★インタビュー(interview)

2018年11月30日 (金)

世紀の大スキャンダルが揺るがすロシア帝国のゆくえを描いたスペクタクル大作!『マチルダ 禁断の恋』アレクセイ・ウチーチェリ監督来日インタビュー

20181130_m_01

なんという迫力、なんというエモーション。ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と、マリインスキー・バレエ団の伝説のプリマ、マチルダ・クシェシンスカヤとの許されない恋を史実を織り交ぜながら描き、ロシア本国でセンセーションを巻き起こした話題作『マチルダ 禁断の恋』がいよいよ日本で公開される。
ロシアでは「聖人」として崇められているニコライ2世のスキャンダルとなれば、過激に反応する向きも。安全上の理由から、出演俳優たちがプレミア上映会を欠席するという自体にまで発展。それでも公開後は210万人を動員する大ヒットに。
メガホンをとったのは、これまでもゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネートや、アカデミー賞外国語映画賞ロシア代表に選出されるなど国内外で評価の高いアレクセイ・ウチーチェリ監督。来日した監督にお話を伺った。

続きを読む »

2018年11月 7日 (水)

映画『ポルトの恋人たち~時の記憶』柄本佑&中野裕太インタビュー

20181107_p_2

リスボン震災後の18世紀のポルトガルと、東京オリンピック後の21世紀の日本を舞台に、3人の俳優がそれぞれ1人2役に挑む――。登場人物の立場は時代によって入れ替わるもほぼ同じプロットが反復され、やがて愛憎の不条理と人間の業をあぶり出していく。そんな異色の作品『ポルトの恋人たち~時の記憶』で、ともに新たなチャレンジで新境地を拓いた主演の柄本佑と中野裕太にお話を伺った。

続きを読む »

『熱狂宣言』奥山和由監督インタビュー

20181107_ns

「外食業界の風雲児」の異名をとり、若年性パーキンソン病であることを告白したDDホールディングス社長・松村厚久。過酷な試練と闘いつつ大企業のリーダーとしての手腕を振るう彼の周りは、いつも彼を慕ってやまないたくさんの仲間や社員たちの笑顔があふれている。そんな松村氏の1年間を追ったのは、映画プロデューサーとして多くのヒット作に携わり、長きにわたって日本映画界を引っ張ってきた奥山和由。映画界の“伝説の男”がとらえた飲食業界の“カリスマ経営者”は、どんな人物なのか。

続きを読む »

2018年11月 2日 (金)

『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』監督・脚本・出演 マチュー・アマルリック インタビュー

1102_008


2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞、パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーとなる。人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――。セーヌの畔で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る!「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じるひとりの女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌はやがて、二人をバルバラの人生そのものへと姿を変えていくのだった…。バルバラとはいったい誰だったのか? 世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか?この度、監督・脚本・出演のマチュー・アマルリックのインタビューが到着した。

続きを読む »

2018年10月10日 (水)

樹木希林インタビュー映像 公開!『日日是好日』は“今の時代に必要な作品”「毎年同じことができるということが本当に幸せ」作品への想い、見どころ、理想の役者像など縦横無尽に語る

1010_002


エッセイスト・森下典子が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を日本映画界屈指の実力派キャスト・スタッフで映画化。黑木華、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る、一期一会の感動作、『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)が、10月13日(土)全国公開となる。(配給:東京テアトル、ヨアケ)。9月15日に亡くなった樹木希林さんが『日日是好日』について語るインタビュー映像が公開となった。

続きを読む »

2018年9月 4日 (火)

『ブレス しあわせの呼吸』アンドリュー・ガーフィールド オフィシャルインタビュー

20180904_b

首から下が麻痺し、人工呼吸器なしでは自力で息をする事ができず余命数ヵ月と宣告された男性が、家族と共に笑顔に満ちた幸せな人生を送った実話を描いた『ブレス しあわせの呼吸』。9月7日(金)からの公開を控え、主演を務めるアンドリュー・ガーフィールドのインタビューが到着した。
また、公開と同時に感想投稿キャンペーンも実施。映画の感想を投稿して、豪華賞品をゲットしよう!

続きを読む »

2018年7月13日 (金)

子どもの眼差しに圧倒されること間違いなし!『悲しみに、こんにちは』カルラ・シモン監督来日インタビュー

20180713_k_01


幼い頃に母親を病気で亡くし、新しい家族のもとで初めての夏を過ごした自分自身の経験を繊細に綴った『悲しみに、こんにちは』で、第68回ベルリン国際映画祭の新人監督賞とジェネレーションPlus部門グランプリの受賞を皮切りに、世界各国の映画祭を席巻。スペイン版アカデミー賞とも呼ばれる2018年のゴヤ賞では新人監督賞、助演男優賞、新人女優賞に輝いたスペインはカタルーニャ州出身のカルラ・シモン監督。7月21日(土)の日本公開前に来日した監督にお話を伺った。

続きを読む »

映画『クレイジー・フォー・マウンテン』ジェニファー・ピードン監督インタビュー

Dsc_7967_2

ドキュメンタリー映画『シェルパ』などを手がけた映画監督ジェニファー・ピードンとリチャード・トネッティ率いるオーストラリア室内管弦楽団がコラボレートし、地球にそびえる偉大な山々とその山に挑む人間たちの姿を、クラシックを中心とした荘厳な音楽と共に描いたネイチャードキュメンタリー映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
オーストラリアではオーストラリア室内管弦楽団の生演奏のなかで映像が流れるライブバージョンの「Mountain Live」と映画バージョンの「Mountain」(『クレイジー・フォー・マウンテン』)が公開され、ドキュメンタリー映画としてナンバー1のヒットを記録した。
この作品を手がけたジェニファー・ピードン監督にインタビューを行い、山への思いや、リチャード・トネッティや作家のロバート・マクファーレン、俳優のウィレム・デフォートのコラボレーションなどについてインタビューを行った。

続きを読む »

2018年7月 6日 (金)

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX上映イチオシ!特別インタビュー映像公開!

0706_009


『ジュラシック』シリーズ最新作!前作のパーク崩壊から3年後を描いた『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7/13(金) より4DXで上映される。4DXは、全世界一位4D映画の事業者と同時にグローバルプロジェクトで、2017年全世界1,900万人を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米20~30代を中心とした若い層に人気トレンドとして支持さえており、全世界59カ国、537劇場で運営中で、日本国内で55劇場で導入中。(※2018年7月現在)前作の『ジュラシック・ワールド』は、2015年全世界のトータル興行収入16億7000万ドル突破、日本でも年間興行収入No.1を獲得し、4DX興行歴代5位を記録したメガヒット作で、当時、売り切れ続出でチケット入手困難だった伝説の超人気ver.『ジュラシック・ワールド』4DX版も絶賛アンコール上映中。最新作は、すでに各国で堂々の初登場No.1を獲得し、オープニング興収約1億4800万ドル(162億円※6月26日時点レート換算)の大ヒットスタートで、とにかく「ジュラシック」シリーズの話題で持ちきり状態!

続きを読む »

『 エヴァ 』フランスの至宝イザベル・ユペールが称賛する2人の男性とは?<イザベル・ユペール&ブノワ・ジャコ―監督インタビュー映像>解禁

0706_005


イザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル主演、ジェイムズ・ハドリー・チェイスの「悪女イヴ」を原作とするブノワ・ジャコー監督最新作『エヴァ』が7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開となる。この度イザベル・ユペール、ブノワ・ジャコ―監督のインタビュー映像が解禁となった。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事