« 閉塞する時代に生きるすべての若者たちへ。こんな時代に×××(バツ三つ)!! こんな世の中に×××(バツ三つ)!! 柳町光男監督『十九歳の地図』上映決定! | メイン | 『アレックス STRAIGHT CUT』“一寸先は闇”ギャスパー・ノエから日本語でメッセージ ギャスパー・ノエ監督が日本公開のために自ら制作を手掛けたこだわりの新ポスタービジュアルが解禁! »

2021年10月15日 (金)

『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック×ダコタ・ジョンソン×ジェイソン・シーゲル 願えば叶う?ダコタ・ジョンソンの無茶ぶりにタジタジ 親密な3人の本編映像解禁

1015_009_2


2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞したエッセーの映画化『Our Friend/アワー・フレンド』が新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他にて全国公開中。本作の本編映像、ダコタ・ジョンソンのコメントが解禁となった。


2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは....。


マット役には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。妻ニコル役には『フィフティ・シェイズ』シリーズで一躍注目を浴び、その後も『サスペリア』『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』等話題作が続くダコタ・ジョンソン。そして 2 人の親友デイン役には多くのコメディ作品に出演し、幅広い演技に定評のあるジェイソン・シーゲル。名実ともにキャリアを積み上げてきた多才な3人がみせる名演も見逃せない。

ケイシー・アフレック×ダコタ・ジョンソン×ジェイソン・シーゲル
それぞれのめくばせに注目。本編映像が解禁。

ニコルとともに過ごせる時間が限られたことを知り、呆然とするマットとデイン。彼らを救ったのは他ならぬニコルだった。彼女は、マットとデインを招集。「金髪になりたい。いいえ、青い髪がいいわ」「NY で“レミゼ”を観たい」「謝肉祭に参加して“今年の英雄”を務める」「ケイティ・ペリーとデュエット」――そうで言い残して立ち去る彼女を後目に、マットとデインは、チャーミングな彼女らしい難題に目を見合わせ小声ささやき合う。自身もそうであるはずなのに落ち込む2人を励ましながら持ち前のユーモアで包み込む、そんな3人の親密さが伝わるシーンとなっている。


ケイシー「セリフも全部覚えているけど、そのセリフが信憑性を帯びるまで違うことを言ってみると決めている。ジェイソンは基本的に楽しみたいと考えているから、どっちのやり方にも合わせてくれたんだ」ケイシー独自の演技メゾットがこの発言から伺える。対するジェイソンは「(ケイシーは)その瞬間に意識を集中させて結果にこだわることなく自由に探検することができる俳優だ。僕は最初悲しみを掘り下げていくことが最も重要なポイントになると想定していたんだけど、ケイシーと演技を重ねていくにつれ、いかにユーモアが大切かに気付いた。ニコルが生きているうちにちゃんと笑い合うことを意識すると、一緒に過ごす時間を楽しむ瞬間が浮かびあがってくる。悲しいシーンでもなぜか笑い出したり、とかね。それはケイシーがいい具合に揺らぎを持たせて演じることができるからだ。ケイシーからは大いに学んだ。」と語る。


ダコタは事前の準備を重ねたからこそ、ニコルの病状の重さ、辛さをより感じていたという。「(ニコルは)本当に生き生きとして、才能があって、きらめいていて、特別、でも自分の人生を完全に奪われてしまうキャラクターで女優という職業で彼女に近い場所にいたからこそ難しかった。ニコルは周りの人たちみんなを育む人だった。彼女の軸にあるのはマットと一緒にいることで、どんな出来事が起きても彼らの絆は強くブレることはなかったと思う。またデインへの愛情は他の人にはない大切な特別なもので、ニコルは周りの人たちをそれぞれの形で愛していたんです。」ニコルという女性の強さと優しさを受け止め、三者三様のお互いへの思いやりが交錯する。実力派俳優たちが織り成す友情の温かさ優しさが全編を通して感じられる作品となっている。

映画『Our Friend/アワー・フレンド』本編映像【ニコルのバケットリスト】10/15(金)公開
https://youtu.be/7P_iOBtJfjI

____________________________________________________________

『Our Friend/アワー・フレンド』

2021年10月15日 より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて
配給:STAR CHANNEL MOVIES
公式HP:https://our-friend-movie.com/
(C) BBP Friend, LLC - 2020

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事