« 『レイジング・ファイア』ドニー・イェンの2丁拳銃も!敵のアジトに単身乗り込む1対多勢の大迫力アクション本編映像解禁! | メイン | 『彼女が好きなものは』浴衣姿の神尾楓珠、山田杏奈、今井翼切ない温泉デートシーンの裏では拍手喝采!熱気に包まれるメイキング映像解禁! »

2021年12月 6日 (月)

『クレッシェンド 音楽の架け橋』ラストに待つ衝撃の結末とは!?名曲「四季」「ボレロ」が胸に迫る本予告解禁 「心からブラボーを!!」「ラストシーンは脳裏に刻まれる」黒柳徹子、山田洋次、宮本笑里など各界から絶賛のコメントも到着

1206_002


世界中の映画祭で観客賞を受賞した感動作、映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』が2022年1月28日(金)より全国公開となる。“世界で最も解決が難しい”とされる紛争で今この時も闘うパレスチナとイスラエルから、音楽家を夢見る若者たちを集めてオーケストラが結成される──。現実にはあり得ない物語に見えるが、実在の管弦楽団へのインスパイアから生まれたという驚きの映画が完成した。若者たちの対立と葛藤、恋と友情を彩るのは、誰もが知るクラシックの名曲の数々。和平コンサートが目前に迫った21日間の合宿で、激しく憎しみをぶつけ合う団員たち。ラストに待つ、あらゆる障害を乗り越えた“魂の演奏”とは──!若者たちを導くマエストロを演じるのは、『ありがとう、トニ・エルドマン』で絶賛されたペーター・シモニシェック。ヨーロッパからアメリカまで、様々な地域の国際映画祭で上映され、熱い喝采のもと4つの観客賞に輝いた感動作が、ついに日本でも奇跡のハーモニーを奏でる。

この度、名曲「カノン」「四季」「ボレロ」が胸に迫る60秒本予告が解禁!
ラストに待つ、誰も想像しなかった衝撃の結末とは-!?
解禁された本予告は、「カノン」を奏でるピアノの音色とともに幕を開ける。世界的指揮者のスポルクが、長年の紛争で敵対するパレスチナとイスラエルから集まった若者たちの和平オーケストラを結成。若者たちは家族の反対や厳しい検問などを乗り越え、音楽家という夢に向かって共同合宿に挑む。しかし、「テロリスト!」「人殺し!」と罵声を浴びせながら憎しみをぶつけ合ってしまう若者たち。ヴィヴァルディの名曲「四季」より《冬》のバイオリンソロが緊迫感を高めていく¬。
そんな深い分断を前に、スポルクの「互いの心の音を聴いてごらん」という呼びかけが、ともに音楽を奏でる彼らの気持ちを動かし始める¬¬¬¬。果たして、彼らは心をひとつに和平コンサートを成功させられるのか?そして、誰も予想しなかった衝撃の結末とは¬¬…!?サーチライトを浴びせられて手を上げる男女のシルエット、涙を浮かべて必死にバイオリンを奏でる主人公レイラの姿などが映し出され、クライマックスへ向かう「ボレロ」にのせて、想像を超えた感動のラストへ期待が高まる予告編となっている。

「心からブラボーを!!」「ラストシーンは脳裏に刻まれる」
各界の著名人から絶賛のコメントも到着
合わせて、音楽家や映画人、ジャーナリストなど、各界の第一線で活躍する著名人総勢9名から本作へ絶賛のコメントが到着。ユニセフ親善大使として世界で活動を行ってきた黒柳徹子は「音楽は素晴らしい!なんて、しゃれた映画なんでしょう。音楽が平和を連れてくる。そのことが、この映画で何よりも、はっきりする。その懸け橋に、オーケストラを使った監督に、心からブラボーを!!」と大絶賛。また、名匠の山田洋次は「(中略)紛争が絶えない愚かしさに対し、怒りをぶつけるように「ボレロ」が美しく演奏される。 これぞ現代の音楽映画」と褒め上げる。ヴァイオリニストの宮本笑里は、「(中略)祈りの想いが響き溢れるラストシーンは脳裏に刻まれます。」と感動を表現する。さらに、自身もバルカン半島で民族間の架け橋としてオーケストラを率いて活動している、指揮者の柳澤寿男は「(中略)「CRESCENDO」が奏でた最後の音楽は人間誰もが心の奥底に持っている共存共栄のハーモニーなのです。」と自身の経験も重ね合わせて、本作への熱い想いをコメントした。

*五十音順、敬称略
コメント一覧

●石丸幹二(俳優・歌手)
音楽は、世界の共通言語。
未来を担う彼らの瞳が、
憎しみで閉ざされてしまわぬよう、
しっかりと隣人の瞳に応え、
希望の光を分かち合っていけるよう、
切に願う。

●菊池亮太 (ピアニスト)
古来より偉大な音楽家達の多くは、紛争や人種差別、政治的抑圧の中で激動の世界と戦いながら、それでも何かを伝えるために音楽を作ってきた。
この映画は、平和に慣れた我々によりリアルにその事実を突きつけてくる。

●黒柳徹子(女優・ユニセフ親善大使)
音楽は素晴らしい!なんて、しゃれた映画なんでしょう。音楽が平和を連れてくる。そのことが、この映画で何よりも、はっきりする。その懸け橋に、オーケストラを使った監督に、心からブラボーを!!


●廣津留すみれ(ヴァイオリニスト)
「音楽で世界を平和に」なんて夢物語なのかもしれない、
命をかけて音を紡ぐ若者たちの姿に冷酷な現実を突きつけられます。
それでも対話を続けることの大切さと尊さ。多くの人に届いてほしい。

●藤田真央(ピアニスト)
こんな悲しくて切ない音楽を聴いたのは初めての体験です。この2月、私はまさにイスラエルのテルアビブで、イスラエル・フィルハーモニーと1週間に渡りコンサートをしますが、世界平和を願わずにはいられません。音楽に力を!!

●宮本笑里(ヴァイオリニスト)
『弦は銃じゃない、体の一部だ』
例えの「銃」に胸を抉られた。
あらゆる障害、葛藤のなかを乗り越えようとする姿は
言葉に出来ないほどに美しく、魂を感じる。
祈りの想いが響き溢れるラストシーンは
脳裏に刻まれます。

●安田菜津紀(NPO法人Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト)
「分かり合える」「許し合える」…構造的な暴力を無視して、安易な言葉を投げかけることはできないかもしれない。
大切なのは「それでも...」と相手に歩み寄る小さな一歩の積み重ねなのだと思う。

●柳澤寿男(バルカン室内管弦楽団音楽監督・指揮者)
音楽によって、民族対立から生まれた悲しみを乗り越え、憎しみの心が和らいでいく場面を、コソボ紛争後何度も経験しました。すべて「会う」ことから始まります。
彼らのボレロは、人間誰もが心の奥底に持っている共存共栄のハーモニーなのです。

●山田洋次(映画監督)
国や民族同士が憎しみ合い、紛争が絶えない愚かしさに対し、
怒りをぶつけるように「ボレロ」が美しく演奏される。
これぞ現代の音楽映画。

「クレッシェンド 音楽の架け橋」60秒予告
https://youtu.be/n6Cj70HQGMU


____________________________________________________________

『クレッシェンド 音楽の架け橋』

2022年1月28日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国にて
配給:松竹
公式HP:https://movies.shochiku.co.jp/crescendo/
(C)CCC Filmkunst GmbH

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事