« 『さがす』佐藤二朗「暗黒と業の深淵を、しかと見届けてほしい」消えた父、さがす娘、連続殺人犯それぞれが“さがす”ものとは――不穏にして不敵!ミステリアスさが漂うキャラクタービジュアルム解禁 | メイン | 『名付けようのない踊り』山梨の土が育む、76歳の世界的ダンサー田中泯 1/21(金)より山梨先行上映が決定!! »

2021年12月 2日 (木)

『軍艦少年』「俺はもう逃げんのやめたんだよ!」佐藤寛太と濱田龍臣が山口まゆを助ける為に戦う熱い友情を感じさせる喧嘩シーン本編映像が初解禁!

1202_002


2012年にヤングマガジンにて連載された「軍艦少年」が実写映画化され、12月10日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開!この度、佐藤寛太演じる主人公・海星と濱田龍臣演じる海星の友人・純が、山口まゆ演じる海星の同級生・結を助ける為に浜辺で喧嘩する本編映像が初解禁!


「ギャングキング」「セブン☆スター」などを執筆し、ヤンキー漫画のカリスマとして人気を誇る柳内大樹が想いを込めて放つ、渾身の熱き青春漫画「軍艦少年」が遂に実写映画化!気の荒い主人公・坂本海星役を演じたのは、『HiGH&LOW THE MOVIE』『いのちスケッチ』などに出演し、劇団EXILEのメンバーとして注目を集める佐藤寛太。失意に沈む主人公の父・坂本玄海役を演じたのは、『BROTHER』『キングダム』などに出演し、国内外でバイプレイヤーとして精力的に活動する加藤雅也。また、海星の同級生・結役に『樹海村』の山口まゆ、海星の友人・純役に『ハニーレモンソーダ』の濱田龍臣、玄海の幼馴染・野母崎巌役に『どついたるねん』の赤井英和、海星の教師で玄海の同級生・泉役に『うなぎ』の清水美沙、海星の母で玄海の妻・坂本小百合役に『HERO』の大塚寧々など、フレッシュな若手俳優とベテランの実力派俳優が脇を固めている。監督を務めたのは、「おっさんずラブ」「あのときキスしておけば」などのYuki Saito。そして、10-FEETでボーカル/ギターとして作詞作曲も担当する卓真が主題歌を手掛けており、ソロ名義初となる楽曲を書き下ろしている。さらに、映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島が舞台となっており、世界文化遺産登録後初となる映画撮影を敢行している。


心の拠所とは、魂の救済とは、自身の幸福とは何か。大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生を描く珠玉の物語がここに誕生した!

この度、初解禁となる本編映像は、主人公・海星(佐藤寛太)が雄叫びを上げながら金属バットを持って全力で駆け込み、不良グループに殴り掛かる浜辺での喧嘩シーン。
海星は力尽きたように座り込んでいる海星の同級生・結(山口まゆ)に対して、「おい結、大丈夫か?」と心配して呼び掛け、不良グループに一人で殴り込んでいくものの、蹴り飛ばされた上にバットを奪われるが、劣勢になった瞬間、海星の友人・純(濱田龍臣)が木刀を持って駆け付ける。純は喧嘩に不慣れなものの、中学の修学旅行で買った木刀を振り回しながら、「俺はもう逃げんのやめたんだよ!」と言い放ち、二人で力を合わせて戦うという、熱い友情を感じさせる様子が垣間見える。佐藤寛太、山口まゆ、濱田龍臣を始め、フレッシュな若手俳優による血気盛んな迫力満点のシーンとなっている。


『軍艦少年』本編(浜辺で喧嘩) 12.10(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー
https://www.youtube.com/watch?v=eY0RcallgJU /


____________________________________________________________

『軍艦少年』

2021年12月10日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)柳内大樹/講談社

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事