第24回東京国際映画祭

2011年10月31日 (月)

第24回東京国際映画祭クロージングセレモニー

■実施日:10月30日(日)
■会場:TOHO シネマズ六本木ヒルズ 

第24回東京国際映画祭クロージングセレモニー

10月22日(土)から十日間に渡って開催された第24回東京国際映画祭が10月30日(日)に閉幕し、クロージングセレモニーが行われ、東京 サクラ グランプリを始めとする各賞の受賞作品と受賞者が発表された。コンペティションの最高賞にあたる東京 サクラ グランプリには、事故で首から下が完全に麻痺してしまった富豪と、介護役に抜擢された黒人青年との、実話に基づく交流を映画化した『最強のふたり』が受賞した。役所広司と小栗旬が共演した『キツツキと雨』は、審査員特別賞に輝いた。その他、最優秀女優賞にグレン・クローズ (『アルバート・ノッブス』)が選ばれた。

続きを読む »

2011年10月27日 (木)

松田翔太、永山絢斗、遠藤要、渡部篤郎、黒夢、グ スーヨン監督豪華キャスト見参!!「ハードロマン軍団結成式」東京国際映画祭『ハードロマンチッカー』舞台挨拶

日時:10月26日(水)
場所:TOHOシネマズ六本木
登壇者: 松田翔太、永山絢斗、遠藤要、渡部篤郎、清春(黒夢)、人時(黒夢)、グ スーヨン監督

松田翔太、永山絢斗、遠藤要、渡部篤郎、黒夢、グ スーヨン監督豪華キャスト見参!!「ハードロマン軍団結成式」東京国際映画祭『ハードロマンチッカー』舞台挨拶

今年も豪華に幕を開けた第24回東京国際映画祭。その中でもひと際群を抜き、鬼才監督グ スーヨンと豪華俳優達が魅せる渾身の問題作として注目を浴びている『ハードロマンチッカー』が舞台挨拶を行った。

600人以上を超す劇場にも関わらず満員の客席の中、豪華俳優陣、監督が登壇すると場内は大きな歓声と拍手に包まれた。ハードでロマンチストな男だけの舞台挨拶ということもあり、火傷するほどの盛り上がりを見せた。

続きを読む »

2011年10月26日 (水)

震災復興を願う浦安市民の想いが結実!復興のシンボル映画『カルテット!』TIFF 公式上映舞台挨拶

震災復興を願う浦安市民の想いが結実!復興のシンボル映画『カルテット!』TIFF 公式上映舞台挨拶


東日本大震災からの復興を願う市民の情熱により誕生した映画『カルテット!』が、2012年1月7日(土)より公開となる(12月17日(土)、シネマイクスピアリ先行公開)。本作は、震災の影響で市域の86%が液状化被害を受けてしまった千葉県浦安市を舞台に、バラバラだった家族が音楽を通して再生していく様子が描かれている。主演は300人のオーディションを勝ち抜いた新人俳優の高杉真宙。姉役には、いま大注目の新進女優 剛力彩芽。ほか、両親役に細川茂樹、鶴田真由、祖母役に由紀さおりなど、豪華なキャスト陣が脇を固めている。10月25日(火)、東京国際映画祭の公式上映日に舞台挨拶が行われた。高杉真宙、剛力彩芽、鶴田真由、そして三村順一監督が登壇し、被災地・浦安での撮影当時のエピソードを語った。

続きを読む »

2011年10月25日 (火)

モントリオール、釜山に続き、3つ目の国際映画祭参加!『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、瀬々敬久監督が、第24回東京国際映画祭で、映画への熱い思いをアピール!

■実施日:10月24日(月)
■会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ 
■登壇者:岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、瀬々敬久監督

モントリオール、釜山に続き、3つ目の国際映画祭参加!『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、瀬々敬久監督が、第24回東京国際映画祭で、映画への熱い思いをアピール!

