« 『TENET テネット』劇場へ“順行チーム”&“逆行チーム”必見!超秘密主義のノーラン映画初!本編映像一部を急きょ公開!!明日10月10日「テネットの日」に、入場者特典を配布開始! | メイン | 『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』“冒頭の5分でこれが特別な作品であることが分かる”その美しさを世界が絶賛。本編映像解禁 »

2020年10月 9日 (金)

“失敗は怖いことではない”“目標に対して諦めずに達成できるように続けることが大切”吉高由里子&横浜流星が学生たちへメッセージを送る!『きみの瞳が問いかけている』 きみのめ特別授業in青山祭

1009_006


華やかな存在感と数々の賞に輝く確かな演技力で、日本映画界のトップに立つ女優、吉高由里子と、2020年の日本アカデミー賞で新人俳優賞に輝き、エンタメ界に旋風を巻き起こしている横浜流星がダブル主演を務める、邦画界を牽引する恋愛映画の旗手・三木孝浩監督の最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』(配給:ギャガ)が10月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。不慮の事故で、視力と家族を失った明香里(吉高)と罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)。小さな偶然から出会ったふたりは次第に惹かれあい、暗闇だった人生に再び光が射すような幸せな日々…だが彼らの出会いは、決して偶然ではなかった。過去の事件の影が、逃れられない宿命となって二人を引き裂いていく ――吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようと奮闘する明香里。目が不自由という初めての難役に、撮影前からリサーチを重ねて役にリアリティを与えている。一方、横浜はかつて世界大会での優勝経験を持つ空手を生かし、本作のために10キロ増量して肉体を改造、見事なアクションシーンを演じた。また口数の少ない塁の葛藤や切なさを、表情だけで物語る演技で新しい一面も開花させている。この度、吉高由里子と横浜流星がW主演する映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月15日先行上映/10月23日公開)の【『きみのめ』特別授業 in 青山祭】が10月8日に青山学院大学で行われ、吉高と横浜が特別講師として参加した。


コミュニケーション論の佐藤達郎教授を講師に迎え、人を想うことの大切さが問い直される現代に贈る純愛ラブストーリー『きみの瞳が問いかけている』から考える「人が人を想うこととは?」をテーマに講演。リモート形式で同大学に通う29名の生徒が参加した。


まずは「大学生っていっぱい恋してるか!?恋人もおるか!?」と大学生に、はしゃぐ吉高から「大切な人に言えない秘密は?」と学生たちに質問。ほとんどの学生が「ない」との反応を示すと「あると思うのに隠したね!卑怯ですよ!こんなにいるのにみんな顔を隠して~!」と大学生をいじる吉高。一方の横浜は「運命の出会いを信じる?」との質問に対して学生たちの「YES」が多いことに「運命的な出会いを信じる人が多くて驚きました。今の人たちは達観しているようなイメージがあったので嬉しいです」と喜んでいた。


また学生からの「二十歳のうちにやっておいた方がいいことは?」との問いに、吉高は「私も二十歳になるとお酒の席に呼ばれることが増えたので、そこから大人と接する機会も増えました。今は難しい時期かもしれませんが、お酒を通して出会う大人たちの会話は刺激的なので、フットワークを軽く持って、ぜひ幅広く話を聞いてほしい。私も人見知りでしたが、えい!と頑張ってお酒の席に参加しました。沢山の人に出会って刺激を受けて、その才能を活かして」と実体験からのアドバイスを送った。横浜は「色々なことに悩んで失敗して経験をたくさん積んで人生を豊かにしてほしい。仕事を始めると友人に会える機会も少なくなる。学生の今だからこそ勉強したり、友達を大切にしたり、大学生活を満喫してほしい」と話した。


次に、「大人の女性になるには?」との質問に吉高は「大人になると怖いことが増えていくけれど、失敗は怖い事ではない。失敗を知らない方がよっぽど怖い。沢山失敗して、沢山の自分の感情を知って、自分を感じてほしい」と経験する大切さを強調。一方の横浜は、男子学生から「横浜さんのようにカッコよくなるには?」などと聞かれると「わかんないですね~!僕はかっこいい人間ではないし、本当にポンコツでどんくさいので」と苦笑。吉高から「でも貫くよね?」と意志の強さを指摘されると「明確に目標を作って、その目標に対して諦めずに達成できるように続けることが大切だと思って生きています。ひとつのことに集中して、目標を達成するために続ける。続けることは自分の大きな力になる」と実感を込めていた。そして、二つの進路に悩む学生には「迷っているならば両方やっちゃえ!と思う」と吉高。横浜は高校3年生の頃に大学進学か格闘技か俳優業かの進路に悩んだことを明かし「自分のやりたいことを考えたときに、それが芝居でした。親に相談したら『自分のやりたい道に進めばいい』と言ってくれたので、今ここにいます」としみじみ、「色々と迷って、どっちもやるのもそうだし、やりたい道に進めばいい」と学生の背中を優しく押していた。  最後に吉高は「大学生の皆さんとお話しする機会は珍しいので、皆さんの夢や希望、不安を沢山感じることができました」とこの日の登壇が貴重な時間になったようで、横浜も「素敵な時間を共有できて嬉しいです。しかもみなさんとは歳が近いので楽しかった。みなさんの相談を聞いて、考えさせられた。僕も勉強になりました」と満面の笑みを浮かべていた。


____________________________________________________________

『きみの瞳が問いかけている』

2020年10月15日より先行上映決定/10月23日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:ギャガ
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事