« 『銀魂 THE FINAL』佐藤二朗、万事屋とナレーションで共演!「小栗誘って観に行こ」と太鼓判!?≪『銀魂』が1分で分かる!!特別映像解禁!≫さらに、映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の地上波初放送も決定!! | メイン | 豪華個性派俳優が集結! 池田暁監督 初の劇場公開となる待望の最新作『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』公開日決定!ポスタービジュアル&予告編も一斉解禁! »

2020年12月24日 (木)

第70回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(最優秀女優賞)国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 W受賞『水を抱く女』公開決定&場面写真 解禁

1224_001


ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞した『東ベルリンから来た女』をはじめ、『あの日のように抱きしめて』『未来を乗り換えた男』などで知られるドイツを代表する名匠クリスティアン・ペッツォルト監督の最新作『Undine』改め邦題『水を抱く女』が、2021年3月26日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショーされることが決定した。


天才たちを惹きつけた魅惑的な”水の精“の神話
名匠クリスティアン・ペッツォルトが、大胆に現代に置き換えて映画化
ドイツの激動の歴史を描き続けてきたペッツォルト監督の新作は、「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して水に戻る」という宿命を背負った美しき“水の精・ウンディーネ(オンディーヌ)”の神話がモチーフとなっている。この魅惑的な神話は、古くから多くのアーティストたちにインスピレーションを与えてきた。アンデルセンは童話「人魚姫」を書き上げ、チャイコフスキーはオペラ、ドビュッシーは楽曲を創作した。またゲーテが「ドイツの真珠」と絶賛したロマン派のフリードリヒ・フーケが発表した傑作小説「ウンディーネ」は、現代でも読み継がれている。近年、再評価されている三島由紀夫の「仮面の告白」にも登場している。


神秘的なウンディーネを妖艶に演じたのは、フランソワ・オゾン監督『婚約者の友人』や、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督『ある画家の数奇な運命』などの注目作に出演している若き実力派パウラ・ベーア。本作でベルリン国際映画祭とヨーロッパ映画賞にて女優賞受賞という快挙を成し遂げた。心優しい潜水作業員のクリストフ役にはダンサーや振付師としても活躍する『希望の灯り』のフランツ・ロゴフスキ。この主演のふたりは、ペッツォルト監督の前作『未来を乗り換えた男』にも出演しており、稀有な才能の親密な再タッグが、濃密な映像世界へと観客を誘引する。

____________________________________________________________

『水を抱く女』

2020年3月26日より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
配給:彩プロ
(C)SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34222797

第70回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(最優秀女優賞)国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 W受賞『水を抱く女』公開決定&場面写真 解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事