« 高橋李依、梶裕貴、小原好美、小倉唯、落合福嗣、岡本信彦、大原ゆい子(主題歌アーティスト)、赤城監督登壇『劇場版 からかい上手の高木さん』公開記念舞台挨拶 | メイン | 『映画はアリスから始まった』ジョディー・フォスターのナレーションをフューチャーし、ハリウッドのセレブリティー達が登場する予告編解禁! »

2022年6月14日 (火)

アカデミー賞®2度輝く名優ショーン・ペン 監督・主演作『フラッグ・デイ 父を想う日』2022年冬公開・邦題決定!

0614_002


第74回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品、アカデミー賞®にも2度輝いた名優ショーン・ペン監督最新作 “FLAG DAY(原題)”が、邦題『フラッグ・デイ 父を想う日』として2022年 冬TOHOシネマズ シャンテほか全国公開されることが決定した。

父はアメリカ最大級の贋札事件の犯人だった──
それでも抱きしめずにはいられない父との日々とは? 
家族の絆が今この時代を生きる私たちの胸を熱くする驚愕の実話

大好きな父親が実は犯罪者だったという衝撃の実話を映画化。原作はジャーナリストのジェニファー・ヴォーゲルが2005年に発表した回顧録「Film-Flam Man: The True Story Of My Father‘s Counterfeit Life」。


『ミスティック・リバー』『ミルク』で主演俳優としてアカデミー賞®を受賞し、監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』が同賞2部門にノミネートされたショーン・ペンが構想15年をかけて監督・主演を果たした。自身の監督作に出演したのはこれが初めてとなる。ショーンが演じるジョンの娘ジェニファーには彼の実娘であるディラン・ペン。ディランが本作の脚本を初めて読んだのは15歳の時で、父からの15年間にも及ぶ説得に応じて出演を決意。ヒーローのような父への憧れがその実像を知ることで反抗心へと変わり、もがきながらも自立した結果、弱さや矛盾に満ちた父への愛情を深めてゆく娘を多彩な感情表現で見事に演じきった。


タイトルの『フラッグ・デイ』とは、6月14日のアメリカ国旗制定記念日のこと。国旗制定記念日は全米が祝福し、この日に生まれた父ジョンは、自分は生まれながらにして祝福されていると感じ、特別な存在として成功する当然の権利があると信じていた。それは彼の人生を大きく左右し、父と娘の重要な日になる。家族の絆──それは温かく正しいものだけではなく、問題を抱えた不完全な人間を愛することができる美しさでもあると、観る者の心を激しく揺さぶる真実の物語。

____________________________________________________________

『フラッグ・デイ 父を想う日』

2022年冬よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:https://flagday.jp/
(C)2021 VOCO Products, LLC

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34249696

アカデミー賞®2度輝く名優ショーン・ペン 監督・主演作『フラッグ・デイ 父を想う日』2022年冬公開・邦題決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事