« 2021年11月 | メイン | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

『レイジング・ファイア』ドニー・イェンが語る“役者の責任”とは?貴重なインタビューや撮影ビハインド含む特別映像解禁!

1230_002


中国で公開4週連続1位、220億円突破の大ヒットを記録し、香港警察アクションの新たなる金字塔を打ちたてたドニー・イェン&ニコラス・ツェーW主演作『レイジング・ファイア』がついに日本公開!公開直後から、師走の寒さと忙しさを吹き飛ばせとばかりに熱い感想がSNS上に上がり、「ベニー・チャンの遺作にして最高傑作。こんな香港映画が見たかった!」「ドニーさんはもちろん、闇落ちニコラス・ツェーが最高」「今年No.1アクション映画。終盤のアクションが凄すぎて涙がでた。」「年間ベストどころかAll Time Best級!」など絶賛の声が多数。Filmarksでも★4.2の高評価スコアで、初日満足度ランキングでは『劇場版 呪術廻戦 0』に次ぐ第3位に。週末ミニシアターランキング(12/25~26)では第2位にランクインし、年末年始映画で見逃せない一本として期待される好スタートとなった!そしてこの度、本作で主演だけでなく、プロデューサーそしてアクション監督もつとめたドニー・イェンのインタビュー含む特別映像が解禁!

続きを読む »

いよいよ明日公開!北村匠海の年下感がたまらない!初々しすぎる北村匠海と黒島結菜の初デート!『明け方の若者たち』本編映像解禁

1230_001


Twitterでの”妄想ツイート”が話題となり、10〜20代から圧倒的な支持を獲得したウェブライター・カツセマサヒコの大ヒットを記録した話題の青春恋愛小説『明け方の若者たち』(幻冬舎)が映画化。主人公の<僕>役を務めるのは、ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、『君の膵臓をたべたい』(17/月川翔)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『東京リベンジャーズ』(21/英勉)、『とんび』(22/瀬々敬久)など数々の作品で主演を務める北村匠海。明大前の飲み会で<僕>が一目ぼれする<彼女>を演じるのは、映画『カツベン!』(19/周防正行)で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務める注目の女優、黒島結菜。新入社員の<僕>の同期で後に親友となる<尚人>役には、「ウルトラマンタイガ」(19/テレビ東京)で主演を務めて以降、数々のドラマや映画で活躍の場を広げ、実力をつけている人気急上昇中の俳優、井上祐貴を抜擢。近くて遠い2010年代のリアリティ溢れる青春劇の映像化に挑戦するのは、映画、TV、MV、広告、写真と幅広いジャンルで活動をしており、今年公開された映画、実写版『ホリミヤ』でも監督を務めた23歳新進気鋭の松本花奈監督。脚本は、『デイアンドナイト』(17/藤井道人)、Netflixオリジナルドラマ「全裸監督2」などで知られる脚本家・小寺和久が担当した。そして、主題歌は若い世代に刺さるリアルなワードセンスや軽快なメロディで大人気を博しているロックバンド・マカロニえんぴつが務める。大注目の実力派若手キャストと新進気鋭の監督が描く20代の青春譚、2021年12月31日(金)全国ロードショー。

続きを読む »

2021年12月29日 (水)

仮面夫婦が迎えた結婚記念日 贈り物は手錠で繋がった夫の死体だった―『ティル・デス』2022年2月11日(金)日本上陸!

1229_001


ミーガン・フォックス主演で贈る極限のシチュエーション・スリラー「TILL DEATH」の邦題が『ティル・デス』に決定し、2022年2月11日(金)より待望の日本公開が決定した!併せて日本版アートワーク、予告映像が解禁となった。

続きを読む »

年末年始は『なにたた』!一足早くお年賀プレゼント!本編映像解禁!脳内は戦場!いつも空回りしながらも闘い続ける春男の魅力満載!息子の野球チームでのレギュラーの座をかけた差し入れバトルに奮闘!

1229_002


現実と理想はほど遠くとも、日々を地道に戦い続ける主人公。あなたも、私も、みんな「いったい何と闘っているのか」!? 笑ってしまうほど不器用で、カッコいいヒーローとは真逆。だけど彼はきっとあなたの横にも、もしかするとあなた自身かも? 共感度MAX&わかりみ深過ぎ、心と体にそっと寄り添う令和の”喜怒哀楽”サプリメント・ムービー『私はいったい、何と闘っているのか』が全国公開中となっている。

続きを読む »

自宅全焼の映画監督一家、ゼロからの再起を綴るドキュメンタリー2月公開『焼け跡クロニクル』ポスタービジュアル完成&“伝説的映画監督・原將人”新作公開記念!!広末涼子デビュー作『20世紀ノスタルジア』再映決定!!!

1229_003


2018年7月、『20世紀ノスタルジア』等で知られる映画監督・原將人の自宅が不慮の火事で全焼し、全ての家財道具と映画フィルム機材を焼失。家族を逃した後、新作のデータを救いに火の中へと戻りやけどを負って入院した原に代わり、妻のまおりが家族の様子をスマートフォンで記録した。一家のゼロからの再起を記録したドキュメンタリー映画『焼け跡クロニクル』(2月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開)のポスターが完成した。
 

続きを読む »

2021年12月28日 (火)

萩原朔太郎の長女・萩原葉子 原作「天上の花」、56年の時を経て映画化決定!

