« 『ゾッキ』愛知県豊橋市出身の松井玲奈、竹中直人・山田孝之・齊藤工監督 2日間で計10劇場をめぐる愛知県横断舞台挨拶を実施! | メイン | 『JUNK HEAD』「ガラクタ(JUNK)でも諦めなければ何でもできる」堀監督次回作への意気込みについても語った舞台挨拶 »

2021年3月29日 (月)

「ダメダメだった頃から今の姿までみれます」(渡慶次選手)「何度でもみてください」(今田監督)『迷子になった拳』初日舞台挨拶

日時:3月26日(金)
場所:渋谷ホワイトシネクイント
登壇者:渡慶次幸平(ラウェイファイター)、今田哲史監督

0329_003


拳にはバンテージのみを巻き、通常格闘技の禁じ手がほとんど許される「地球上で最も危険な格闘技」と言われるミャンマーの伝統格闘技・ラウェイに挑戦する日本人たちを追ったドキュメンタリー映画『迷子になった拳』初日の3月26日(金)に、本作出演のラウェイファイター・渡慶次幸平選手と、今田哲史監督が揃い、舞台挨拶を行った。

映画『迷子になった拳』初日舞台挨拶が3月26日(土)に東京・渋谷シネクイントにて開催され、本作のメインの被写体のひとりである、ラウェイファイターの渡慶次幸平と今田哲史監督がそろって登壇した。


今田監督は、前作「熊笹の遺言」以来、16年ぶり劇場公開作ということで舞台挨拶も感慨ひとしお。一緒に登壇した渡慶次選手について「おっかない渡慶次くんがどんな風に変わっていくか。最初の頃はカメラを向けると睨まれていたんですが。この映画の主人公の一人である、渡慶次君のその姿を見てください」


一方、主人公のひとりと紹介された渡慶次選手は、「既に6回見たんですけど、すごくダメなやつなので。ダメなところは、あますことなく流れてきますので。最近の渡慶次じゃない、4,5年前の姿がみれます。最初は鼻があるんですけど、こういう(激しい)試合を続けているうちに、鼻がなくなるっていう衝撃の写真がパンフレットでみれます(苦笑)

また、ミャンマーの子供たちの教育現場を整えたいと学校建設の活動もしている渡慶次選手から「コロナになって、学校の方がミャンマーの方でも止まっていて、先生だったり、ミャンマーラウェイの選手たちだったり、僕のミャンマーでの活動を支援してくださっている人たちも今すごく困っています。そういう人たちへの寄付としてTシャツを作っています」とチャリティについても語った。


最後に「人数がものすごく出てきて、群像劇なんですけど、迷子になりやすい映画になっていますので、何度でもみてください」としめくくった。


____________________________________________________________

『迷子になった拳』

2021年3月26日 より
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34228004

「ダメダメだった頃から今の姿までみれます」(渡慶次選手)「何度でもみてください」(今田監督)『迷子になった拳』初日舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事