« 『朝が来る』リアルを追及するため、実際にお酒を飲んで撮影!本物主義の河瀨監督×役を生きる井浦新の壮絶シーン!本編映像解禁&撮影秘話公開! | メイン | 世界的二世俳優同士が共演!妖艶な“空想上の親友(イマジナリー・フレンド)”に翻弄される異色スリラー『ダニエル』邦題&日本公開決定! »

2020年10月29日 (木)

『ホテルローヤル』「人と触れ合うことが難しくなった今だからこそ」「誰かを愛したくなる映画」、各界から絶賛コメントが到着!

1029_001


映画『ホテルローヤル』が11月13日より全国公開となる。原作は累計発行部数100万部を超える桜木紫乃の直木賞受賞作。桜木の実家だったラブホテルを舞台にした七編の連作小説を、現代と過去を交錯させ一つの物語へ大胆に映像化した。メガホンをとるのは、『百円の恋』や『嘘八百』、昨年のNetflix国内視聴ランキング1位を獲得した「全裸監督」など精力的な活動を続ける武正晴。脚本は、連続テレビ小説「エール」を手がけた清水友佳子。主人公であるホテル経営者の一人娘の雅代には、映画やドラマで圧倒的な演技力と存在感を示す波瑠。誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人々が訪れる場所、ホテルローヤル。そんなホテルと共に人生を歩む雅代が見つめてきた、切ない人間模様と人生の哀歓。誰しもに訪れる人生の一瞬の煌めきを切り取り、観る者の心に温かな余韻と感動をもたらす。本作へ寄せられた応援コメントを一挙公開。釧路出身の漫画家である瀧波ユカリや小畑友紀、以前桜木先生の著書「硝子の葦」のドラマ化を監督した三島有紀子、桜木先生との親交が深いカルーセル麻紀など、各分野で活躍する女性たちから熱いコメントが届いた。


ホテルローヤルの壁にもベッドにもカーテンにもそして看板にも、生命が宿っていた。
これは、湿っぽいラブホテルの3号室が見てきた人間の記録である。
登場人物に乗り移った役者たち、映画人たち、そして桜木紫乃の、
エクスタシーに到達しながらも決して満たされることのない渇望が、喘ぎ声となって軋んだ気がした。
――三島有紀子(映画監督)


小説を映像にするのは難しいはずだが、台詞や演出はぎりぎりまで抑制され、
ただ役者の肉体を通して、それぞれの抱える孤独と希望がこちらに沁みてくる。
孤独は大きく、希望は小さい。それでも最後には誰かを愛したくなる、くり返し観たい映画。
――村山由佳(作家)


何もかもがイミテーションのラブホテルで、本物の愛を求める人たち。
その対比がとても鮮やかで滑稽で、ちょっぴり切ない。
人と触れ合うことが難しくなった今だからこそ、濃密なホテルローヤルの世界にどっぷりと浸ってほしい。
――瀧波ユカリ(漫画家「臨死!!江古田ちゃん」)


時代は変わり寂れてゆく故郷、寂れゆくホテルローヤル、そこから出てゆくことの出来ない人々、
そのあり様が釧路そのものだと、苦しくなりました。
観終わった後は、そこここにホテルローヤル現象を見つけるようになる自分に驚きました。
ほんの少しの愛を確かめることが出来たら人は生きて行けるのに、そんな簡単な事が上手くいかない不条理な人生劇場、
ホテルローヤルは私の中にもあなたの中にもあるのです。
――小畑友紀(漫画家「僕等がいた」)


豪華なキャスティング!!美しい釧路湿原。
波瑠さんと桜木さんが重なって見えるのは私だけでしょうか?
安田顕さんさすがでした。是非とも映画館に足を運んで下さいね!!
――カルーセル麻紀(女優・タレント)


ホテルローヤルはどこか賑やかな、森のようだった。
注意しないと取り零してしまいそうな人々の小さな囁きや営みが、こんなにも豊穣で切ないなんて。
あの蜜柑を食べにホテルローヤルに行きたい。
――紗倉まな(タレント、女優)


ラブホテルを舞台にした物語に、生きるとはどうしようもなく一人だということを、まさか突きつけられるとは。
けれど観終わったあと、残ったのは孤独ではなかった。
一人ずつのさみしさを持ち寄ってでも感じ合えたつかの間の温もりを頼りに、私たちは生きている。生きていく。
さみしい。は、いとしい。の同義であることを知った。
――木村綾子(文筆業・企画)


ラブホテルという非日常的な空間で、日常生活を送る人特有の静けさが好きだ。
そんな主人公が、ようやく主人公になる瞬間がたまらない。ドッと心が動いて、もっともっと好きになった。
――新井見枝香(書店員)


この作品を見る直前、これまで取材でお会いしたラブホテルを営むご家族の姿を
ふと思い出していました。
熱意溢れた創業者である父親、寝る間も惜しみ現場を切り盛りする母親、
そして複雑な気持ちを抱えながらもホテルを継ぐことを決めた子ども…。
そんな彼らと、スクリーン越しに再会したような気持ちになりました。
――ONI(ラブホテル 研究家)


ラブホテルという「非日常」の空間でドラマを繰り広げていく様々な人達と、
ラブホテルで働き、彼らの非日常を傍観することを「日常」とする主人公。そのコントラストがすごく面白かった。
――時田桜(ラブホ連載をする東大女子)


____________________________________________________________

『ホテルローヤル』

2020年11月13日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/
(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34219298

『ホテルローヤル』「人と触れ合うことが難しくなった今だからこそ」「誰かを愛したくなる映画」、各界から絶賛コメントが到着!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事