1228_007


萩原朔太郎の娘である萩原葉子の同名小説「天上の花――三好達治抄――」が、56年の時を経て映画化されることが決定した。脚本を担当したのは、五藤さや香とこれまで数多くの脚本を手掛け、近年では『火口のふたり』(2019年)にて監督・脚本を担当した荒井晴彦。監督は4時間超の長篇大作『いぬむこいり』(2017年)、ドキュメンタリー映画『M/村西とおる狂熱の日々』(2019年)などを監督する他、プロデューサーとしても多くの作品を手掛けている片嶋一貴。プロデューサーには寺脇研、小林三四郎。製作プロダクションはドッグシュガー、配給は太秦が担当する。11月1日に新潟県柏崎市でクランクインした本作は、同月16日に最終ロケ地、群馬県安中市でクランクアップした。

続きを読む »

『愛国女子―紅武士道』日本の未来を託された女剣士が戦う衝撃の予告編が遂に解禁!

1228_006


『愛国女子―紅武士道』が2022年2月18日に公開されることが決定した。遥か悠久の歴史の中で奇跡的ともいえる伝統や文化を育んできた日本。その源流には天(あめの)御(み)祖(おや)神(がみ)(※1)より伝わる日本の武士道精神(大和魂)があった。この国の未来を守っていくために必要なものは何か。そして、私たち日本人が進むべき正しき道とは?どこまでも正義を貫きながら愛する祖国を守り抜くために立ち上がった勇者たちが、日本に新たな希望と勇気をもたらす−。本作の主演を務める千眼美子が挑むのは、女剣士・大和(やまと)静(しずか)役である。また、大きな使命感とともに大和静を導く青年・高(たか)山(やま)悟(さと)志(し)役には、映画『夜明けを信じて。』で初主演を務めた田中宏明。さらに西岡德馬、国広富之、中条きよしらをはじめとする実力派俳優が集結し、作品を盛り上げていく。

続きを読む »

映画『なん・なんだ』 東出昌大、瀬々敬久監督、茂木健一郎等からコメント到着!

1228_005


1/15(土)より新宿K’s cinemaにて公開となる映画『なん・なんだ』に多くのコメントが寄せられた。下元史朗&烏丸せつこが演じる、40年連れ添った夫婦がこれまでの人生、これからの生き方について真剣に向き合い、リスタートするまでを描いた本作。愛とは?家族とは?夫婦とは?ということについて、本作を観て考えさせられたというコメントが届いている。また初日1/15(土)には新宿K’s cinemaにて、主演の下元史朗、烏丸せつこなどキャストが登壇する舞台挨拶の開催が決定した。

続きを読む »

紳士&淑女の皆様、お待たせしました 「キングスマン」が遂に帰ってきた――! “キレッキレ”超過激アクション満載 スパイ組織の礎を築く オックスフォード公『キングスマン:ファースト・エージェント』特別映像解禁

1228_002


表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる大人気シリーズ、『キングスマン』(2015)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)。世界中で大ヒットを記録し、日本でも多くの熱いファンから支持を集める本シリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』が遂に日本公開を迎えた!待望の公開に早くも本作を鑑賞したというファンからは、「やばすぎる最高のクリスマスプレゼントでした」、「ハラハラドキドキの展開に心が揺さぶられた」、「ぶっ飛んでるアクションは健在!ラスプーチンがマジで魅力的」と、興奮気味な感想が飛び出すなど、多くの観客を魅了、盛り上がりがさらに加速している!そして、この度、「キングスマン」シリーズの見どころである、“キレッキレ”超過激アクション満載の主人公オックスフォード公の特別映像が解禁となった。

続きを読む »

『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』“魔法”再び!ドラマのラストで解かれたはずの魔法が、掟破りの大復活!あの夜に一体何があったのか…。果たして、この恋どうなる?!赤楚&町田SP映像入り特報完成!

1228_001


童貞のまま30歳の誕生日を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた安達(赤楚衛二)と、そんな彼に好意を抱く会社の同期の黒沢(町田啓太)によるラブコメディ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)。180万部突破の豊田悠原作の人気コミックをドラマ化した本作は、昨年10月期(テレビ東京系列/木ドラ25枠・全12話)で放送され、そのあまりにもピュアなストーリー展開と登場人物たちの愛らしいキャラクター像がSNS上で話題をさらい、回を追うごとにファンが激増。放送直後は“チェリまほ”が日本・タイ・韓国・ベトナムなどでトレンド入りを果たし、今や200以上の国や地域で見られるまでになり、その勢いはワールドワイドに!さらに、5週連続ORICONドラマ満足度調査ランキング1位達成、ギャラクシー賞「月間賞」「マイベストTV賞第15回グランプリ」受賞、ザテレビジョンドラマアカデミー賞にて最優秀作品賞を受賞するなどドラマ界の賞を総なめにした。最終回放送終了後は大反響と共に“チェリまほロス”の声が相次ぎ、動画配信サービス「TSUTAYAプレミアム/TSUTAYA TV」の見放題作品において歴代最高の視聴数になるなど社会現象となっている。そして先日、「チェリまほ」 が『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』として映画化され、2022年4月8日(金)に劇場公開されることが発表されると、たちまち「チェリまほ」がトレンド1位を獲得!大きな話題となった。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事