第25回東京国際映画祭

2012年10月24日 (水)

野村萬斎vs上地雄輔外国語スピーチ対決で大盛り上がり!!榮倉奈々・芦田愛菜は豪華な着物姿で会場を魅了『のぼうの城』第25回東京国際映画祭舞台挨拶

■実施日:10月23日(火)
■場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7
■出席:野村萬斎、榮倉奈々、上地雄輔、芦田愛菜、犬童一心監督、樋口真嗣監督

のぼうの城

あの秀吉が唯一落とせない城があった…。軍勢はわずか500人。総大将は、智も仁も勇もないが、「人気」だけは誰にも負けない“でくのぼう”こと“のぼう様”。秀吉の命を受けた石田三成率いる2万の大軍に包囲され、絶体絶命のその時、のぼう様が打って出た驚愕の策とは!?

日本を代表する犬童一心×樋口真嗣の二大監督の奇跡のタッグが実現。狂言界の至宝にして9年ぶりの映画主演となる野村萬斎が、仲間とともに戦い抜く総大将“のぼう様”を演じ、さらに榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、市村正親、佐藤浩市など錚々たる豪華キャストが集結したスぺクタクル・エンタテインメント超大作『のぼうの城』が、第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、10月23日(火)に上映され、監督、キャストによる舞台挨拶が行われた。

続きを読む »

2012年10月23日 (火)

『マリー・アントワネットに別れをつげて』第25回東京国際映画祭舞台挨拶

■実施日:2012年10月22日(月)
■場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■登壇者:ブノワ・ジャコー監督、レア・セドゥ

マリー・アントワネットに別れをつげて

王妃の朗読係の少女という今までになかったミステリアスな視点から、ベルサイユの裏側に迫り、実際にベルサイユ宮殿でのロケを敢行した『マリー・アントワネットに別れをつげて』。12月15日からの公開に先駆けて、本作が第25回東京国際映画祭にて特別招待作品として上映され、プラダの香水モデルを務め、自身も大手映画会社会長の孫娘というセレブ女優、主演のレア・セドゥと監督のブノワ・ジャコーが揃って来日し、舞台挨拶を行った。

続きを読む »

2012年10月22日 (月)

『横道世之介』第25回東京国際映画祭、高良健吾、吉高由里子、伊藤歩、沖田修一監督、グリーンカーペット登場!

■実施日:10月20日(土)
■場所:六本木 けやき坂通り~六本木ヒルズアリーナ
■出席者:高良健吾、吉高由里子、伊藤歩、沖田修一監督

横道世之介

1980年代を舞台に、上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々を優しい目線から描いた吉田修一の青春感動長編を映画化した『横道世之介』。2013年2月23日(土)より全国公開となる本作が、第25回東京国際映画祭が特別招待作品として上映されることとなり、10月20日(土)に行われたオープニンググリーンカーペットに、高良健吾、吉高由里子、伊藤歩、沖田修一監督が登場した。高良は黒のスーツでシックにキメ、吉高はボリューミーな袖が特徴的なドレスであでやかに、また伊藤歩はセクシーなドレスで開幕を華々しく彩った。

____________________________________________________________

『横道世之介』
2013年2月23日より全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://yonosuke-movie.com/
©2013『横道世之介』製作委員会

第25回東京国際映画祭特別オープニング作品『JAPAN IN A DAY[ジャパン インア デイ]』監督他、約200人の共同監督たちが集結!舞台挨拶&グリーンカーペット実施

【公式上映舞台挨拶】
■実施日:10月20日(土)
■場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン2
■登壇者:フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之(プロデューサー)、共同監督(小泉徳宏、マイケル・ラーヴァン、相川博昭、相川泰冶、関根郁子)

【グリーンカーペット】
■実施日:10月20日(土)
■場所:六本木 けやき坂通り~六本木ヒルズアリーナ
■出席者:フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之(プロデューサー)、リザ・マーシャル(プロデューサー)、ジャック・アーバスノット(プロデューサー)、
共同監督200名

JAPAN IN A DAYジャパン インア デイ

“あの日”から丁度一年の2012年3月11日に世界中で撮影された映像を、リドリー・スコットの号令の元にYOUTUBEを通して集約し、1本の映画へと仕上げた『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]』。この画期的なソーシャル・ネットワーク・ムービーが、10月20日より開催となった第25回東京国際映画祭の特別オープニング作品として公式上映された。今回の上映はワールドプレミアとして世界で初めて一般観客の目の前で披露され、フィリップ・マーティン監督、成田岳監督、早川敬之プロデューサー、さらに本作に映像を投稿した一般投稿者(共同監督)等が舞台挨拶を行うと共に、六本木ヒルズアリーナで行われたグリーンカーペットにも参加した。

続きを読む »

2012年6月13日 (水)

第25回東京国際映画祭コンペティション国際審査委員長ロジャー・コーマン氏に決定!!

第25回東京国際映画祭

2012年10月20日(土)~28日(日)に開催される第25回東京国際映画祭(以下、TIFF)のコンペティション国際審査委員長に、ロジャー・コーマンが決定した。

コーマンは、60年近くのキャリアの中で550以上の作品を製作し、50以上の作品を監督。2009年「映画と映画人への多大なる貢献」を認められ、映画芸術科学アカデミーからアカデミー名誉賞を授与されたハリウッドでもっとも才能に溢れ、影響力のある映画製作者の一人。また、若手を積極的に起用し、彼の下からはフランシス・フォード・コッポラ、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンといった数多くの映画監督や、ジャック・ニコルソンら有名俳優が輩出された。世界にも広く目を向けアカデミー賞受賞作を含むイングマール・ベルイマン、フランソワ・トリュフォー、フェデリコ・フェリーニらの名作を米国配給したことでも有名。黒澤明監督とは『デルス・ウザーラ』の米国公開を手掛けたことから親交が深かった。

TIFFにも大変ゆかりが深い映画人の一人で、1994年第7回東京国際映画祭・京都大会でヤングシネマ・コンペティションの審査委員長を務め、当時長編2作目のガリン・ヌグロホ監督『天使への手紙』にゴールド賞を授与した。昨年はコーマン氏のドキュメンタリー『コーマン帝国』が特別招待作品として出品され、第25回という節目の今年、コンペティション審査委員長として東京の地に戻ってくる。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