« 本場フィンランドのサウナでおもてなし!『世界で一番しあわせな食堂』本編映像解禁 | メイン | 松坂桃李、べースの練習に大苦戦!?「習得系はなるべく避けていきたい(笑)」と本音ポロリ『あの頃。』メイキング写真解禁 »

2021年2月18日 (木)

『ベイビーティース 』公開記念、渋谷ホワイトシネクイントがブルーに!&本編映像デートシーン解禁

0218_004


クロックワークス配給作品『ベイビーティース』が、2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開となる。


各メディアから「愛があふれている」(THE PLAYLIST)、「驚くほどに美しい」(SIGHT AND SOUND)、「心が痛むほど儚い⻘春映画」(VARIETY)など、絶賛の声が溢れた本作。監督は本作が⻑編デビューとなるシャノン・マーフィ。前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出し、世界各国の映画祭を席巻、[注目すべき10人の監督](Variety誌)にも選出されている。ミラ役は『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』で注目を集め[次世代スター10人](Hollywood Reporter誌 )にも選ばれたエリザ・スカンレン。ミラが恋に落ちるモーゼス役には、本作で激賞を浴びヴェネチア国際映画祭〈最優秀新人賞〉を受賞したブレイク必至のトビー・ウォレス。 また、ミラの父親役に『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『レディ・プレイヤー1』など近年ハリウッド大作で活躍するベン・メンデルソーン、ミラの母親役には『ババドック 〜暗闇の魔物〜』でTIME誌の「今年最高の演技トップ10」に選出されたエシー・デイヴィスなど実力派俳優が脇を固め、 2020年度のオーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞(AACTA賞)では、作品賞、監督賞、脚本賞、4つの演技賞を含む全9部門で受賞する快挙を達成。また、アカデミー賞の前哨戦の一つでもある英国インディペンデント映画賞の最優秀国際映画賞に『ノマドランド』などと並んでノミネートが発表されており、今後の賞レースに向けてさらなる注目が集まっている。

この度、本作の公開を記念して渋谷ホワイトシネクイントが、通常のホワイトから本作のテーマカラーのブルーに大変身!劇場ロビーの外壁にあるWHITEのロゴは、作品のメインビジュアルをそのまま反映させたデザインに。渋谷ホワイトシネクイントが劇場のテーマカラーであるホワイト以外の仕様になるのは、開館以来今回が初の試み。ブルーに染まった『ベイビーティース』仕様の劇場は、3月18日(木)まで期間限定で楽しむ事ができる。

さらに、主人公のミラがモーゼスを誘って夜の街に繰り出すデートシーンの本編映像が公開。
モーゼスが不良仲間と夜の公園でバスケットボールをしているところに、精一杯のお洒落をしてミラが現れる。「何してんだ?お母さんは知ってる?」と一人夜に出歩く彼女を心配し、「これから仕事なんだ」と誘いを断ろうとするモーゼスに対して一歩も引こうとしないミラ。そんなミラの態度に押されたのか、カットが切り替わると軽快な音楽と共に電車の中で隣り合って座り、夜の街に繰り出す2人の姿が。ミラが窓の方を向くモーゼスの顔を反射越しに見ようとしたり、恋人繋ぎをした手をすぐに離したり、まだ恥ずかしさを捨てきれない2人の甘酸っぱい恋の様子が映し出される。また、モーゼスの膝に手を当ててさすったり、彼の髪を触るミラのしぐさや表情から、初恋の相手が愛おしくてたまらない気持ちが溢れ出る映像となっている。

2.19(fri.)公開『ベイビーティース』| 初恋の相⼿を誘い電⾞で夜の街へ!⽢酸っぱさ溢れる初デートシーン解禁
https://youtu.be/3iUXb9eReGs

____________________________________________________________

『ベイビーティース』

2021年2月19日より新宿武蔵野館、 渋谷ホワイトシネクイントほか全国にて
配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム
https://babyteeth.jp/
(C)2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34225848

『ベイビーティース 』公開記念、渋谷ホワイトシネクイントがブルーに!&本編映像デートシーン解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事