« 祝 岩本 照(Snow Man)& 蛯原恭介 真ん中バースデー!『モエカレはオレンジ色』原作者・玉島ノン先生による描き下ろしイラストが解禁! | メイン | 『ALIVEHOON アライブフーン』映画本編×NOISEMAKER主題歌「Hunter or Prey」重低音サウンドと迫力ある映画本編映像で映画の世界観を体感できるスペシャルコラボMVを解禁 »

2022年5月17日 (火)

そこで詠まれたのは、窓の外、ガラスの向こうに捧げた詩だった──『背 吉増剛造×空間現代』公開決定!

0517_001


『眠り姫』などの才気溢れる作品で知られる七里圭監督、初のドキュメンタリー映画『背 吉増剛造×空間現代』が2022年10月から新宿k‘scimemaにて公開されることが決定した。


80歳を超えてなお旺盛な創作活動を続ける、日本を代表する現代詩人・吉増剛造。彼が、先鋭的なオルタナティブロックバンド・空間現代と、京都の小さなライブハウス「外」で2019年に行った、ある朗読ライブ《背》の記録。

ライブ・ドキュメンタリー映画『背 吉増剛造×空間現代』

吉増剛造はその年の夏、かつて津波を引き起こした海に面する宿の小部屋で、窓の向こうの海に浮かぶ霊島・金華山を眺めながら、その地に足を踏み入れることなく、思いを馳せた。
それは今、世界が閉ざされる経験をした後の我々には、予見的で、象徴的にも感じる。
マスクや目隠しを用いながら、声の限りに叫び、録音を再生し、ありったけの力で透明なガラスにドローイングする……鬼気迫るライブ・パフォーマンスの全編を凝視して、詩人の言葉の「背」後を浮き彫りにする。

____________________________________________________________

『背 吉増剛造×空間現代』

2022年10月より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開
配給:チャーム・ポイント
(C)charm point

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34248477

そこで詠まれたのは、窓の外、ガラスの向こうに捧げた詩だった──『背 吉増剛造×空間現代』公開決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事