第35回モントリオール世界映画祭にて、出品作品の中で最もインパクトを与え、革新的で質の高い作品として、イノベーションアワードを受賞した『アントキノイノチ』

先日行われた第16回釜山国際映画祭でも上映された本作が、3つ目の国際映画祭参加となる第24回東京国際映画祭の特別招待作品として、舞台挨拶付きのプレミア上映会が開催され、出演者の岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、瀬々敬久監督が舞台挨拶を行った。

続きを読む »

2011年10月24日 (月)

『キツツキと雨』役所広司、小栗旬、沖田監督登壇 第24回東京国際映画祭記者会見&舞台挨拶

『キツツキと雨』役所広司、小栗旬、沖田監督登壇 第24回東京国際映画祭記者会見&舞台挨拶

のどかで小さな山村へ突然やってきたゾンビ映画の撮影隊。ひょんなことから無理やり手伝わされる羽目になった克彦。一方、新人監督の幸一は、生来の気の弱さで現場をまとめきれずにパニック寸前。偶然出会った木こり60歳と新人監督25歳。初めは距離を置いていたふたりだったが、いつしか村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく人間ドラマ『キツツキと雨』。第24回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されている本作の記者会見と舞台挨拶付き上映会が開催され、主演の役所広司、小栗旬、沖田修一監督が出席した。


続きを読む »

芦田愛菜「楽しくてドキドキ」『マジック・ツリーハウス』 第24回東京国際映画祭グリーンカーペット&ジャパンプレミア

【東京国際映画祭】
■実施日:10月22日(土)
■場所:六本木けやき坂通り~六本木ヒルズ
■登壇者:芦田愛菜、錦織博監督、著者メアリー・ポープ・オズボーン(夫妻)、永田勝治プロデューサー、キャラクター着ぐるみ

【ジャパンプレミア】
■実施日:10月23日(日)
■場所:TOHOシネマズ六本木 スクリーン2
■登壇者:著者メアリー・ポープ・オズボーン、錦織博監督

芦田愛菜「楽しくてドキドキ」『マジック・ツリーハウス』 第24回東京国際映画祭グリーンカーペット&ジャパンプレミア

2012年1月7日(土)に全国公開の映画『マジック・ツリーハウス』が、10月22日(土)より東京・六本木にて開催されている第24回 東京国際映画祭の特別招待作品として出品され、グリーンカーペットセレモニーと、ジャパンプレミアを実施した。

映画祭の初日をかざる恒例のグリーンカーペットセレモニーには、主人公の声を担当した芦田愛菜が、「マジック・ツリーハウス」の著者メアリー・ポープ・オズボーン、錦織博監督、そして主人公ジャックとアニーの着ぐるみとともに登壇した。芦田は劇中でアニーが身につけているパーカーと同じ、淡いピンク色の、ふわふわとした可愛らしいドレス姿で、手には劇中に登場する“ピーナッツ”のぬいぐるみを持ち、グリーンカーペットに登場。沿道の観客から「愛菜ちゃーん!」という声がひっきりなしにかかる中を、監督、メアリーに伴われながら観客に向かって手を振って歩いた。

また、華々しく行われたグリーンカーペットの翌日23日(日)には、初めての一般お披露目の上映が映画祭で行われ、小さな子どもたちを含む多くの人が詰めかける中、上映前にはメアリー・ポープ・オズボーンと錦織監督との舞台挨拶を行った。

続きを読む »

『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニー

【舞台挨拶付き特別オープニング上映】
■実施日:10月22日(土)
■会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ(スクリーン2)
■登壇者:ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子

『1911』東京国際映画祭特別オープニング上映&グリーンカーペット&オープニングセレモニー

11月5日公開の映画『1911』
のプロモーションで10月21日(金)に来日したジャッキー・チェンが、第24回東京国際映画祭の特別オープニング上映の前に、日本語吹替版のキャストで、ジャッキー・チェン演じる黄興の妻、徐宗漢の声を演じた江角マキコと、黄興が信頼をおく若き革命家林覚民の妻、陳意映(ちんいえい)の声を演じた中川翔子に挟まれて登壇。ジャッキーはグレーと濃紺のマオカラースーツ、江角は深紫の着物、中川翔子は白いドレスに身を包み、満席の劇場に登場した。ジャッキー・チェンが現れるやいなや会場は、大きな拍手と「ジャッキー!」という声でいっきに熱があがり舞台挨拶が始まった。

