« 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』本予告編解禁!完全新作で描かれる、物語の真に迫る、本作の映像が公開! | メイン | 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』異例の予告上映イベントにトム・ホランドがサプライズで登場!「これは史上最高級のスーパーヒーロー映画」 »

2021年11月19日 (金)

『スパゲティコード・ラブ』劇中に登場する謎のカリスマシンガーAmyとは?丸山健志監督が手掛けたMVのティザー映像が解禁!

1119_003


MONDO GROSSO「ラビリンス[Vocal:満島ひかり]」のMVで注目を浴び、数々のトップアーティストのMVや、ナショナルブランドの広告を手がける映像クリエイター・丸山健志の初長編映画『スパゲティコード・ラブ』が11月26日(金)より渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開となる。

アーバンでスタイリッシュな映像美を特徴とする丸山健志が、今を生きる私たちを肯定する物語を創り上げた。フードデリバリー配達員、シンガーソングライター、広告クリエイター、カメラマン……東京でもがく13人の若者たちの日常を追った群像劇。「スパゲティコード」(解読困難なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードの意)のようにこんがらがった彼らのドラマは複雑に絡み合い、やがて思いもよらぬエンディングへと辿り着く――。


倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、ゆりやんレトリィバァ、土村芳らフレッシュで多彩なキャストを通じて映し出されるのは、まるで私たちの鏡像。観る者は、それぞれの苦悩を抱えながら、愛を模索し必死に生きる13人の誰かに感情移入し、物語を体験する。誰かと繋がりたくて、夢を諦められなくて、この街のどこかに居場所を探している――。エモーショナルな映像×リアルな心情が観る者の共感を増幅する共感度最高の最新鋭映画が誕生した。

この度、劇中に登場する謎のシンガー“Amy”と、彼女が歌う挿入歌「Candy」の情報が発表された。

本作は、丸山健志監督が、リアルな若者たちの心情を、スタイリッシュな映像と、様々なカルチャーとともに描いた作品で、エンディングテーマは出演者でもある三浦透子が歌う「Never」が使用され、指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「≠ME」のメンバーが架空のアイドルとして出演し、挿入歌を担当することも発表されているが、さらに新しいアーティストの発表となる。

Amyの正体は、劇中では明らかにされない。劇中、登場人物たちが偶然居合わせるカフェのBGMに、Amyが歌う「Candy」が流れると、カフェの客たちは「この店、Amyばっかり流れるじゃん」「Amyって風に吹かれすぎじゃない?」などと語り合う。Amyが劇中ではかなり知名度の高いミュージシャンであることが伺える。

実はこの謎のアーティストAmyだが、丸山健志監督によるMVが制作されており、この度ティザー映像が公開された。アコースティックバラードである「Candy」を歌うAmyの姿に加え、日の差す部屋や、深夜の東京で奔放に踊る彼女の映像も差し込まれる。彼女の正体は一体?


Amy 「candy」ティザー映像
https://youtu.be/Q9-qPl3mfUM

____________________________________________________________

『パゲティコード・ラブ』

2021年11月26日より渋谷ホワイトシネクイントほか全国にて
配給:ハピネットファントム・スタジオ
公式HP:https://happinet-phantom.com/spaghetticodelove/
(c)『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34240959

『スパゲティコード・ラブ』劇中に登場する謎のカリスマシンガーAmyとは?丸山健志監督が手掛けたMVのティザー映像が解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事