« 『すくってごらん』煮干しで金魚すくいをする香芝 本編映像公開!ポイ・小赤…“金魚すくい”から学ぶ人生と恋 | メイン | 『花束みたいな恋をした』初週を迎えた強敵にも負けず“はな恋現象”さらに拡大中!観客動員数V6達成&興行収入30億円が目前に!! »

2021年3月 8日 (月)

一年の公開延期を経て、ついに集結!藤原竜也、羽住監督にぼやき 過酷な撮影を乗り越えたキャストたちと公開の喜び語る『太陽は動かない』公開記念舞台挨拶

0308_003


「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一のサスペンス小説「太陽は動かない」が「海猿」シリーズ、「暗殺教室」シリーズなど日本を代表するエンターテイメント超大作を手掛けてきた監督・羽住英一郎によって待望の映画化!世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編を描く。日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアにて約1ヶ月にも及ぶ海外ロケを敢行。市街地の道路を完全封鎖したカーアクションシーンの撮影や、列車を丸ごと貸し切り、首都ソフィアにて終日走行させながらのアクションシーンの撮影など、日本では実現不可能ともいえる超異例づくしの大規模な撮影を行った。主演は『22 年目の告白-私が殺人犯です-』『カイジ ファイナルゲーム』など数々の強烈なキャラクターを演じ、常に日本映画界のトップを走り続けてきた藤原竜也。そして共演は、『センセイ君主』「テセウスの船」などで、爽やかなラブコメからシリアスなミステリーまで幅広く役柄を重ね、名実共に若手俳優No.1 の呼び声も高い竹内涼真。本作では、半年間鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し初の本格アクションに挑み、藤原とともに心臓に爆弾を埋め込まれ、24 時間ごとに死の危険が迫るという極限まで追い詰められた秘密組織のエージェントを演じる。


ついに公開を迎えたことを記念し、「公開記念舞台挨拶」が実施され、主演を務めた藤原竜也と共演の竹内涼真、市原隼人、日向亘、佐藤浩市、そして本作のメガホンをとった羽住英一郎監督が登壇した。


本作は昨年5月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて公開延期に。主演の藤原が、「1年を経て公開ということで、僕らも非常にありがたく、嬉しく思っています」と特別な想い語ると、本作で藤原と初共演にして”最強のバディ”となった竹内も「お客さんを前にしての舞台挨拶が久々なので、感動しています。今日お客さんの前に立つことが出来て、やっと公開したんだなという実感が湧きました」と、ついにスクリーンでお披露目となったことに感慨深い思いを語った。さらに「この作品を応援して、見守るような気持ちで参加させていただきました」と語る市原は「ひとつひとつ緊張感のある貴重なシーンばかりです。このような挑戦させていただける作品に参加できて光栄です」、藤原演じる鷹野の少年期を演じ、本作がデビュー作となる日向は「僕のデビュー作が一年越しに公開されました。素敵なキャスト、監督の皆さんの前に立てて嬉しく思います」と、それぞれが映画公開を迎えた心境を吐露した。また完成された作品のアクションシーンを見て、その臨場感にひやりとしたという佐藤は「もう一度観てもらうと、いかにワンカットがスリリングに撮影されているかよくわかると思いますので、一度ご覧になられた方も、ぜひもう一度よろしくお願いします」と視点を変えて何度も楽しめる作品であることをアピールすると、羽住監督は「一年の公開延期を経て、こうやって映画を観終わった方の顔が見られてほっとしたような、嬉しい気持ちです」と無事公開を迎えられたことに胸を撫で下ろした。

これまでも藤原、竹内はノースタントで体を張ったアクションに挑戦し、その過酷な撮影の様子を語ってきたが、今回、久々に対面した羽住監督に直接なにか伝えたいことはあるかと聞かれると、藤原は沈みゆく船で竹内演じる田岡を救出するシーンを挙げ、「足もつかないような深さで、水温もすごく下げて撮影していたんですよ。そんな温度下げる必要はないんじゃないかと僕は現場でも言ってたんですが、監督は『画に緊迫感が映るから、それを出したい』とおっしゃっていて。それでも、こんなに冷たくしなくても‥と撮影中思っていました」と撮影当時の様子をぼやいたが、間髪入れず「いや、画に出てるじゃん」という羽住監督のツッコミに会場が笑いに包まれる一幕も。また撮影時には羽住組では「海猿」シリーズから使用されていた”男汁”と呼ばれる恵みのお湯があり、羽住監督は「これは禁断のもので、一度使ってしまうとワンカットごとに必要になってしまうんです」と百戦錬磨の羽住組のマル秘アイテムの存在を明かした。藤原も「実はお風呂も用意されてたんですけど、入ってしまうともう無理なんですよ」と語ると、竹内も「気持ちが折れちゃいますよね。これよりもキツイ撮影はもうないんじゃないかと思います」と同意した。


さらに本作の“やりすぎ”な撮影エピソードは止まることを知らず、話題はブルガリアで市原演じる同僚エージェントの山下を、藤原演じる鷹野が救出するシーンに。「2日間くらい吊されてたんですけど、何回目かで市原が『竜也くん、高いところだめでしょう』と言うので、『なんで?』と聞いたら3階を越えたあたりから僕の体が恐怖で震えていたらしくて。『恐怖で震えるの、やめてもらっていいですか』と言われました」というエピソードを披露。藤原と同じく、実は高所が苦手だという市原も「僕も高いところが苦手なんですけど、それを絶対に出さずにやろうと思ってたら隣の竜也くんが顔も真っ青だし、震えるんですよ。僕も怖くなっちゃいました」とそれぞれが、過酷な撮影を乗り越えたことを明かした。


続編についても話が及ぶと、藤原は「(日向が)成長して大人になったわけですから、鷹野と田岡として‥見守るのが楽しみですね。僕は浩市さんの隣にいます」と、日向に自身が演じた大人の鷹野役を譲り、次は佐藤演じる風間のような司令塔のポジションになると宣言するものの、佐藤には「まだ早い」と一蹴された。しかし、藤原の頑なさに佐藤も「もうキツイの嫌なの?」と尋ねると、「キツイの嫌です!」と苦笑しながら、本音を漏らした。


最後に、竹内が「本当皆さんと上映後にお会いできて、舞台挨拶をできることのありがたさを感じています。一年越しに、僕たちが作り上げた“超かっこいい映画”がこれから一人でも多くの方に届き、皆様の楽しみのひとつになれば嬉しいです。『太陽は動かない』のような映画が日本の映画界には必要なのではないかと思っているので、続編があれば必ず現場に竜也さんを連れて行きます」と藤原との再タッグを熱望し、藤原は「このメンバーで羽住監督の最新作に出演できたことが光栄です。大変な時期ですが、ひとりでも多くの方にこの映画を観てもらうために、もう少し皆さんに応援いただけましたら嬉しいです」と締めくくり、本ステージの幕が閉じた。


____________________________________________________________

『太陽は動かない』

2021年3月5日より全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/taiyomovie/
(C)吉田修一/幻冬舎(C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事