« 『トイ・ストーリー』から25年。これは大人になった“あなた”へ贈る物語。 映画『ソウルフル・ワールド』 おもちゃの世界やモンスターの世界を生んできたピクサー 誰もが見たことがない世界観を描く“成功の証”とは?  | メイン | 2021年、負けられない戦いが、ここにもあった!パンプスをスパイクに履き替えて、主婦、出陣!『クィーンズ・オブ・フィールド』公開・邦題決定&ポスタービジュアル・予告解禁 »

2020年12月24日 (木)

『マンダロリアン』・・・本作はなぜ「スター・ウォーズ」ファンの心を掴んだのか? 製作陣が明かす演出の秘訣は“ファンとの交流”

1224_55


全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。名匠ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』に登場した人気キャラクターのボバ・フェットに続く新たな賞金稼ぎ“マンダロリアン”を主人公にフォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』。


シーズン1は全世界で絶大なる注目を集め、メディアや批評家から大絶賛を浴び続けている。そして、待望の『マンダロリアン』シーズン 2 がディズニー公式動画配信サービスDisney+ (ディズニープラス)で配信されるやいなや、世界中が熱狂に包まれている。(毎週金曜日に配信)。本作はこれまでの「スター・ウォーズ」ファンから高い支持を得続けている。その理由はどこにあるのか?今回、その秘密に「スター・ウォーズ」を愛する製作陣が”ファンとの交流”を何よりも大切にしている精神があることを明かした。


「スター・ウォーズ」をこよなく愛する製作総指揮のジョン・ファヴローは、「私たちはこれまでに会ったことのないキャラクターで新たな世界を紹介しています。しかし同時に、すべての基盤となるのは、最初からいるファンであり、コミックや映画などで育った人たちです。そのことを念頭に置いてファンとの交流を決して失ってはいけません。ファンが『マンダロリアン』の中で発見するための「スター・ウォーズ」のイースターエッグがいくつもあります」と、自身もファンの一人だからこそ映画との深い繋がりを大切にしたことを語る。


また、主演のペドロ・パスカルは「ジョン・ファヴローとデイ ヴ・フィローニは本作にとって真の意味で両親のような存在だね。彼らがこの作品やこの作品のファンに注ぎ込んでいる愛の量は、今まで僕が見てきたものとは全く比べものにならないほどだよ。ファンが何を期待しているのか、そしてそんな彼らにサプライズを提供することを大切にしているんだ」と製作陣のファンへの愛の深さを証言する。

ファブローの言葉を裏付ける一つに、エピソードを追うごとに続々と登場する懐かしの存在がある。シーズン2のチャプター10(第2話)では伝説の X ウイングと高速チェイスを繰り広げ、世界中のファンを沸かせた。ファヴローは X ウィングを使用した撮影の裏側について「X ウィングの機体がフロリダのディズニー・ワールドのギャラクシーズ・エッジに運ばれる途中だったけれど、撮影する必要があったから使用させてもらったんです。


デイヴがパイロットを演じた時のコックピットはディズニー・ワールドと同じものなんですよ」とファンも通う地のものが使用されていたことを明かす。その他にも、悪役モフ・ギデオンと共に登場したかつて悪の皇帝ダース・ベイダーも乗っていた TIEシリーズの1つである帝国艦隊のシンボル的存在タイ・ファイター、「エピソード 6/ジェダイの帰還」に登場し、本作ではルークとアナキンの生まれ故郷タトゥイーンでマンダロリアンが乗りこなし、スカウト・トルーパーも追跡劇の中乗りこなしていたスピーダー・バイクなど続々と登場し、ファンが愛するものとの繋がりはより深いものとなっている。更に驚くべきことに劇中に登場したストームトルーパーについて、「シーズン1ではストームトルーパーが必要な場面で、第501軍団(※ルーカス・フィルム公認のコスチューム団体)が登場しているんだ」とファン自体が作品に出演していたという秘密を明かした。製作陣がファンとの交流を何よりも大切にしていたからこそ、期待を裏切らない「スター・ウォーズ」を継承した世界が創り出されていたのだ。


1224_56



先日行われたルーカスフィルム プレゼンテーションではダース・ベイダーとオビ=ワンが登場する『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』や「クローン・ウォーズ」で初登場し『マンダロリアン』で実写化したアソーカ・タノが主人公の『スター・ウォーズ:アソーカ(原題)』など超豪華ラインナップをディズニープラスで独占配信する事が発表され、世界中が興奮に包まれている。

メディアやファンから大絶賛されたシーズン1だが、シーズン2ではさらに「スター・ウォーズ」の世界観が広がっていき、一体どんな結末が待ち受けているのか?「手加減なしの『スター・ウォーズ』」(ロサンゼルス・タイムズ)と、完璧な“スター・ウォーズ”の世界観とスピリットで描かれる壮大かつエモーショナルなドラマで世界を魅了し続ける『マンダロリアン』。シーズン2はディズニープラスにて独占配信中。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


『マンダロリアン』シーズン2


毎週金曜日ディズニープラスにて独占配信中


公式サイト:https://disneyplus.disney.co.jp/program/mandalorian.html


(C)2020 Lucasfilm Ltd.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34222838

『マンダロリアン』・・・本作はなぜ「スター・ウォーズ」ファンの心を掴んだのか? 製作陣が明かす演出の秘訣は“ファンとの交流”を参照しているブログ:

コメント

Xウィングやタイファイターなんてシークエルにも登場している。もっと、スター・ウォーズを構築するディープな部分での引用が素晴らしかった。過去の作品に敬意が込められた作品がマンダロリアン。スター・ウォーズの宝箱である。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事