« アジア系俳優ジャスティン・チョン監督&主演×アリシア・ヴィキャンデル共演『ブルー・バイユー』メインビジュアル解禁 | メイン | 『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』オアシス全盛期は1日1曲の爆速レコーディング ハイペースの秘訣はイギリスのパブ文化だった!HUB渋谷の人気DJイベントとコラボ決定&本編映像公開 »

2022年1月14日 (金)

夫を冤罪でなくした妻の前に、突然現れた謎の男 彼はいったい、何者なのか?『白い牛のバラッド』本編映像初解禁

0114_003


第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』が2月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となる。愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナ(マリヤム・モガッダム)。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザ(アリレザ・サニファル)が現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった…。罪と償いの果てに、彼女が下した決断とはー。


謎の男の突然の訪問。彼はいったい何者なのかー?
初の本編映像が解禁!!

この度解禁された本編映像は、謎の男が、夫を死刑でなくしたシングルマザーの妻ミナと出会う場面だ。眉間に皺寄せた神妙な面持ちで、言葉に詰まらせながらもレザと名乗り、ミナの夫の古い友人だという。どこか怪しい雰囲気を漂わせながらも、突然の訪問の理由は、生前に借りたお金を返しに来たという。そんな話は初耳だと驚きつつも真摯に受け答えをするミナ。“ある秘密”によって結び付けられたふたりの今後の展開が気になる場面となっている。ここでは音にも注目してほしい。2人の会話の後ろから聞こえてくる街の喧騒や、テレビから漏れる音など、生活音が際立って聞こえ、リアルな緊迫感が伝わってくる。

自国の検閲に挑んでまで、自らが演じ伝えたかった物語

イランではファジル映画祭で3回上映された以降、劇場では公開許可が下りなかった本作。理由はイランには映画に検閲という厄介な問題がつきまとうためだ。近年は同じ死刑を扱った作品で、第70回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したモハマド・ラスロフ監督の『悪は存在せず』が自国のタブーに挑み、世界中で高い評価を得たことは記憶に新しい。本作も例外ではなく、べタシュ・サナイハ監督とマリヤム・モガッダム監督は身の危険を冒してもチャレンジングな題材に挑み、破格の衝撃性がみなぎる冤罪サスペンスに結実させた。監督兼主演を務めたマリヤムは、「イラン映画の特質のひとつは、社会的、人間的な問題に対して正直であることですが、検閲が存在するため、これを達成するのは容易ではありません。」と製作の苦労を振り返る。続けて「この目標を達成した映画は影響力を持つことができます。映画という窓を通して、世界の人々と孤立したイランの人々が互いを見ることができるからです。」と語り、本作を通じてシングルマザーの女性の生きづらさ、イランの死刑制度など、社会の不条理を世界に向けて露わにした。

またムビチケオンライン券が本日より発売スタート。1週間限定タイムセール価格の1300円で販売となる。死刑執行数世界2位イラン発、衝撃の冤罪サスペンスがついに日本上陸!続報に期待だ。


1月14日(金)一斉解禁『白い牛のバラッド』本編映像
https://youtu.be/GsSlILM_koI

____________________________________________________________

『白い牛のバラッド』

2021年2月18日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:ロングライド

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34243393

夫を冤罪でなくした妻の前に、突然現れた謎の男 彼はいったい、何者なのか?『白い牛のバラッド』本編映像初解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事