★インタビュー(interview)

2019年3月18日 (月)

「今だからこそ必要とされる映画」『ディープ・インパクト』で映画界の新時代を築いたミミ・レダー時代を変えた女性ルース・ギンズバーグの物語を描く『ビリーブ 未来への大逆転』ミミ・レダー監督インタビュー映像

0317_004



フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』が3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開となる。85歳の今なお、現役の最高裁判事として活躍し、アメリカで最も尊敬される女性第4位に選ばれるなど、正義と平等のために闘う存在として敬愛され続けているルース・ギンズバーグ。本作は、そんな彼女が若かり時代に挑んだ世紀の<男女平等裁判>を描いた物語。時は1970年代、アメリカ。女性は自らの職を選べず、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった時代。そして、男性もまた、人生において多くの選択肢を選べず専業主夫にはなれなかった。そんな時代に、一人の女性弁護士ルース・ギンズバーグの手で、アメリカを変え、ひいては世界をも変える第一歩となった、世紀の〈男女平等〉裁判が起こされたー。なぜ、彼女は法律の専門家たちに〈100%負ける〉と断言された訴訟に踏み切ったのか?そして、どうやって〈大逆転〉を成し遂げたのか?今、史上初の歴史的勝利に至るすべてが明かされる!本作の監督ミミ・レダーのインタビュー映像が解禁となった。

続きを読む »

2019年3月 5日 (火)

「学ぶことに年齢は関係ない」イーストウッドの創作の秘訣は、自らを進化させること『運び屋』から自身のことまで余すことなく語る、クリント・イーストウッド特別動画インタビュー到着

0305_001


『アメリカン・スナイパー』、『ハドソン川の奇跡』に続く、全米興収1億ドル突破の大ヒット作『運び屋』。俳優クリント・イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』(09)以来、10年ぶりの主演作としてスクリーンに帰ってきた。「今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と宣言し、一時は俳優引退もほのめかしたこともある名優の心を動かしたのは、前代未聞の“アウトロー”の実話だった。巨大な麻薬組織で、一度に最大300キロ、13億!巨額のドラッグを運ぶ“伝説の運び屋”の正体は、90歳の老人だった。

続きを読む »

2019年3月 4日 (月)

『ブラック・クランズマン』「スパイクの作品は社会を映す鏡なの」黒人学生自治会美人会長パトリスを演じたヒロイン ローラ・ハリアーインタビュー映像解禁

0304_005



スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開となる。(配給:パルコ)1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化!!本作で、ヒロインの黒人学生自治会会長パトリスを演じたローラ・ハリアーのインタビュー映像が到着した。

続きを読む »

本作の主題である、ニューヨークの30もの教会が実施しているLGBT支援プログラム“サタデーチャーチ(土曜の教会)”とは?“土曜の教会の母”と呼ばれるプログラム・ディレクターへのNY取材敢行!『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』

0304_006


映画批評サイトRotten Tomatoesで満足度93% flesh(2月22日現在)をたたき出し、海外の映画祭で数々の観客賞や優秀賞(映画祭で18の賞にノミネートされ14受賞!)に輝いた注目作『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』が、現在全国公開中だ。本作の主題である“サタデーチャーチ”とは、LGBTの人々のために実在する支援プログラムのこと。毎週土曜の夜だけ教会が開放されて、食事が振る舞われ、悩みごとの相談にも乗ってくれる場が提供されている。さらに、会場を借りて本格的なダンスコンテストを定期的に開催するなど、決して平穏ではない人生を歩む彼らが、生き甲斐を見つけるためのサポートも果たしている。そんな教会の一つでボランティアを務めていた、プロデューサーで俳優のデイモン・カーダシスが、自身の実体験と綿密なリサーチをもとに、LGBTの人々が直面する厳しい現実や社会問題に焦点を当てて脚本を書き上げ、自ら初の長編映画監督に挑んだのが本作だ。

続きを読む »

2019年2月27日 (水)

主人公カップルを演じた期待の大型若手俳優たち「16歳少年の冤罪事件を参考に役作りした」キキ・レイン×ステファン・ジェームズ 2ショットインタビュー解禁!

