« そこで詠まれたのは、窓の外、ガラスの向こうに捧げた詩だった──『背 吉増剛造×空間現代』公開決定! | メイン | EXOチャンヨルがビリー・アイリッシュの『Bad Guy』を低音ボイスで歌い上げる!『ぼくの歌が聴こえたら』本編映像解禁 »

2022年5月17日 (火)

『ALIVEHOON アライブフーン』映画本編×NOISEMAKER主題歌「Hunter or Prey」重低音サウンドと迫力ある映画本編映像で映画の世界観を体感できるスペシャルコラボMVを解禁

0517_002


日本が生んだ、剛・速・美を競うドリフトレース。大地を揺さぶるエンジン音、猛烈な白煙、車輪をスライドさせながらコーナーを抜ける超絶ドライビングテクニックと全世界の度肝を抜いたアクロバティック&ダイナミックな競技──その魅力のすべてに迫る最高峰のドリフトエンターテイメント、映画『ALIVEHOON アライブフーン』が6月10日(金)に公開となる。


本作は、eスポーツ日本一のレーサーが、リアルドリフトの頂点を目指すというオリジナルストーリー。主演に野村周平、共演に吉川愛、陣内孝則、青柳翔、福山翔大といった豪華俳優陣が出演し、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』でもテクニカル・アドバイザーを務めた、ドリフトキング・土屋圭市が監修する。監督・下山天が企画構想に3年を費やし、世界トップレーサーたちの実走出演でCGゼロの大迫力のリアルドリフトを描ききる!

この度、映画『AIVEHOON アライブフーン』の本編映像と、NOISEMAKERが歌う主題歌「Hunter or Prey」の歌唱シーン満載のスペシャルコラボMVが解禁。解禁された新MVでは、eスポーツとリアルレースの世界で生きる主人公紘一を演じる主演の野村周平を始め、吉川愛、陣内孝則ら豪華キャストそれぞれが演じる各キャラクターたちの人間模様が垣間見えるシーンを含む新たに解禁された本編映像に加え、本作最大の魅力のドリフトカーのド迫力の走行シーンが余すところなく使用されており、腹の底まで響くような重低音サウンドにのって映画の世界観を余すところなく表現。映画の本編と交差するように差し込まれている歌唱シーンでは、数十台のドリフトカーに囲まれ歌うシーンや、映画の世界観さながらNOISEMAKERメンバーの横スレスレに走り抜ける中で歌うシーンは、映画の世界観を十二分に表現する限界ギリギリのド迫力の映像となっており、主題歌と共に映画『ALIVEHOON アライブフーン』ワールドを存分に楽しむことが出来る。

主題歌に関して下山監督は、「編集が半分ほど終えた段階で映像を見てもらって打ち合わせをしました。普段色々とお話しさせてもらうんですけれども、感じたことをストレートに曲にしてくださいと伝えたところ、駆け引きに対して純粋に出来上がったストレートな曲を書いていただけました」と主題歌への想いを語り、NOISEMAKERのボーカルのAGは、「下山監督から「自分たちのやりたいことを思いっきりやっていい」って言ってもらえたので、NOISEMAKERが今一番やりたい、新しいサウンド作りをしました。映画を見て初めて僕らの曲を聴く人にも響くものにしたかったので、全部詰め込もうと思って作った曲です、映画館でぜひエンドロールまで聴いてください!」と主題歌となった「Hunter or Prey」制作についての想いを語った。


究極の爆走・美走のアートが⼤スクリーンで体感できる最高峰のドリフトエンターテインメントのリアルな臨場感と迫力は、劇場の大スクリーン&好音響の爆音で体感しよう!


腹の底まで響く!ALIVEHOON×NOISEMAKER 主題歌「Hunter or Prey」スペシャルコラボ MV
https://youtu.be/4SfzBiT3S3Q /

____________________________________________________________

『ALIVEHOON アライブフーン』

2022年6月10日より全国にて
配給:イオンエンターテイメント
公式HP:https://alivehoon.com /
(C)2022「アライブフーン」製作委員会


トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事