★インタビュー(interview)

2021年3月 3日 (水)

『サンドラの小さな家』が日本公開!ハリエット・ウォルターインタビューが到着!!

0303_001


2011年に大英帝国勲章(DBE)を授与され、デイムの称号を得ているイギリスを代表する演技派女優、ハリエット・ウォルター出演の最新作『サンドラの小さな家』が4月2日より日本公開される。本作は『マンマ・ミーア!』の名匠フィリダ・ロイドが監督、脚本・主演をアイルランド出身の注目クリエイター、クレア・ダンが務め、ダブリンを舞台に、住まいを失った若い母親サンドラと2人の娘たちが、隣人たちと助け合いながら自らの手で小さな家を建てる物語だ。ハリエット・ウォルターは1950年生まれ。叔父は『吸血鬼ドラキュラ』(58)の名優クリストファー・リー。また世界最古の日刊新聞「ザ・タイムズ」の創業者ジョン・ウォルターの直系の子孫である。ベネディクト・カンバーバッチの母校としても知られる名門ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アーツ(LAMDA)で演技を学び、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで活躍。1988年にローレンス・オリヴィエ賞を受賞し、2009年には「メアリー・ステュアート」でトニー賞主演女優賞にもノミネートされた。

続きを読む »

2021年2月25日 (木)

映画『きこえなかったあの日』今村彩子監督インタビュー

0225_51


2011年の東日本大震災。未曾有の災害に襲われた非常時に、耳の聞こえない被災者はどのような状況に置かれていたのか。情報から取り残され不安や孤独に苛まれる被災者に寄り添い、10年間にわたって記録してきたドキュメンタリー映画『きこえなかったあの日』が2月27日から公開・配信される。この作品の監督を務めたのは、自身も生まれつき耳の聞こえない今村彩子監督だ。東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨などの災害現場で、ろう者が置かれた状況を取材し続けてきた今村彩子監督にインタビューを行った。


______________________________________________________________________

続きを読む »

2020年12月 9日 (水)

映画『BOLT』林海象監督 インタビュー

1209_51


『私立探偵 濱マイク』シリーズなどで知られる林海象監督、7年ぶりの最新作。2014年から17年にかけて撮影された「BOLT」「LIFE」「GOOD YEAR」の3つのエピソードで構成されている本作は、盟友ともいえる俳優・永瀬正敏を主人公に、震災によって人生を翻弄されるひとりの男の物語が展開する。「たくさんの支援をいただいて完成し、みなさんの力で公開できる」という林監督。原発内を再現した現代美術作家ヤノベケンジ氏の作品の中で撮影風景を観客に公開しながらの現場や、学生スタッフとの共同作業など、林監督ならではとも言える撮影方法についてお話をうかがった。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

続きを読む »

2020年11月18日 (水)

『空に聞く』小森はるか監督インタビュー

1118_51_2


2011年の東日本大震災で震度6弱の地震の後、津波に襲われで甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。市内99.5%の世帯が被災し、1,700人以上の人が犠牲となった。この陸前高田市で、震災後の2011年12月から2018年3月まで地元の情報を伝えていたのが「陸前高田災害FM」だ。自身も陸前高田市民であるパーソナリティたちが、地元の人々の声を丹念に伝えてきた。


この「陸前高田災害FM」の人気パーソナリティだった阿部裕美さんの姿を追ったドキュメンタリー映画『空に聞く』が11月21日に公開される。自身の実家や夫婦で営んでいた和食料理屋を流失してしまったという阿部さんは、市民の人々の人生経験に耳を傾け、複雑な心境を市民として共有してきた。本作の監督を務めたのは、震災後にボランティア活動に参加したことをきっかけに陸前高田に拠点を移した小森はるか監督。監督は市内で陸前高田の方達と生活を共にしながら、津波による喪失感や土地のかさ上げ(沿岸部の低い土地を埋め立てて平均8メートル高くするという復興事業)に揺れる市民たちの姿を映像として記録してきた。公開を前にこの小森監督に、映画について、そして陸前高田での体験などについて話をうかがった。


______________________________________________________________________


続きを読む »

2020年10月 8日 (木)

『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』ザック・ガリフィアナキス&ゾーイ・サルダナ超豪華!吹き替え声優インタビュー映像解禁!

