« 『G.I.ジョー:漆黒のスネーク・アイズ』友であり宿命のライバル、二人の最強忍者の過去が明かされる⁉“兄弟の契りを結ぶ”初公開の本編&メイキング満載の特別映像解禁 | メイン | 『DUNE/デューン 砂の惑星』世界初!“究極の映画体験”「Filmed For IMAX®」認定作品!トロント国際映画祭IMAX®プレミア上映に絶賛の声、続々到着!前人未到の砂の惑星“デューン”に没入せよ―― »

2021年9月13日 (月)

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』柄本佑が、黒木華の不倫?に大慌て!大パニックで教習所に乱入 シリアスなのに最高に笑える本編映像解禁

0913_008


黒木華・柄本佑がダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が、9月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。 本作は、『嘘を愛する女』(18)や『哀愁しんでれら』(21)などクオリティの高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」の準グランプリ作品を映画化。本作で、漫画家の佐和子役を演じるのは、第44回日本アカデミー賞にて3度目の最優秀助演女優賞を受賞し、唯一無二の輝きを放つ女優・黒木華。佐和子の夫で、同じく漫画家の俊夫役には、『心の傷を癒すということ』(21)、『痛くない死に方』(21)と主演映画の公開が続き、TBSドラマ「天国と地獄」で話題をさらった俳優・柄本佑。佐和子が通う自動車教習所の先生役には、主演映画『猿楽町で会いましょう』(21)、『サマーフィルムにのって』(21)など出演作が続く金子大地、佐和子の担当編集者・千佳役に、ドラマ「あなたの番です」(19)等で多彩な演技が注目を浴びている奈緒、さらに佐和子の母親役に風吹ジュン。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。脚本・監督は、シンガーソングライター優里の大ヒットソング『ドライフラワー』と『かくれんぼ』の世界をドラマ化、Huluで独占配信中の「ドライフラワー -七月の部屋-」の監督を務め、ドラマ・映画と活躍の場を広げている新進気鋭の映画作家・堀江貴大。また、劇中漫画を漫画家・アラタアキと「サターンリターン」(小学館刊)が好評連載中の鳥飼茜が担当。映画ファンだけでなく、漫画好きも見逃せない一作に仕上がっている。


今回解禁となったのは、こっそり妻の新作漫画を盗み見してしまった柄本佑演じる夫が大パニック!妻の通う自動車教習所に乗り込み、絵に描いたように慌てふためく姿をおさめた本編映像。

黒木華演じる妻・佐和子と、柄本佑演じる夫・俊夫は結婚5年目の漫画家夫婦。ある時、俊夫が自分の担当編集者と浮気していることを知ってしまった佐和子は、「不倫」をテーマに新作漫画を描き始める。それを知った俊夫は気が気でなく、つい妻が不在のときにその漫画を盗み見してしまう。するとそこには、自分たち夫婦がそっくりそのまま描かれていて・・・さらに読み進めると、なんと妻と自動車教習所の若い先生とが淡い恋へと進展していく様子が描かれていた。

今回解禁された本編映像は、そんな驚愕の展開に動揺した俊夫が、血相を変えて妻が通う自動車教習所に乗り込むシーンから始まる。妻の不倫を疑い、居ても立っても居られずに教習所に向かった俊夫は、急いで車を停めると一目散に教習所内のコースに駆け出し、佐和子が乗っている車を探して片っ端から目を光らせる。遠くの車を確認するため、咄嗟にスマホのカメラのズーム機能を使う描写は絶妙にリアルで、俊夫が至って真剣だからこそ観客は思わずクスッとしてしまう。


そうして、ようやく妻を発見!我に返り、慌ててのぼり旗の陰に身を潜める俊夫。次の瞬間、妻と一緒に車から出てきたのは、ついさっきまで自分が盗み見していた妻の漫画に登場する教習所の若い先生と瓜二つの男だった――。普段は履かないスカートを履き、いつもより心なしか柔らかな笑顔を見せる佐和子。まるで漫画の展開が現実のもののように感じられるほど仲睦まじい2人を見て、自分の不倫は棚に置きながら、愕然と膝から崩れ落ちる俊夫。そんな、わかりやすくパニックに陥り右往左往する姿はコミカルであり、自業自得でありながらどこか憎めない俊夫という人間味溢れるキャラクターをよく表している。ハラハラドキドキ、笑いと恐怖とが見事なバランスで共存する本作にぜひ注目してほしい。

本編映像「俊夫編」|映画『先生私の隣に座っていただけませんか?』9/10(金)より公開中
https://youtu.be/P8wM6wUj5pM /


____________________________________________________________

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

2021年9月10日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:https://www.phantom-film.com/watatona /
(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事