« 『ちょっと思い出しただけ』なんでもないけど愛おしい、ふたりだけの日々が優しく切なく胸に響く…初解禁となる本編シーンもふんだんに盛り込んだ豪華ロングトレーラー解禁! | メイン | “自分らしさは、ひとつじゃない”─ ときどきレッサーパンダになっちゃう女の子・メイが見つけた、”本当の自分”とは!?『私ときどきレッサーパンダ』日本版新ビジュアル解禁! »

2022年1月27日 (木)

死刑になった夫は無実だった…『白い牛のバラッド』衝撃の本編映像解禁

0127_006


第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』が2月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となる。愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナ(マリヤム・モガッダム)。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザ(アリレザ・サニファル)が現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった…。罪と償いの果てに、彼女が下した決断とはー。

死刑になった夫は無実だった。緊迫の最新映像が解禁!!!
自国イランで上映が中止された、衝撃の冤罪サスペンス『白い牛のバラッド』。主人公で未亡人のミナを演じたのは本作でメガホンをとり、脚本も手掛けた女優マリヤム・モガッダム。ファジル国際映画祭で数回上映された以降、劇場での上映を禁じられた本作。映画祭ではイランの巨匠アスガー・ファルハディ監督と並ぶ才能と、批評家たちに称賛され瞬く間に注目を集めた。この度解禁された本編映像は、死刑で夫を亡くしたミナに、夫が冤罪であったことを告げられるシーン。裁判所の男の口から淡々と説明される、第二の証人が真犯人で、夫の死刑は誤りだったという衝撃的な事実。「遺族に2億7千万トマンが賠償金として支払われます」(日本円で2,500万円程)と告げられるミナはただ茫然とすることしかできない。そして、事実を把握した後、ミナが泣き叫ぶ姿で映像は終わる。主演のマリヤムの迫真の演技が、観客までを悲劇の渦に巻き込む本作において重要なシーンだ。ミナという複雑なキャラクターを演じたことについて、主演で監督のマリヤムは、「ミナの性格は私自身とはまるで違いますが、彼女の葛藤や自尊心は理解できますし、悲しみにも共感します。彼女はイラン映画によく見られる典型的な弱い女性ではなく、弱さと強さを併せ持った女性です。」と語り、今までのイラン映画には登場しなかった、リアルな女性像を目指したことを明かした。

各界の著名人が、衝撃の冤罪サスペンスに魂を震わす・・・!
合わせて、本作に各界からの著名人総勢10名から絶賛のコメントが到着した。『菊とギロチン』や『友罪』で死刑を描いてきた瀬々敬久監督は「(中略)悲劇でありながら、悲しいと叫ぶことでは済まされない現実、それが突き刺さってくる。」と述べ、『ゆれる』や『すばらしき世界』など人間の罪に切り込んだ作品を多く手がける西川美和監督は「(中略)やむにやまれぬ人の繋がりと赦しを丹念に描いた素晴らしいドラマだった。イランの演じ手たちの演技の確かさにも息を飲んだ。」とコメント。死刑制度についての本を多数出版する森達也監督は「(中略)先進国では例外的な死刑存置国の日本に暮らす僕たちにとって、この事件は決して他人事ではない。」と熱の込もった言葉を残した。

*五十音順、敬称略
コメント一覧


宇垣美里(フリーアナウンサー)
大切な人を理不尽に奪われてしまった時
それが神のご意志だと、運命だと言われて
受け入れることなどできようか
彼女が紅を引く時の強い瞳が
涙を流しながらも決して目を逸らさないその眼差しが
ずっと頭から離れない

木村草太 (憲法学者)
イングマール・ベルイマンの「処女の泉」を思い出した。
「神」の名の下に、罪悪感や世の理不尽さから目を逸らそうとする人々。
それは「神」に限らず、「国民感情」や「多数決」でも同じことか。


齊藤潤一(映画「眠る村」監督)
「ひと言でいい、謝って欲しかった」冤罪を晴らしても謝罪しない司法に、免田事件の免田栄さんはそう言った。誤りや不正があっても無かった事にするこの国。イランはまだマシなのか…?「裁き」の重みと「赦し」の難しさを考えた。

坂上香(ドキュメンタリー映画監督)
これは、「白い牛(冤罪で殺された夫)」をめぐるイラン人女性ミナの話。
冤罪のリスクを認めず、死刑を「やむをえない」と8割が認めてしまう日本の私達に、はたして「白い牛(生贄)」は見えるのだろうか。

瀬々敬久(映画監督)
死刑制度を容認する人にも、反対する側の人間にも、今までそういうことを考えてこなかった人々にも、等しく響いてくる映画だ。悲劇でありながら、悲しいと叫ぶことでは済まされない現実、それが突き刺さってくる。

武田砂鉄(ライター)
「神」に頼りながら尊厳を潰す仕組みが悔しい。
人を社会の隅っこに追いやる力にどうやったら抗えるのか。


中村佑子(映像作家)
未亡人になれば家も借りられず、世間から冷たい視線を浴びるイランの女性たちの厳しい現実にショックを受けた。刑務所の壁に囲まれた白い牛のイメージは、冤罪で死刑となった夫だけでなく、社会の囚われの身である女性たちでもあると思えた。そんな限られた自由のなかで、贖罪を誓った男に対して或る行動をとったミナの、決然として複雑な意思の光に息を呑む。

西川美和(映画監督)
全ての光を失っていた主人公が、男の受難を助けようと奔走する時の輝きが感動的だった。人が救われるのは、人を助けられるときだけなのかも、と思った。宗教や文化のあつれきの中でもがきながら、やむにやまれぬ人の繋がりと赦しを丹念に描いた素晴らしいドラマだった。イランの演じ手たちの演技の確かさにも息を飲んだ。無駄や虚飾がなく、それでも観る者の心の真ん中をストンと射てくる。色々反省させられました。

森達也 (映画監督・作家)
死刑大国イランで起きた冤罪による死刑執行。その結果として多くの人たちの人生が狂わされる。先進国では例外的な死刑存置国の日本に暮らす僕たちにとって、この事件は決して他人事ではない。ラストは思わず声が出た。そしてもう一つ。女性の映画でもある。


山崎ナオコーラ(作家)
理不尽な目に遭ったとき、人はどういう道に進めばいいのだろう。「法律内のことだから」「神の思し召しだから」と納得すべきなのか?特に女性に対しては「お金をもらい、優しくされたあとは、相手を許すべきだ」という空気が流れがちだが……。ミナは、自分の道を選んだ。


2.18(金)公開『白い牛のバラッド』【本編映像第2弾】死刑になった夫は無実だった…衝撃の本編映像解禁
https://youtu.be/gGJoZxRS1sE

____________________________________________________________

『白い牛のバラッド』

2021年2月18日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:ロングライド

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34243994

死刑になった夫は無実だった…『白い牛のバラッド』衝撃の本編映像解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事