★記者会見レポート(conference)

2019年3月20日 (水)

『バースデー・ワンダーランド』松岡茉優がワンダーランドへ大冒険!?カラフルで幸せ色あふれるドレスに大変身!杏と市村正親も大興奮!ジャパンプレミア開催

0320_003


映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『河童のクゥと夏休み』など世界35以上の映画賞に輝き、大人が泣けるアニメーションの巨匠・原恵一監督が描く『バースデー・ワンダーランド』(ワーナー・ブラザース映画配給)の 4 月 26 日(金)の公開に先駆け、ジャパンプレミアが都内で開催された。自分に自信のない主人公”アカネ”の声を務める女優の松岡茉優、好奇心旺盛で自由奔放なアカネの叔母“チィ”役の女優の杏、アカネをワンダーランドに連れ出す大錬金術師”ヒポクラテス”役の俳優の市村正親、ヒポクラテスの弟子”ピポ”役の声優の東山奈央、原恵一監督が登壇した。

続きを読む »

2019年3月18日 (月)

『ダンボ』ティム・バートン監督&コリン・ファレル大歓喜のジャパン・プレミア開催「映画館を出るとき、“自分らしくいこう!”と思える作品」西島秀俊も自信

0317_001


ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、『ダンボ』をオリジナルの脚本で新たな物語として蘇らせた全界注目の最新作『ダンボ』(3 月 29 日(金)公開)。この度、日本公開に先駆け3月14日(木)に本作のメガホンをとった約2年ぶりの来日となるティム・バートン監督と約14年ぶりの来日となるダンボの運命を握るキーマン:ホルトを演じたコリン・ファレル、2001 年からティム・バートン・プロダクションズのトップを務めているプロデューサーのデレク・フライが来日し、ジャパン・プレミアが開催された。この豪華来日ゲストに加え、日本語吹替版でコリン・ファレル演じるホルト役の声優を務めた西島秀俊も会場に駆けつけ、来日ゲストたちを盛大に迎えた。

続きを読む »

川村ゆきえ、青柳尊哉ら登壇『美しすぎる議員』初日舞台挨拶

日時:3月16日(土)
場所:下北沢トリウッド
登壇者: 川村ゆきえ、青柳尊哉、聡太郎、鈴木トシアキ、椋田涼、内藤忠司、五藤利弘(企画・監督・脚本・編集)

0318_005


「美しすぎる海女さん」「美しすぎるタクシー運転手」......など、「美しすぎる~」という存在が話題になっている今、「美しすぎる議員」をフィーチャーした映画『美しすぎる議員』が公開された。見せられているものは真実なのか、偽物なのか。インターネットの発達によりあらゆるものの裏側が暴かれ、また反面、真実がより分からなくなっている中、“本当に大切なものを見つけることの大切さ”を伝える映画が完成した。本作は、日本テレビ「news every.」「きょうの出来事」「NNNドキュメント」、フジテレビ「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などテレビ番組の企画・構成・演出・プロデュースや、映画『レミングスの夏』、『花蓮~かれん~』の脚本・演出を担当する五藤利弘監督が、茨城県取手市の全面協力を得て撮影した。“美しすぎる議員”田中愛役の、『気球クラブ、その後』(監督:園子温)で女優デビュー以降、数々の映画・ドラマで活躍する人気グラビアアイドルの川村ゆきえ、美しすぎる議員の裏の顔を暴きたいと執拗に追いかけるドキュメンタリーディレクター役の、「ウルトラマンオーブ」宿敵・ジャグラスジャグラー役で人気を博した青柳尊哉、カメラマン役の聡太郎、プロデューサー役の鈴木トシアキ、愛に相談するレズビアン女性の父役の椋田涼、市議会議長役の内藤忠司、五藤利弘監督(『レミングスの夏』、『花蓮~かれん~』)が登壇した。

続きを読む »

2019年3月14日 (木)

MCUファンのミキが異色の女性ヒーロー誕生を祝して登場!腹筋を鍛えて臨んだ水樹奈々が魅力を熱く語る!竹中直人が猫にメロメロ?意外な一面が発覚! 『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミア

日時:3月13日(水)
場所:TOHOシネマズ六本木 スクリーン7
登壇者:水樹奈々、竹中直人、ミキ

0314_001


「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超える、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』。マーベル初の女性ヒーロー単独主役である本作の主人公は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー。彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクション・エンターテイメントが幕を開ける! 3月8日(金)<現地時間>、全米で待望の公開を迎えオープニング3日間の興行収入1億5300万ドル(約169憶8000万円)で、初登場第1位の大ヒットスタートとなり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品は、21作全てがオープニング1位スタートという快挙を達成!!また、全米と同時公開となった11の国と地域でオープニング第1位を獲得し、世界興収4億5500万ドル(約500億円)を突破!まさにマーベル最強ヒーローの名に違わぬ数字をたたき出し、ヒーロー映画としては2018年に公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に次ぐ第2位という偉業を達成!女性主人公の映画では2017年公開の『美女と野獣』を超え1位を記録した。(※興収はすべてBOX OFFICE MOJO調べ、1$=111円換算)

そんなファン待望の新作『キャプテン・マーベル』の日本公開直前となる3月13日(水)、ジャパンプレミアが開催され、MCUでは初の単独女性ヒーローであるキャプテン・マーベルの日本語吹替版を担当する水樹奈々、ニック・フューリーの吹替でおなじみの竹中直人が登壇。“異色のニューヒーロー”キャプテン・マーベルの“3つの異色ポイント”について語った。

続きを読む »

2019年3月13日 (水)

新たなダンボの物語、遂にお披露目!ティム・バートン監督他豪華キャスト登壇!ワールドプレミア開催!