続きを読む »

野田首相、「気持ちだけはオーランド・ブルーム!」日本滞在36時間のミラ、震災後の来日で親日家アピール!『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』東京国際映画祭グリーンカーペット&舞台挨拶

■実施日:10月22日(土) 
■場所:グリーンカーペット=六本木けやき坂通り~六本木ヒルズアリーナ、舞台挨拶=TOHOシネマズ六本木
■登壇者:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルド、ポールW・S・アンダーソン監督

野田首相、「気持ちだけはオーランド・ブルーム!」日本滞在36時間のミラ、震災後の来日で親日家アピール!『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』東京国際映画祭グリーンカーペット&舞台挨拶

『バイオハザード』の監督により新しく生まれ変わった「三銃士」を描く『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の10月28日(金)からの日本公開に先駆けて、第24回東京国際映画祭の公式オープニング作品として、10月22日のグリーンカーペットにキャストのミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルド、ポールW・S・アンダーソン監督が登場。更にその後の上映に際して舞台挨拶を行った。


『バイオハザード』の監督により新しく生まれ変わった「三銃士」を描く『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の10月28日(金)からの日本公開に先駆けて、第24回東京国際映画祭の公式オープニング作品として、10月22日のグリーンカーペットにキャストのミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルド、ポールW・S・アンダーソン監督が登場。更にその後の上映に際して舞台挨拶を行った。

続きを読む »

『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々、瀬々敬久監督が、第24回東京国際映画祭グリーンカーペットを華やかに飾る!

『アントキノイノチ』岡田将生、榮倉奈々、瀬々敬久監督が、第24回東京国際映画祭グリーンカーペットを華やかに飾る!

第35回モントリオール世界映画祭にて、出品作品の中で最もインパクトを与え、革新的で質の高い作品として、イノベーションアワードを受賞した『アントキノイノチ』。第24回東京国際映画祭のオープニングイベントであるグリーンカーペットに、主演の岡田将生、榮倉奈々、瀬々敬久監督が揃って参加し、華やかな映画祭に彩りを添えた。また、GReeeeNが手掛ける本作の主題歌「恋文~ラブレター~」のキャンペーンボーイ、ラブレターマンも登場し、グリーンカーペットの会場を大いに沸かした。本作は、第24回東京国際映画祭の特別招待作品として参加しており、10月24日(月)にプレミア上映会される。

------------------------------------------------------------
アントキノイノチ『アントキノイノチ』
2011年11月19日より全国にて公開
配給:松竹
公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/movie/antokino-inochi/
(C)2011映画「アントキノイノチ」製作委員会


映画『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』舞台挨拶 第24回東京国際映画祭

日時:10月23日(日)
場所:TOHOシネマズ六本木 スクリーン6
登壇者:フラガール7人、小林正樹監督

映画『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』舞台挨拶 第24回東京国際映画祭

グリーンカーペットを賑やかに彩り、本年度の第24回東京国際映画祭の“顔”となったフラガール。彼女たちを追いかけた映画『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』のプレミア上映&舞台挨拶が10月23日に行われた。

この作品は、震災後、7月7日から撮影を始め、つい先日の10月1日にクランクアップ。その後たったの三週間で仕上げを行い、この日に間に合う事が出来た。そして本作は、震災後の“福島”を描いた劇場公開商用作品として、日本はもとより世界で最初の映画となり、本日、日本と共に世界へ向けて無事披露・発信された。今週10月29日から全国にて公開が始まる。また、10月23日の上映は、海外からの反響も大きく、チケットは即完売となった。フラガールたちは、観客の手拍子と、“タフアフアイ”に併せてフラダンスを踊った。フラガールたちに花束を渡そうとする熱狂的なファンもいた。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事