映像派のウェス・ボール監督が熱く語る動画インタビューが到着『メイズ・ランナー:最期の迷宮』

0620_003


全世界累計興収10億ドル(1,000億円)突破のメガヒット・シリーズ『メイズ・ランナー』が、ついに完結する。巨大迷路<グレード>を3年がかりで攻略し、脱出したトーマスたちは、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者<クランク>と闘いながら決死のサバイバルを経験。自分たちが人類を滅ぼす伝染病対策のための人体実験サンプルである事実を知る。サンプルを求める秘密組織<WCKD(ウィケッド)>との激しい戦いが続く中、仲間のミンホが攫われてしまう。トーマスと仲間たちはミンホを救うため、巨大な壁で囲われた要塞都市<ラスト・シティ>中心部にある<WCKD>本部に逆侵入することを決意する。だが、その場所は近づくことさえ容易ではない、侵入不可能な伝説の<メイズ>だった!予想を超えて展開する空前のアクション、謎を解いて進むサバイバル、人類の運命を託されたアドベンチャーが炸裂。仲間を救うために命を賭ける若者たちの熱い友情と強い絆が大きな感動を呼ぶ。6月15日(金)から公開されているシリーズ完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は、初日から3日間で観客動員70,607名、興収97,669,700円を記録し、大ヒット公開中だ!今回、シリーズ3部作をメガヒットに導いた映像派、ウェス・ボール監督のインタビュー映像が到着。主人公トーマスをはじめとするキャラクターを解説、『メイズ・ランナー』ファンについても熱く語っている。

続きを読む »

『君が君で君だ』池松壮亮、松居大悟監督 上海国際映画祭に衝撃を放つ!第 21 回上海国際映画祭 GALA 部門 1200 人超収容の大スクリーン 10 分即完満員御礼!!

0620_001


池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演の超衝撃作『君が君で君だ』が7月7日の七夕より全国公開となる。本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10 年間彼女を見守ってきた 3 人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚。日本の伝説のロックシンガー「尾崎豊」になりきるのは、映画俳優として唯一無二の存在感を示す池松壮亮。そして、世界中の誰もが知るハリウッドの名俳優「ブラッド・ピット」になりきるのは、確かな演技力で頭角を現す満島真之介。さらに、日本の歴史を大きく変えた人物「坂本龍馬」になりきるのは、独特の個性が光る大倉孝二。ヒロインを務めるのは、映画『息もできない』での演技で世界中の注目を集め、多くの熱烈なファンを持つ韓国人女優キム・コッピ。監督・脚本は、国内外で高い評価を受ける松居大悟。疾走感ある映像に今という時代を映し出し、観る者の恋愛観を試す、松居大悟監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーだ。国境も常識も越えた愛の物語は、観る者の恋愛観を揺さぶる。そしてこの度、『君が君で君だ』が 6 月 16 日(土)~~6 月 25 日(月)にて開催されている第 21 回上海国際映画祭の GALA 部門に出品となり、上映&舞台挨拶が行われた。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事