« 『軍艦少年』「俺はもう逃げんのやめたんだよ!」佐藤寛太と濱田龍臣が山口まゆを助ける為に戦う熱い友情を感じさせる喧嘩シーン本編映像が初解禁! | メイン | “『ウエスト・サイド・ストーリー』は私のキャリアの集大成”スティーブン・スピルバーグ監督の貴重なコメント映像が初解禁!“ダンスパーティー”で出会い、“禁断の愛”を育む2人の日本版本ポスターも到着!! »

2021年12月 3日 (金)

『名付けようのない踊り』山梨の土が育む、76歳の世界的ダンサー田中泯 1/21(金)より山梨先行上映が決定!!

1203_004


『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『のぼうの城』などで知られる犬童一心監督が、世界的なダンサーとして活躍する田中泯の踊りと生き様を追った、2022年1月28日(金)公開の映画『名付けようのない踊り』が、全国に先駆けて1月21(金)より、山梨にて1週間先行上映さることが決定した。また、1月22日(土)には、田中泯、犬童一心監督の舞台挨拶登壇も決定した。


1978年にパリデビューを果たし、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現、そのダンスの公演歴は現在までに3000回を超える田中泯。映画『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで広がっている。そんな独自の存在であり続ける田中泯のダンスを、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)への出演オファーをきっかけに親交を重ねてきた犬童一心監督が、ポルトガル、パリ、東京、福島、広島、愛媛などを巡りながら撮影した。また、『頭山』でアカデミー賞短編アニメーション部門に日本人で初めてノミネートされた山村浩二によるアニメーションによって田中泯のこども時代が情感豊かに点描され、ぶれない生き方が紐解かれてく―。同じ踊りはなく、どのジャンルにも属さない田中泯のダンスを、息がかかるほど間近に感じながら、見るものの五感を研ぎ澄ます――そんな新たな映像体験を味わって欲しい。

40歳の時、“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決めた。
世界的ダンサー田中泯が選んだ土地、山梨にて1月21日より先行上映が決定。
この度、田中泯ゆかりの土地・山梨にて、全国に先駆けて1月21日(金)からの先行上映が決定。1月22日(土)には田中泯、犬童一心監督の舞台挨拶も行われる。田中泯は40歳の時に“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決め、山梨で生活。田中は、「農作業をすることで身体もしっかり使えて、尚かつ踊りの練習をしやすいと思ったんですね。さらに今度は、農業そのものの面白さにも惹かれていった。」と話す。
田中泯は山梨県の白州に移動農業を礎とした生活を開始した後、88年には山村の土地を生かし、当時日本国内ではまだ珍しかった野外芸術フェスティバル「白州アートフェスティバル」(1988年〜1992年)「アートキャンプ」(1993年〜1999年)「ダンス白州」(2001年〜2009年)などを主催。現在も踊りや撮影で山梨と各地を行き来しながら、山梨で日々畑仕事を行い、2015年8月からは山梨日日新聞でエッセー「えんぴつが歩く」を執筆・連載するなど、繋がりが深い。


____________________________________________________________

『名付けようのない踊り』

2022年1月28日より全国にて
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34241609

『名付けようのない踊り』山梨の土が育む、76歳の世界的ダンサー田中泯 1/21(金)より山梨先行上映が決定!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事