« 「ダメダメだった頃から今の姿までみれます」(渡慶次選手)「何度でもみてください」(今田監督)『迷子になった拳』初日舞台挨拶 | メイン | 『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』見れば見るほどクセになる?!“多様な作風の邦画を受け入れてもらえたら嬉しい”観客に呼びかけ 前原滉&橋本マナミ&池田暁監督 舞台挨拶登壇! »

2021年3月29日 (月)

『JUNK HEAD』「ガラクタ(JUNK)でも諦めなければ何でもできる」堀監督次回作への意気込みについても語った舞台挨拶

日時:3月27日(土)
場所:池袋シネマ・ロサ CINEMA ROSA 1 <2F>
登壇者:堀貴秀監督

0329_002


『JUNK HEAD』の“初日舞台挨拶”が3月27日に東京・池袋シネマ・ロサで行われ、本作を手掛けた堀貴秀監督が登壇した。


早速、堀監督は「本日はありがとうございます!こんなにたくさんの人に来てもらえるとは…。色々とありましたが、やっと公開することができました。」と会場に足を運んでくれたお客さんに感謝を述べた。この作品を作った理由について堀監督は「30分の短編を作る前は、絵や彫刻とか人形などいろんなジャンルに手を出していて、芸術家を目指していましたが、ピンとくるものがなくて長続きしなかったんですよね。昔から映画は好きで、よく観ていて1人で映画は作れるわけがないと思っていましたが、“新海誠監督”が1人で映画製作をしているのを知って、1人でもできるコマ撮りアニメを製作し始めました。」と製作時の初期衝動を話した。


影響を受けた作品について聞かれ「『不思議惑星・キン・ザ・ザ』を10代くらいの頃に観て、この作品は初恋の人みたいな感覚になっていてこの作品が1番ですね。」と堀監督は語った。作中の好きなキャラクターについての質問に堀監督は「主人公も好きですし…3バカも…村長も…全部好きですね!(笑)」と会場を沸かせた。独特な言語についての問いに「普通の言葉だと声優みたいにできないので、声や音が映像とマッチするようにしています。某有名テーマパークキャラクターの名前を言っていたり。“おはようございます(シャケナツミソス)”と言っているところは朝食の鮭、納豆、味噌スープをかけていたりします(笑)」と言語の由来について明かした堀監督。


本作『JUNK HEAD』のタイトルに込めた想いについて堀監督は「僕自身本当にこれまでガラクタ(JUNK)のようだったんですけど、そんな僕でも諦めずにこの映画を作ることができて、“ガラクタでも諦めなければやれることはあるんだぞ”という意味でつけました。」と作品への思いを述べた。3部作となっている本作について堀監督は「絵コンテもストーリーも出来上がっているので、皆さん期待していてください。」と次回作への意気込みを残しイベントは幕を閉じた。『JUNK HEAD』は全国順次大ヒット公開中。


____________________________________________________________

『JUNK HEAD』

2021年3月26日よりアップリンク渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/junkhead/
(C)2021 MAGNET/YAMIKEN

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34228003

『JUNK HEAD』「ガラクタ(JUNK)でも諦めなければ何でもできる」堀監督次回作への意気込みについても語った舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事