★記者会見レポート(conference)

2019年11月19日 (火)

変幻自在・柳沢慎吾が…全力一人『シャイニング』披露!?S・キング、キューブリック財団がともに認めた大傑作!『IT』のS・キングイヤー、真打登場!『ドクター・スリープ』ドルビーシネマ特別試写会イベント

日時:11月18日(月)
場所:丸の内ピカデリー ドルビーシネマ
登壇者:柳沢慎吾、有村昆、りんか&あんな
MC:笠井信輔

1119_001


『IT/イット』の巨匠スティーヴン・キングが、2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが幼い頃壮絶な惨劇を生き延び、大人になったダニーを演じる『ドクター・スリープ』。監督&脚本をNetflixで配信されたキング原作の『ジェラルドのゲーム』(2017)でメガホンを取ったマイク・フラナガンが務める。最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖を描き、11月8日に全米で公開を迎え大ヒット、米批評家サイト"Rotten Tomatoes"の観客スコアは、91%を獲得(11/11時点)。ファーストリアクションでは「ホラー愛好家のみではなく、あらゆるジャンルの中で今年のベスト映画の1つ」、「原作本と映画『シャイニング』両方の解釈が素晴らしい」と激賞レビューが続出!すでにキング映画最高傑作の呼び声も高い『ドクター・スリープ』は、11月29日(金)日本公開となる。この度、本作『ドクター・スリープ』ドルビーシネマ特別試写会が開催。開映前には『シャイニング』から40年後を描く本作にちなみデビュー40周年を迎え映画・ドラマ・バラエティと幅広く活躍をする「慎吾ちゃん」こと柳沢慎吾が三輪車に乗って登場!映画コメンテーターの有村昆を交えて本作『ドクター・スリープ』を語りつくすトークも展開!さらにインスタグラムのフォロワー数45万6千人と今最も注目される双子りんか&あんなも劇中に登場する双子姉妹そっくりのコスプレで出現!まさに本作の内容に相応しい予測不可能な超豪華イベントとなった。

続きを読む »

2019年11月18日 (月)

無事に全国公開を迎えることができて感無量!?山崎まさよし14年ぶりとなる主演映画への想いを告白『影踏み』全国公開記念舞台挨拶

日時:11月16日(土)
場所: テアトル新宿
登壇者:山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、篠原哲雄

1118_002


「64-ロクヨン-」「クライマーズ・ハイ」などで知られるミステリー界の巨匠・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の犯罪ミステリーが、ついに映画化!監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が、群馬にて11月8日(金)に先行公開し、11月15日(金)に全国公開となった。テアトル新宿にて全国公開記念舞台挨拶が行われた。

続きを読む »

玉城ティナ かつてない、ダークな役に挑んだ主演映画遂に公開!白石監督「素晴らしく頼もしい役者」と絶賛!!橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富 話題沸騰の共演陣が結集!『地獄少女』公開記念舞台挨拶

日時:11月16日(土)
場所: 新宿バルト 9 Scr9
登壇者:玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈、藤田富、白石晃士監督

1117_001


伝説的人気テレビアニメとして 2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた「地獄少女」が満を持して実写映画化。11 月 15 日(金)に初日を迎え、全国公開中。誰もが胸に秘める憎悪や嫉妬など負の感情を【復讐の呪い】として描くことで、「怖いけれど、覗いてみたい」──視聴者のそんな恐怖と好奇をグサリと刺し貫いて魅了し、一大カルチャー・ムーブメントへと発展したあの伝説の『地獄少女』。本作は、原作の妖しく危険な世界観が融合し、美しくも最凶の因果応報【地獄送り】ダークファンタジー。この度は、11月16日(土)に本作の公開を記念して、舞台挨拶を実施し、主演を務めた玉城ティナをはじめ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、そして白石晃士監督が一堂に会した。

続きを読む »

間宮祥太朗、観客の泣ける率91%に感動!「泣くほど感情が昂ぶったという方がいるのは嬉しい」思い出のシーンを振り返りながら、キャスト陣和気あいあいトーク。『殺さない彼と死なない彼女』 初日舞台挨拶

日時:11月15日(金)
場所:新宿バルト9
登壇者:間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、小林啓一監督

1118_003


「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が実写映画化、11月15日(金)全国公開となった(配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン)。W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ——。すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生した。本作は、11月15日(金)、初日を迎え、舞台挨拶が行われた。

続きを読む »

YOSHIKIスーパーパワーに「夢を見ているみたい!!」監督&キャスト緊急来日で公開をお祝い!!『ブライトバーン/恐怖の拡散者』公開記念イベント

日時:11月15日(金)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ カーテンコール および スクリーン2
登壇者:ジャクソン・A・ダン(ブランドン役)、デヴィッド・ヤロヴェスキー(監督)、オータム・スティード(衣装)
スペシャルゲスト:YOSHIKI、セロ

