« 『鳩の撃退法』藤原竜也が2人!? 謎 だらけの【特報映像】も解禁!! | メイン | このジジイたち、殺しても死なない!?すべての映画ファンに贈る最高の《お達者コメディ》『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』6/4(金)日本公開決定!邦題&ビジュアル解禁! »

2021年2月25日 (木)

『21ブリッジ』チャドウィック・ボーズマン&シエナ・ミラー インタビュー解禁

0225_005


チャドウィック・ボーズマン最後の劇場公開主演&プロデュース作品『21ブリッジ』が、4月9日(金)より全国公開となる。8人の警官を殺した強盗犯を追跡するため、アンドレ刑事はNYマンハッタン島に架かる21の橋を全て封鎖する。だが、追跡を進めるうち、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることを悟る。果たしてその真実とは――!?このシンプルにして大胆なアイデアを核に、たった一夜の出来事がスリリングかつダイナミックに展開するクライム・アクションが誕生!主演はチャドウィック・ボーズマン。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の主演作『ブラックパンサー』で世界のニューヒーローとなり、2020年8月に43歳の若さで惜しくもこの世を去った彼は脚本に惚れ込み、主演のみならずプロデュースという形で本作に参加。逝去後もNetflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』が絶賛を浴びるなど、このレジェンド俳優を求める声は止みそうもない。監督は「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズを手掛けたブライアン・カーク。そして製作を『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督、ルッソ兄弟(ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ)が手掛ける。共演には『アメリカン・スナイパー』のシエナ・ミラー。さらに『バトルシップ』のテイラー・キッチュや『セッション』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズなど、豪華実力派が脇を固める。

チャドウィック・ボーズマンとシエナ・ミラーが
極限までリアリティを追求した撮影&見どころを語る!
「現実の刑事が身を置く世界に限りなく近づけた」
「動き出したら止まらないアクション」「とにかく驚きの連続」


世界で最も忙しく、最も人口の多い、NYマンハッタン島での一夜の出来事を描いた本作。この度、NY市警のアンドレ刑事を演じたチャドウィック・ボーズマンと、麻薬取締班のフランキー刑事を演じたシエナ・ミラーのインタビュー映像が到着。NY市の全面協力を得て、実際に夜間のマンハッタンで行われた撮影を振り返っている。


「夜の撮影はすごく大変だった。」と当時の苦労を語るチャドウィック。その一方、そのリアリティを追求したシチュエーションは演じる上で役立ったという。「夜通し起きて1ヶ月半とか夜の撮影を続けていくと、刑事が身を置く世界に限りなく近づけるんだ。」と、三日三晩ぶっ続けで捜査したり、危険な状況では極度の興奮状態になる事もある刑事の激務に触れながら、実弾が飛び交わない安全な撮影環境下でも、現実に近い興奮状態で撮影できた事を明かしている。本作ではNY市警の退職警官を技術顧問として迎えているほか、チャドウィック自身、NY市警の夜間警務の警官に同行して役作りも行っており、極限までリアリティを追求するそのストイックな姿勢が伺える。


また、チャドウィック曰く本作の見どころは、動き出したら止まらないアクション。「観客は驚きと興奮の渦に引き込まれる。映画の途中でトイレには行けないだろうな。」と自信をのぞかせる。対してシエナも、「とにかく驚きの連続。次々に事態が急変して何が起こるか分からない。席を立つのは無理。思いも寄らない展開が待ってる。」と熱く語っている。


『21ブリッジ』チャドウィック・ボーズマン&シエナ・ミラー インタビュー映像解禁
https://www.youtube.com/watch?v=CgIibd3fQlc&feature=youtu.be


____________________________________________________________

『21ブリッジ』

2021年4月9日より全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://www.21bridges.jp/
(C)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34226236

『21ブリッジ』チャドウィック・ボーズマン&シエナ・ミラー インタビュー解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事