« 欲しい能力は…呼吸!?花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏が初日プレミア舞台挨拶に登壇!まさかのモノマネで劇中セリフ披露も!『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 初日プレミア舞台挨拶 | メイン | 大庭功睦監督×片山慎三監督(『岬の兄妹』)SKIP シティ国際 D シネマ映画祭出身監督同士の熱いトーク『滑走路』埼玉県特別試写会 »

2020年11月 9日 (月)

アーマンド・イアヌッチ監督の待望の最新作『どん底作家の人生に幸あれ!』来年1月22日(金)公開・邦題決定&ポスター解禁!

1109_007


『スターリンの葬送狂騒曲』で世界をブラックな笑いに包みこんだアーマンド・イアヌッチ監督の待望の最新作、「The Personal History of David Copperfield」(原題)が、邦題を『どん底作家の人生に幸あれ!』とし、2021年1月22日(金)にTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開が決定!あわせて日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

原作は19世紀イギリスの国民的作家で、今年2020年が没後150年にあたるチャールズ・ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」。文豪自ら「著作の中で一番好きだ」と公言していたこの小説は、ディケンズの自伝的要素が強いことでも有名で世代を問わず世界中から愛されている。


本作のメガホンをとったのは、『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督。チャールズ・ディケンズの長年のファンであるイアヌッチ監督は「ディケンズの第8作目である『デイヴィッド・コパフィールド』を読み返したとき、これは現代に通じる物語だと感じた」と映画化を決意。人間の不屈の精神を讃える名作をコミカルによみがえらせ、国境がなくなりつつある現代に合わせ、世界中の演劇界や映画界から色とりどりの豪華キャストを迎えた。


主人公デイヴィッドを演じるのは『LION/ライオン~25年目のただいま~』『ホテル・ムンバイ』のデヴ・パテル。さらに不遇な少年期を過ごしたデイヴィッドを助ける裕福だが気性が激しい叔母役に『サスぺリア』のティルダ・スウィントン、デイヴィッドに爬虫類のように付きまとう奇妙な世話係に『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のベン・ウィショー。そのほか『トゥモローランド』のヒュー・ローリー、『パディントン』のピーター・キャパルディなど名優たちが勢ぞろい!


今回あわせて解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、デヴ・パテル演じるデイヴィッドを一癖も二癖もある“愛すべき変人たち”が取り囲み、彼の山ありオチありの波乱万丈な人生を予感させる。2019年トロント国際映画祭でのプレミア上映、ロンドン映画祭でのオープニング上映などで注目され、イギリスでは大ヒット!Times紙も「困難をポジティブに変える魔法のような映画!」と絶賛し、映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテントマト)では92%FRESHと高評価(11/2現在)を受ける話題作。2021年は、大笑いと、大粒の涙で、《人生大逆転》の幕が上がる―!

____________________________________________________________

『どん底作家の人生に幸あれ!』

2021年1月22日よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/donzokosakka/
(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34219998

アーマンド・イアヌッチ監督の待望の最新作『どん底作家の人生に幸あれ!』来年1月22日(金)公開・邦題決定&ポスター解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事