« 『アレックス STRAIGHT CUT』“一寸先は闇”ギャスパー・ノエから日本語でメッセージ ギャスパー・ノエ監督が日本公開のために自ら制作を手掛けたこだわりの新ポスタービジュアルが解禁! | メイン | 木村昴(スネークアイズ)×子安武人(抜け忍・鷹村)が演じる、因縁の“忍者ボイスバトル”父の復讐を誓う“スネークアイズ”の前に現れる謎の男“鷹村”『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』豪華吹替キャストの吹替版映像解禁 »

2021年10月15日 (金)

『ラストナイト・イン・ソーホー』60 年代に愛を込めて―覚めることのない“夢”の世界へ。“ネオン輝く幻想的な”ポスタービジュアル&予告解禁!

1015_005


今最も新作を待たれる監督のひとり『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督4年ぶりの最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』が 12 月 10 日(金)より TOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開となる。公開日が<12月10日>に決定、ポスター&予告編が解禁となった。

本作の注目のキャストは、『ジョジョ・ラビット』で脚光を集め、M・ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』にも出演する新鋭トーマシン・マッケンジー、そしてNETFLIXオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」でゴールデングローブ賞ミニシリーズ/テレビムービー部門の主演女優賞を受賞した最注目の若手女優アニャ・テイラー=ジョイが名を連ねる。映画ファンが熱視線を送る2大最旬女優の競演から目が離せない!トーマシンとアニャは、ロンドンの異なる時代に存在する二人の若い女性を演じる。彼女たちはある恐ろしい出来事によって、それぞれが抱く“夢”と“恐怖”がシンクロしていくー。同じ場所で異なる時代を生きる二人が出会ったとき、果たして彼女たちに何が起きるのかー。


先にお披露目となった国際映画祭ではベネチアを皮切りにトロントでも上映。「今年最高の音楽映画」「エドガー・ライトらしさを残しながらも全く新しい」「今後10年間で最高のロンドン映画」など大絶賛の声が止まらない。エドガー・ライト監督が60年代ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈るタイムリープ・サイコ・ホラーがいよいよ日本公開!


魅惑的で恐ろしい。60 年代ロンドンへようこそ。
ポスタービジュアル&予告編がついに解禁!!

この度解禁されたビジュアルは、トーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイのふたりのほか、それぞれの時代で出会う男たちも映し出される。ネオンがあやしく光り輝くロンドン・ソーホーの街に溶け込み、まっすぐこちらを見つめる姿が印象的だ。


ファッション・デザイナーになることを夢見るエロイーズ(トーマシン)は、新生活の期待を胸に大都会ロンドンのソーホーへやってくる。しかし、デザイン学校に入学するも、60年代に憧れを持つ彼女は同世代の周囲とはうまく馴染めずにいた。寮を飛び出し、一人暮らしをスタート、お気に入りのレコードをかけ、ひとり眠りにつくと、エロイーズは夢の中へ・・・。通りを抜けて辿りついた先には、60年代のソーホーの街に佇むクラブ「カフェ・ド・パリ」。足を踏み入れると、鏡越しにひとりの女性―魅惑的な雰囲気をまとうサンディ(アニャ)を見つけるのだった―。サンディと出会ってから、エロイーズの生活は一転。夜毎、彼女を追いかけ覗き込むうちに、「これは夢じゃない」と思い始めるが...。ふたりの少女を待ち受けるものは何なのか、現実なのか、覚めることのない夢か―。60年代を彩る名曲と共に彩られるめくるめく展開に目が離せない予告編となっている。

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』本予告
https://youtu.be/BIfolV5sXeA


____________________________________________________________

『ラストナイト・イン・ソーホー』

2021年12月10日よりTOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国にて
配給:パルコ ユニバーサル映画
公式HP:https://lnis.jp/
(C)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事