1118_004


今年5月、米国を拠点に映画の製作・配給を手掛けるThe H Collective, Inc.と合弁による映画配給会社・Rakuten Distribution株式会社の設立を発表し、日本での映画事業に参入した楽天。その配給作品第一弾として注目を集めている『ブライトバーン/恐怖の拡散者』が東宝東和と共同配給で11月15日(金)に全国公開した。本作は、マーベル・スタジオの大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督、ジェームズ・ガンがプロデュースを務める、ホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超えた、全く新しいジャンルミックス作品だ。

続きを読む »

2019年11月14日 (木)

映画『サイゴン・クチュール』監督来日記者会見&トークショーに野宮真貴ほかゲストが登壇!野宮真貴「ポップでキュート!ピチカート・ファイヴのようなファッションがたっぷり」

日程:11月11日(月)
会場:笹塚ボウル(渋谷区笹塚1丁目57-10 3F)
登壇者:グエン・ケイ監督/野宮真貴(ミュージシャン)/デビット伊東(タレント・俳優)/落合賢(映画監督)/司会:新谷里映(映画ライター)


1114_51


12/21(土)より新宿K’sシネマほか全国にて順次公開される映画『サイゴン・クチュール』の監督来日イベントが11/11(月)に笹塚ボウルにて開催された。


本作は1969年のサイゴンで、代々続くアオザイ仕立屋で母に対し反抗を繰り返す娘・ニュイがある日21世紀にタイムスリップ。変わり果てた自分と店の姿に自分の《人生》を変えるべく奔走するファッション・ファンタジー。1人の女性の成長を華やかに描き、女性が元気になれるビタミンムービー。

続きを読む »

映画『テルアビブ・オン・ファイア』特別試写会11/12(火) トークイベント

1114_007


11月22日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開される映画『テルアビブ・オン・ファイア』の特別試写会上映後に、フードコーディネーター/中東料理研究家の越出水月と日本国際ボランティセンター・パレスチナ事業担当の渡辺真帆のトークショーが開催された。

続きを読む »

世界遺産に「スター・ウォーズ」の名曲が響き渡る―スター・ウォーズ世界遺産企画、奈良・東大寺で完結!成功祈願スター・ウォーズ音楽奉納イベント開催

1114_005


映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」がついに完結──。1977 年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから今年で 42 年。永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く最後の「スター・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が 12 月 20 日(金)に日米同時公開となる。

続きを読む »

2019年11月13日 (水)

映画監督 中川龍太郎 小杉湯店主 平松祐介 小杉湯番頭兼イラストレーター 塩谷歩波 「今を未来へ繋ぐ」ための 特別講義!熱いメッセージに 学生たちも白熱議論を展開!『わたしは光をにぎっている』公開記念特別講義

1113_004


『四月の永い夢』(17)で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』が11月15日(金)より全国公開となる。監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。出来上がった本編を観て「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです。」と語った。分身のような役で、風景に溶け込む透明感溢れる松本の姿は、岩井俊二監督の名作『四月物語』(98)のヒロインを演じた女優松たか子を彷彿とさせるという絶賛の声がマスコミから寄せられている。共演は渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾ら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーたち。主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く。そんな本作のテーマをもとに監督登壇による特別講義が青山学院大学にて実施された。

続きを読む »

2019年11月12日 (火)

主題歌「麒麟の子」振り付け生披露で会場大盛り上がり佐藤・髙橋vs田中樹・葵揚・水沢林太郎 ブラック“高速”3番対決!“勝利”の行方は!?『ブラック校則』公開記念舞台挨拶

日時:11月10日(日)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:佐藤勝利、髙橋海人、田中樹、葵揚、水沢林太郎 ※敬称略

1112_006


「男女は1m以上離れる」「下着は白のみ着用可」「学校で歌謡曲を歌ってはならない」「授業中のトイレは男子1分、女子3分以内」等、生徒を必要以上に縛り付ける“ブラック校則”。本当にそれは必要な教育なのか?もはや単なる学校の体裁を守るための「生徒いじめ」ではないか――?大ヒット公開中の映画『ブラック校則』は、ブラックな校則に縛られ不登校気味になっていたある女子生徒との出会いから、彼女を救うため、そして本当の自由を手に入れるために、ブラックな校則と戦う男子高校生を描く、笑って泣ける青春ストーリー。ブラックな校則に立ち向かう主人公・創楽(そら)を演じるのは、本作が映画単独主演初となるSexy Zoneの佐藤勝利。創楽の親友・中弥(ちゅうや)役に、本作が映画初出演のKing & Princeの髙橋海人。その他、ヒロイン希央(まお)役にモトーラ世理奈、田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)、箭内夢菜、堀田真由ら、今旬の人気若手俳優が集結した。ダメな自分でも、何かに、変わることができる。ちっぽけな自分でも、何かを、変えることができる―。そんな想いを持った創楽&中弥コンビが、奇想天外、ユニークな方法でブラック校則と戦う。そしてこの度、11月10日(日)に、主演の佐藤勝利をはじめ、髙橋海人、田中樹、葵揚、水沢林太郎が登壇し<公開記念舞台挨拶>が実施された。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事