« ゲスト声優:松本まりかも登壇!ファイルーズあい・日高里菜・花守ゆみり・石川由依・瀬戸麻沙美と映画の完成をトロピカるにお祝い!『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』完成披露舞台挨拶 | メイン | 撮影から約2年半…満員の客席に、一同感無量!「“MADE IN JAPAN”を世界に」岡田准一ら豪華キャスト陣が熱い夢を告白!『燃えよ剣』公開初日舞台挨拶 »

2021年10月18日 (月)

『神在月のこども』永瀬莉子も参戦!本作初の大阪舞台挨拶 世界に羽ばたいてほしい作品です!大ヒット御礼舞台挨拶in大阪

日時:10/16(土)
場所:あべのアポロシネマ スクリーン8
登壇者::永瀬莉子、白井孝奈、四戸俊成、三島鉄兵

1018_006


劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』が10月8日(金)より公開となった。日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。廻りはじめる歯車。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまるー主人公・カンナは蒔田彩珠。神使の兎・シロ役を坂本真綾、⻤の少年・夜叉役は入野自由、カンナの亡くなった母親・葉山弥生を柴咲コウ、カンナを男手一つで支える父親・葉山典正を井浦新、カンナが目指す出雲を治める神・大国主を神谷明、カンナの幼少期に新津ちせ、同級生のミキを永瀬莉子、松江に奉られる神・恵比寿を茶風林、長野・諏訪を護る龍神を高木渉が担当。人々を俳優、神々を声優が演じ分ける注目作となっている。主題歌・劇中歌・エンディングテーマはシンガーソングライターのmiwaが担当している。このたび、あべのアポロシネマでカンナの親友を演じた女優・永瀬莉子、白井孝奈(アニメーション監督)四戸俊成(原作・コミュニケーション監督)、三島鉄兵(ロケーション監督・プロデューサー)による大ヒット御礼舞台挨拶が大阪あべのアポロシネマにて実施された。

先週10/8(金)に初日を迎えた本作の原作者・コミュニケーション監督の四戸が「やっとここ(完成)まで来ることが出来ました。私と三島は関西をベースで活動しているので地元に戻ってきた!という感じです。」と語り、白井監督も「私も近畿エリア出身なのでこの場に立ててうれしいです。」と大阪の観客に挨拶をした。今回の舞台挨拶は上映後となり、映画を観た観客らからも暖かい拍手が送られていた。

 主人公・カンナの同級生ミキを演じた永瀬は「『神在月のこども』では初めての舞台挨拶となります。声優は初めての挑戦でしたがカンナの親友として寄り添えたらと思って演じました。楽しんでもらえたらうれしいです」とにこやかに語り会場からも大きな拍手に迎えられた。ロケーション監督の三島も「私の出身は島根・松江ですが妻が大阪の出身なのでここは第二の故郷です。ここで舞台挨拶ができるのは夢のようです。」と挨拶を続けた。

ミキの声は本当に素晴らしい、と聞いたときに全員が思った。まさに実在するキャラでした。
 今回初めて声優を務めた永瀬は演じたミキについて「ミキは12歳の小学生なので難しかったですね。最初のテストのときに監督から“今のままだと中学生くらいなのでもう少し幼く”と言われながら音をあわせていきました。」と当時を振り返る。「永瀬さんが収録した際はまだ蒔田さんの声が入っていないタイミングだったので本当に大変だったと思いますが、ミキのキャラクターに持たせたかった暖かさが出せていると思います。」と白井監督。原作者の四戸は「アフレコ前に自分たちが見てきたジブリさんの作品はサブキャラでも実在しているかのようなリアリティを持っている、というお話を永瀬さんとさせて頂きました。例えば1シーンしか出ないおじさんもそのままスピンオフが作れるくらいのリアリティがあります。今回のミキはカンナにとって家族の次に大事な存在なので実在している感じをより出したかった。今回の永瀬さんの声を入れて頂いたときに、あ、これでミキに魂が入った!と思いました。」と絶賛。
三島も「アフレコが初めてというのは信じられない。天才ですね!」と語り「いやいや、そんなことはないです。でもそういって頂けるのは本当にうれしいです」と照れながら永瀬が答えた。

一都一府八県のロケーションの魅力を引き出し、ご当地とのコミュニケーションを図る仕事です。
三島の担当のロケーション監督という役職は何をするのか?という質問に「ロケーション監督は今回の物語の一都一府八県の舞台の魅力を引き出す場所やシチュエーション確認や地元とのコミュニケーションをはかる仕事です。特に出雲や諏訪などご当地の熱量を上げつつ自治体さん、地元企業さんとのコラボなどを実践する仕事です。今回は本当に色々な御縁の中でご協力を得られたと思います。ありがとうございます。」と思いを語った。

テーマでもある走る、という事に拘った絵作りをしています。気づいてくれたらうれしいです。
白井監督は「今回の作品は主人公のカンナが東京から出雲へと走っていく物語ですが走る、という行為はアニメーションとしても基本の表現なのですが今回は特にこだわって作っています。今回はカンナの気持ちが日々変化していくのですがその心情の変化に合わせて走り方も変えています。そこも気が付いてくれたらうれしいです。」と映画へのこだわりを語った。

永瀬:やはり家族と見たいです。四戸:僕は一人が良いです(笑)
また本作を誰と見たいか?という質問に対して永瀬は「やはり家族ですかね?それぞれの立場で楽しめると思いますので!」と答え他の登壇者も家族と見たいとお話する中で原作者の四戸は「今まで御縁が大事とお話してきていてそれはその通りなのですが僕は一人で見たいですね(笑)自分が制作した映画は観客が誰もいない映画館で一人で見たい!」と語り白井監督も「わかります!制作側だと細かいところまでも集中してチェックしたくなってしまう・・・」と製作者あるあるも。

日本だけではなく世界の人たちに見て頂きたい映画です。
 そして最後のコメントを求められた四戸は「この作品は国内だけでなくモントリオール国際リース賞映画祭2021で5部門ノミネートなど海外でも評価いただけております。島国の根と書くこの場所、日本をより多くの人に味わって頂けたら幸いです。」とコメント。最後に永瀬から「この作品に参加できたことに感謝をしています。この作品は日本の良さが伝わる映画だと思いますので日本だけではなく海外の方々にも見て頂きたいです。」とメッセージを送った。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

映画『神在月のこども』

2021年10月8日より全国にて
配給:イオンエンターテイメント
公式HP:http://kamiari-kodomo.jp/
(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34239259

『神在月のこども』永瀬莉子も参戦!本作初の大阪舞台挨拶 世界に羽ばたいてほしい作品です!大ヒット御礼舞台挨拶in大阪を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事