« 『すばらしき世界』西川美和“音楽の神様に愛された男”と絶賛!音楽家・林正樹 「Under The Open Sky」ピアノソロ演奏 本編コラボレーション映像解禁! | メイン | 「100日後に死ぬワニ」の映画がついに公開決定!『100日間生きたワニ』公開まであと100日のお知らせ »

2021年2月16日 (火)

『日々蝶々』『ゆびさきと恋々』 森下suu 書き下ろし!コラボビジュアル&コメントが到着!さらに、入場者特典ポストカードとして配布が決定!『ベイビーティース』

0216_001


クロックワークス配給作品『ベイビーティース』が、2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開となる。大人気少女漫画『日々蝶々』(集英社)『ショートケーキケーキ』(集英社)などで知られる漫画家の森下suuが本作のために書き下ろした、コラボレーションビジュアルが公開となった。また、入場者特典のポストカードとして2月19日(金)より全国の本作公開劇場で配布(先着限定数)されることが決定した。


森下suuは原作・マキロと作画・なちやんによる二人組ユニット。現在は「デザート」(講談社)にて『ゆびさきと恋々』を大好評連載中。柔らかなタッチで描くピュアなラブストーリーで読者からの熱い支持を集めている。そんな森下が本作のために書き下ろしたのは、主人公ミラとモーゼスがお互いを見つめ合う印象的なポスタービジュアル。お馴染みの繊細で優しい色使いで、2人が経験するかけがえのない愛情が温かく表現されている。原作のマキロは「この感性の世界が素敵でした」、作画のなちやんは「登場人物それぞれの心情が丁寧に描写されていて、色々な感情を追体験した感覚になります」とそれぞれ本作に推薦コメントも寄せている。


【森下suuコメント】
水の中に破片が散らばったように、
ぼろぼろに脆くて鋭利で眩い愛を息苦しく共有していく2人が儚いです。
この感性の世界が素敵でした。
マキロ(漫画家/ネーム担当)


登場人物それぞれの心情が丁寧に描写されていて、
色々な感情を追体験した感覚になります。
いつの間にか、自分もミラの家族の一員になったような気持ちで観ていました。
映像も音楽もすごく良かったです。ぜひ観てほしいと思います!
なちやん(漫画家/作画担当)


____________________________________________________________

『ベイビーティース』

2021年2月19日より新宿武蔵野館、 渋谷ホワイトシネクイントほか全国にて
配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム
https://babyteeth.jp/
(C)2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事