1008_006


超絶技巧のアニメ表現で世界を魅了し続けるスタジオライカ最新作『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』が11月13日(金)新宿バルト9他全国順次公開となる。『コララインとボタンの魔女』(09)、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(16)などで知られる、今年設立15周年を迎えるスタジオライカ最新作として、『トイ・ストーリー4』、『アナと雪の女王2』等を抑え、ストップモーション・アニメ史上初となるゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞を受賞する快挙を成し遂げたほか、アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネートされるなど世界中から絶賛の声が上がっている。主演のライオネル卿を演じるのは、日本でも人気を博す『X-メン』(00)シリーズ、『グレイテスト・ショーマン』(17)等のヒュー・ジャックマン、相棒のMr.リンクを演じるのは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(09)で強烈なインパクトを与えたザック・ガリフィアナキス、そして、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)のヒロインとしても知られるゾーイ・サルダナが、彼らと旅を共にするアデリーナを演じている。英国紳士ライオネル卿と〝生きた化石″Mr.リンクとの超ユニークな凸凹バディが、いま、想像を超えるエモーショナルな冒険に飛び出す!本作でMr.リンクを演じたザック・ガリフィアナキスとアデリーナを演じたゾーイ・サルダナのインタビュー&アフレコ映像が解禁となった。

続きを読む »

2020年7月31日 (金)

『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』斎藤千和(ロボコン・声の出演)インタビュー

0731_91


真っ赤なタマゴ型ボディにまんまるの大きな目玉を持つ愛らしいロボット「ロボコン」。“ロボット根性”こと“ロボ根性”で頑張って人間をお手伝いするこのロボコン、「がんばれ!!ロボコン」(1974~1977)、「燃えろ!!ロボコン」(1999~2000)と、昭和・平成の時代に子どもたちから愛された人気キャラクターだ。

このロボコンが20年ぶりに映画になって帰ってきた。映画『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』は、中華料理店「全中華」にお手伝いにやってきたロボコンが、ヒロシ少年や汁なしタンタンメンたちと一緒に繰り広げるコメディ映画だ。20年ぶりにロボコンに命を吹き込んだのは声優の斎藤千和。コロナ禍で色々と制限の多い中、タイトなスケジュールでアフレコに臨んだという彼女にインタビューを行った。


続きを読む »

2020年4月 7日 (火)

「ホ・セクは愛らしい人です」、指にマメができるほどの撮影時の苦労も明かす!『色男ホ・セク』ジュノ インタビュー

0407_003


2PMのジュノと精鋭キャストが集結し、朝鮮時代を舞台に描かれる豪華絢爛エンターテインメント『色男ホ・セク』が5月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となる。このたびジュノが製作記者会見で語ったインタビューが解禁となった。

続きを読む »

2020年3月18日 (水)

『カゾクデッサン』 水橋研二 インタビュー

0318_91


交通事故で意識をなくした女性とその元夫、現在の夫、息子、そして元夫の恋人——そんな5人の男女が、それぞれの思いを絡ませながら問いかける「家族とは何か」。『カゾクデッサン』はそんなテーマを内包する、今井文寛監督の初長編作だ。それぞれの魂のぶつかり合いが感動を呼ぶ本作で、無骨で暴力も辞さない主人公・剛太を演じるのは実力派俳優の水橋研二。近年は映画のみならず声優などでも活躍するキャリア豊富な個性派は、新進監督の初陣にどう臨んだのか。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

続きを読む »

2019年12月27日 (金)

映画『今日もどこかで馬は生まれる』平林健一監督 単独インタビュー

1227_91


毎年7000頭以上が生産されるというサラブレッド(競走馬)。そのなかで天寿を全う出来るのはごくわずかだ。馬の多くは引退後まだ若いうちに、人間によってその生涯を閉ざされる。『今日もどこかで馬は生まれる』は、競馬業界で“暗黙の了解”とされている引退馬の“その後”に注目したドキュメンタリー映画だ。引退馬の問題に肉薄するべく、競馬に携わるさまざまな立場の人たち――生産者や馬主、ジョッキーに調教師、さらに引退馬に余生を過ごさせる養老牧場の経営者から馬を活かしたビジネスを展開する経営者まで――にカメラを向けた。企画・編集・監督をこなし、彼らホースマンたちからの提言をすくい上げた平林健一監督に話をうかがった。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


続きを読む »

2019年11月25日 (月)

映画『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督インタビュー

1125_90


自殺志願の男の子と、隣室に暮らす殺人鬼の美少女の恋愛を描き、人気を博した裸村(ラーソン)原作の漫画「穴殺人」。二浪して自殺を考えていたニートの黒須越郎が、アパートの部屋に空いた穴から隣に住む美少女・宮市莉央を覗くうちに彼女に恋をし、彼女が実は殺人鬼であるということを知っていくというラブストーリーだ。この作品を杉野遥亮と福原遥の主演で実写化した映画『羊とオオカミの恋と殺人』が11月29日に公開される。この作品でメガホンを取った朝倉加葉子監督に話を聞いた。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事