0313_003


ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、世界中から世代を超え愛され続ける名作『ダンボ』を奇跡の実写映画化した全世界注目の最新作『ダンボ』(3 月 29 日(金)公開)。この度、3月 29 日(金)の全米公開に先駆け、超豪華ワールドプレミアが3月11日(日本時間3月12日)にロサンゼルスのハリウッドにあるエル・キャピタン・シアターで行われた。「(『ダンボ』が)お気に入りのディズニー・アニメーション」と語るティム・バートン監督をはじめ、ダンボの運命を握るキーマンを演じたコリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、エヴァ・グリーンといったバートン監督が信頼する豪華キャストが集結。さらに、アンジェリーナ・ジョリーやヘレン・ミレンも祝福に駆け付け、華やかなイベントとなった。

続きを読む »

『愛がなんだ』主演:岸井ゆきの 監督:今泉力哉 岸井ゆきの“肩トン”で大照れ!完成披露試写会/舞台挨拶

日時:3月12日(火)
場所:テアトル新宿
登壇者:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督

0313_002


直木賞作家・角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』が、4 月 19 日(金)より公開されることを記念し、3 月 12 日(火)に東京・テアトル新宿にて舞台挨拶付き完成披露試写会が開催された。主演の岸井ゆきの、共演の成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇した。

続きを読む »

2019年3月11日 (月)

『トラさん~僕が猫になったワケ~』前代未聞!【号泣嗚咽応援上映】 開催 ペンライト、タンバリン、鈴、うちわ、猫じゃらし!?で応援!筧 昌也監督、前説に登壇!観客全員で「愛してるニャ~」

0311_003


ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、まさかの実写映画化。Kis-My-Ft2の北山宏光が映画初出演にして初主演を飾り、多部未華子、平澤 宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結した『トラさん~僕が猫になったワケ~』が絶賛公開中だ。

続きを読む »

『スパイダーマン:スパイダーバース』公開記念舞台挨拶開催!小野賢章/宮野真守/悠木碧:登壇スパイダーマン愛が実を結んだ瞬間!『夢が叶った!』(マイルス役:小野賢章)日本語吹替版声優が一堂に集結!

日時:3月9日
場所:TOHO シネマズ新宿 スクリーン9
登壇者:小野賢章、宮野真守、悠木碧

0311_001


「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた『スパイダーマン:スパイダーバース』。先日発表されたアカデミー賞長編アニメーション賞も受賞した大注目の本作の公開を記念し、日本語吹替版声優を担当した小野賢章、悠木碧、宮野真守をゲストに迎えた TOHO シネマズ新宿での公開記念舞台挨拶が開催された。それぞれの役柄であるマイルス(小野)、グウェン(悠木)、ピーター・パーカー(宮野)のスーツアクターも登場して一緒に登壇、本イベントの模様は全国 63 劇場(63 スクリーン)でも同時生中継を実施!トークイベント中には TOHO シネマズなんば、TOHO シネマズ海老名、TOHO シネマズ仙台の3劇場とはライブ中継で繋がり、リアルタイムでのプレゼント抽選会が開かれるなど、大盛り上がりを見せた。

続きを読む »

2019年3月 7日 (木)

座長北山宏光、「手紙はずるい…!筧監督からのサプライズの手紙&直筆イラストに感激!!多部未華子と特製“トラ猫”ケーキお披露目で祝福&感謝『トラさん~僕が猫になったワケ~』

0307_003


ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、まさかの実写映画化。Kis-My-Ft2の北山宏光が映画初出演にして初主演を飾り、多部未華子、平澤 宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結した『トラさん~僕が猫になったワケ~』が絶賛公開中!

続きを読む »

2019年3月 6日 (水)

直木賞作家・西加奈子の傑作「まく子」2/12文庫刊行 & 3/15映画公開 記念原作者・西加奈子 & 映画『まく子』監督・鶴岡慧子トークイベント

日時:3月4日(月)
場所:紀伊國屋書店新宿本店
登壇者:西加奈子(作家)、鶴岡慧子(映画監督)

0306_005


西加奈子が第152回直木賞(「サラバ!」)受賞後、一作目として書き下ろした小説「まく子」は、児童小説としては異例の累計55,000部の売り上げを記録し、文庫版が先日刊行された。そして、幅広い世代から愛される原作の世界観を見事に感動作として昇華させた映画『まく子』が、いよいよ3月15日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開となる。ひなびた温泉街の旅館の息子サトシは、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが転入してくる。言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そして「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子・・・小さな町のどこか不器用な人々を映し出す。文庫刊行&映画公開を記念して、原作者・西加奈子と、映画『まく子』の監督を務めた鶴岡慧子監督によるトークイベントを開催した。小説「まく子」執筆のきっかけや作品にこめた想い、映画『まく子』制作の経緯や撮影秘話など、二人にたっぷり語ってもらった。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事