« 『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』幼少期のクレアが孤児院でリサ・トレヴァーに出会う。今後の展開を予感させる衝撃の本編映像が解禁! | メイン | 「見た目に騙されるな」ほのぼの動物アニメの面を被った超本格ミステリー!“17人の証言”という新たな視点 で描かれる『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』本予告映像&ポスター解禁! »

2022年1月27日 (木)

『アンネ・フランクと旅する日記』1/27の国際ホロコーストデーに寄せて、アリ・フォルマン監督より本作の公開が控えた日本へのスペシャル・メッセージが到着!

0127_005


映画『アンネ・フランクと旅する日記』(原題:Where Is Anne Frank)が、3月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となる。2009年にユネスコの「世界記憶遺産」に登録され、「世界で最も読まれた10冊」のうちの1冊に挙げられた「アンネの日記」。これまで幾度となく映像、舞台化されてきたが、本作はアニメーションでしか表現し得ないアプローチで、アンネ・フランクの生涯を、彼女が生み出した“空想の友達”キティーの視点でたどっていく。監督は、<アニメーション映画>として初めてアカデミー賞🄬<外国語映画賞>にノミネートされ、ゴールデングローブ賞を受賞した『戦場でワルツを』のアリ・フォルマン。「アンネの日記」をもとにイマジネーションと遊び心に満ちた現代のパートを新たに創出、ふたりの少女の姿を等身大に瑞々しく描いた。キティーと旅した私たちは、閉ざされた日々にあっても人生を肯定したアンネの美しさを再発見するとともに、今、世界で何が起きているかを再認識させられる。彼女が願い続けた「すべての人が尊重されること」。この祈りにも似た物語は、未来を信じたアンネから、現代によみがえったキティーを経て、観るものすべてに手渡される希望のバトンとなることだろう。

1月27日は、国連が定めた「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」。77年前のこの日、ナチス・ドイツのアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所が旧ソ連軍によって解放された。戦争の記憶もホロコーストの生存者も失われつつある今、ホロコーストの記憶と経験を後世に語り継ぐことの必要性が高まっている。本作は、「現在と過去をつなぐ」、「アンネが最期を迎えるまでの7か月間を描く」という切り口で、日記には書かれていないその先の、ホロコーストについても、現代の子供や若者たちに語り継ぐことを可能にした。


 本作の監督・脚本を務めたのは、アンネたちと同じ週にアウシュヴィッツに到着した両親を持つ、イスラエル出身のアリ・フォルマン監督。フォルマンは本作に込めた想いを「この物語のメッセージは、アンネ・フランクの父親オットーやアンネ・フランク基金に同じ、すなわち、ホロコーストを記憶に留めることは過去を学ぶこと。そして、今もなお、世界中に存在する紛争地の子供たちへ想いを馳せることへとつながるのです」と語る。本作に協力しているアンネ・フランク基金も「今なお多くの子どもたちが紛争地域から逃れ、命の危機にさらされている。私たちが変化をもたらすためには、過去から学ぶ必要があるのではないか。「アンネの日記」を通して、過去を思い起こし、歴史の教訓を学び、ともに生き、対話することで、平和へ向かうように行動する必要がある」と強調する。

アンネからキティーへ、そして観るものすべてへ。過去から現在、そして未来へ。アンネからの希望のバトンはつながれていく。本作に込められた想いを、私たちはどう受け止め、どう行動していくのか。『アンネ・フランクと旅する日記』は、私たちひとりひとりに問いかけている。
あわせて、アンネと母親のエーディトが列車に揺られている場面写真が解禁された。胸に<黄色の星>が縫い付けられたジャケットを着るふたり。このシーンは、日記には書かれていない「アンネが最期を迎えるまでの7か月間」の中の1シーンだ。劇中でアンネは、はじめは「列車に乗って嬉しかった、隠れ家での2年に及ぶ潜伏生活のあと、初めて太陽の光を浴びたから」と語る。だが、ゆっくりと理解し始める。これは自由への列車ではないことをーーー。
今日この日、終着駅が<強制収容所>の列車に乗った無数の人々に想いを馳せてほしい。アンネもきっとそう願っているはずだ。


~1/27の国際ホロコーストデーに寄せて、アリ・フォルマン監督よりメッセージ~
「私は繰り返し言いたい。この物語のメッセージは、アンネ・フランクの父親オットーやアンネ・フランク基金に同じ、すなわち、ホロコーストを記憶に留めることは過去を学ぶこと。そして、今もなお、世界中に存在する紛争地の子供たちへ想いを馳せることへとつながるのです。」


~「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」とは?~   出典:国際連合広報センター
2005年11月1日、国連総会は、ユダヤ人の3分の1、そして無数のマイノリティーの人々が殺害されたホロコーストを再確認し、憎悪、敵対感情、人種差別、偏見がもつ危険性を永遠に人々に警告することを目的に、総会決議60/7を採択しました。この決議は、ユダヤ人強制収容所のアウシュビッツが解放された1月27日を「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」と定めました。国連の決議に基づいて、国連広報局(DPI)は、「ホロコーストと国連アウトリーチ・プログラム」を創設。世界各地の国連広報センターも、この国際デーの意義を広め、多くの人に歴史から学ぶことを促しています。

~「アンネの日記」とは?~
第二次世界大戦下、アンネ・フランクが“空想の友達”キティー宛に綴っていた日記。1942年6月12日、13歳の誕生日に父・オットーから贈られたチェック柄の日記帳に、ナチスから身を潜めていた隠れ家での生活やペーターとの初恋などを書き連ねた。1947年、アウシュヴィッツを生き延びたオットーによって初出版。現在は、オランダ・アムステルダムの博物館「アンネ・フランクの家」に保管されている。

____________________________________________________________

『アンネ・フランクと旅する日記』

2022年3月11日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)ANNE FRANK FONDS BASEL, SWITZERLAND

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事