0227_006


アカデミー賞作品賞受賞『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作『ビール・ストリートの恋人たち』が絶賛公開中だ。前作『ムーンライト』で、『ラ・ラ・ランド』を抑えアカデミー賞作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督。最新作は監督がずっと映画化を夢見ていた、愛よりも、もっと深い“運命”で結ばれた恋人たちのラブ・ストーリー。本作は、第76回ゴールデン・グローブ賞において、主人公の母親役で熱演を見せたレジーナ・キングが見事助演女優賞を受賞。先日発表された第91回アカデミー賞授賞式では、助演女優賞(レジーナ・キング)を見事受賞!現在、数々の映画賞で208ノミネート、81受賞を記録(2/19時点)。映画史を変えた前作に迫る勢いで映画賞を席巻中の本作。より進化した映像美とスケールアップした世界観で世界中から注目を集める、新たな恋愛映画の金字塔だ。本作で主人公ティッシュと恋人ファニー役を演じたキキ・レイン×ステファン・ジェームズのインタビュー映像が解禁となった。

続きを読む »

『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル「完璧に成功した映画化の素晴らしいお手本」著作初の映画化の喜び語る、貴重なインタビュー映像解禁!

0227_012


誰もが初めて出会う世界観で心をつかみ、2018年セザール賞で5部門受賞を果たしたまさに逸品のフランス映画『天国でまた会おう』が、3月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなる。「このミステリーがすごい!」大賞、週刊文春ミステリーベスト10など、日本の名だたるブックランキングで7冠を達成した「その女アレックス」の著者ピエール・ルメートルが、得意の<驚き>はもちろん<感動>という新境地に挑み、フランス文学界で最も権威のあるゴンクール賞に輝いた傑作小説を、自らが共同脚本として書き上げ映画化された注目作。セザール賞で13部門ノミネートの末、脚色賞や監督賞など5部門受賞を成し遂げ、批評家サイト ロッテン・トマトでは満足度93%の高評価を獲得(2018/11/20時点)。テリー・ギリアム&ティム・バートン&ジャン・ピエール・ジュネが融合したかのような絶妙な世界観に、海外からも「観客を虜にする、偉大なエンタテインメント!」(20MINUTES)、「輝かしい、見事な絵巻」(SUD OUEST)など、絶賛の声が続出している。
今回が著作初の映画化となったピエール・ルメートルが、原作者としてその喜びや映画について語る貴重なインタビュー映像が解禁となった。

続きを読む »

2019年2月15日 (金)

映画『半世界』稲垣吾郎インタビュー

20190215_en_01_2


阪本順治監督の映画『半世界』(2019年2月15日公開)で、地方都市で炭焼きをして生計を立てる炭焼き職人を演じた稲垣吾郎。監督の「土の匂いのする男の役を稲垣吾郎に演じて欲しい」というリクエストに応え、これまでのスタイリッシュなイメージとはまったく異なる、新たな魅力を開花させている。新たな環境下で新しい役柄にチャレンジした彼にインタビューを行った。

続きを読む »

2019年2月13日 (水)

“ガラスの仮面 戦国時代篇”とおぼえてほしい!マヤ×亜弓&信長×家康?! 映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』キャストたちが語る「宿命のライバル」

0213_1010


『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンと『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーというアカデミー賞(C)ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きたふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が3月15 日(金)よりTOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開となる。

英国王室もの第三弾は、まさに”ガラスの仮面 戦国時代篇”といえる内容。そんな宿命のライバル関係を紐解くキャスト・スタッフのインタビュー映像が到着した。

シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー インタビュー映像
https://youtu.be/-c_CsONMDcY

続きを読む »

2019年2月 8日 (金)

『半世界』阪本順治監督インタビュー

20190208_hansekai

数々の名作を世に送り出してきた阪本順治監督の新作『半世界』は、本人が脚本も手掛けた完全オリジナルのストーリー。40歳を目前に、久しぶりに再会した三人の男性を通じて、彼らが直面する人生についての葛藤や、家族、友人たちとの絆、そして未来への希望が描かれる。ユーモアが散りばめられたセリフの中に、社会への真摯な目線と未来への希望を込めた阪本監督。主人公の炭焼き職人に、“新しい地図”として出発した稲垣吾郎を配した監督の狙いは何だったのか。そしてオリジナル脚本に込めた思いは?

続きを読む »

2019年1月28日 (月)

アカデミー賞6部門ノミネートで大注目!「『ブラック・クランズマン』は最高のスパイク・リー作品」ジョーダン・ピールが作品の魅力を語るインタビュー映像が到着

0128_011


スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開となる。(配給:パルコ)1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!また、第76回ゴールデングローブ賞には、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞と4部門にノミネート、さらに第91回アカデミー賞ノミネーション発表では、作品賞、監督賞、助演男優賞、作曲賞、編集賞、脚色賞と6部門にノミネートされる快挙を果たした。主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。監督を務めた『ゲット・アウト』(17)ではアカデミー賞を受賞、今年3月全米で公開を控える『Us』(原題)も注目を集める中、7月12日(金)に公開する『トイ・ストーリー4』には声優で出演!続々と話題作に参加し、ハリウッドにその名を轟かせるジョーダン・ピール。本作ではプロデューサーとして参加した彼のインタビュー映像が到着。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事