« 主演・野村周平、吉川愛、陣内孝則、⻘柳翔、福⼭翔大が登壇 ドリキン・土屋圭市、ワールドチャンプ・山中智瑛も入り混じりグランツーリスモSPORT対決でガチバトル『ALIVEHOON アライブフーン』完成報告イベント | メイン | パメラ・B・グリーン監督  ナレーション:ジョディー・フォスター『映画はアリスから始まった』公開決定・ポスタービジュアル解禁 »

2022年5月23日 (月)

松山ケンイチ“この作品には貴一さんの人間性や優しさが溢れています”自ら企画・主演を務めた中井貴一も万感の舞台挨拶に!豪華キャスト陣も鏡開きで『大河への道』全国への旅立ちをお祝い!

日時:5月20日(金)
場所:丸の内ピカデリー スクリーン1
登壇者:中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央、中西健二監督

0523_003


千葉県香取市では地元を盛り上げるために、郷土の偉人「伊能忠敬」を主役にした大河ドラマの開発が進むが、驚くべき新事実が発見される。それは1821年に史上初の日本地図を完成させたのは、あの伊能忠敬ではなかった、ということ。では一体、初の日本地図は誰が、どのように作ったのか。そこには、歴史に埋もれてしまった、涙なしには語れない秘密の物語が隠されていた−。


原作は立川志の輔の新作落語「大河への道―伊能忠敬物語―」。その画期的な“伊能忠敬が出てこない伊能忠敬物語”は、2011年の初演以来、「落語を超えた究極の話芸」と評され再演を繰り返す。本作は主演をつとめる中井貴一が原作となる落語を観劇し、感動のあまり自ら立川志の輔に映画化の直談判をしたことから始まった。そして、映画『大河への道』は、前途多難な大河ドラマ実現を描く現代の喜劇と、200年前の日本地図完成に隠された感動秘話を描く時代ミステリーの二つでドラマが描かれる。共演には松山ケンイチ、北川景子、橋爪功といった日本映画界のトップランナーである俳優陣が一人二役で出演!


江戸と令和。二つの時代を舞台に描かれる日本初の全国地図誕生秘話とは!?立川志の輔の新作落語『大河への道―伊能忠敬物語―』を原作にした映画『大河への道』がついに全国公開!初日となる5月20日には都内劇場で初日舞台挨拶が行われ、主演の中井貴一、共演の松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央、そして中西健二監督が出席した。

主演のみならず、企画にも名を連ねた中井。立川志の輔の新作落語『大河への道―伊能忠敬物語―』を映画化するにあたり「今や時代劇がなくなり、民放でも放送されなくなってきました。僕としては時代劇に関わるもの、京都撮影所や、スタッフや俳優の知識を残さねばと思った」と使命感があったようで「でもそれはお客様にご覧いただけてこその話。そんな中で立川志の輔師匠の落語に出会い、この題材ならばコメディと悲劇を合わせ込められるのではないかと思った」と本作制作の出発点を明かした。

中井とは10年以上の付き合いがあるという松山は「貴一さんは包容力のある俳優さんで、安心と信頼がある。この作品にはそんな貴一さんの人間性や優しさが溢れています」とリスペクト。劇中で描かれる地図作りという偉業には「地図の完成に至るまでの熱意や困難は今に通じる部分があるのかもしれない。現代とのリンクを感じて見てもらえるはず」と期待を込めた。

本作に対して「この映画にはピラミッドと同じくらいの驚きの物語が隠されている」と感嘆したという北川は「本物のピラミッドは見たことがないけれど…」と笑わせつつ、伊能忠敬らの偉業に触れて「日本地図を作るということは、ピラミッドを作るのと同じくらい凄いことだと思った。当時は上から撮影することなんてできないし、人間だけで距離を測って作るのは気の遠くなる作業。凄いと思った」と感動していた。

撮影中の思い出深いエピソードを聞かれた岸井は「車の免許を取ったばかりだったので、私がどんな車に乗ったらカッコいいかを北川さん、松山さん、中井さんと話したのが楽しかった」と思い出し笑いをすると、北川は「大きい車に乗ってほしかったので、車高があった方がカッコいいとか、イメージとは真逆の車に乗ってほしいとか、みんなで好き放題に言っていました」と懐かしそう。具体的な車種も何台か挙がったそうだが、北川から「買ったの?」と聞かれた岸井は「まだです!乗りたい車がその中にはなかったので…」と笑わせた。

和田は本作について「地図を見る際に小さな感動を感じられるのではないか」と期待し、田中も「日本の原風景が見どころ。これを見たら海外旅行も行かなくていいのではないかと思えるくらいの素敵な景色が映っています」と見どころを口にした。

玉置浩二による書下ろし主題曲「星路(みち)」の話題に。中井は「本当にラッキー!」と玉置の主題歌快諾に喜び「玉置さんは映画をご覧になって楽曲を作ってくれたので作品にマッチしています。本編が終わっても最後まで歌を聴き終わってから席を立っていただきたい」と観客に呼び掛けていた。

最後に中西監督は「とにかく脚本が面白く、素晴らしい役者さんが集まってくれた。時代劇もあれば現代劇もある。映画1本で何本分も楽しめる作品になりました!」と手応え。主演の中井は「公開初日というのは、役者にとって育てた映画と別れる時で、育ててきた娘を届けるような気持ちです」としみじみと心境を吐露。しかし舞台挨拶を締める鏡開きでは大笑いのハプニング発生!写真撮影のための鏡開きポーズの段階で木槌が樽の蓋に当たってしまい、フライング鏡開きに!キャスト総出であたふたと仕切り直す中で、和田が「今は撮らないで~!」と報道陣にお願いするなど、最後は大爆笑大ヒット祈願となった。


____________________________________________________________

『大河への道』

2022年5月20日より全国にて
配給:松竹
(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事