« おめでとう カトリーヌ・ドヌーヴ!主演最新作『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』ポスタービジュアル・予告編解禁 | メイン | 『マーメイド・イン・パリ』公開・邦題決定/特報・キービジュアル解禁 »

2020年10月22日 (木)

ストップモーション×CG技術の融合!驚異のハイブリッドアニメを生み出すスタジオライカ メイキング映像解禁『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』

1022_004


超絶技巧のアニメ表現で世界を魅了し続けるスタジオライカ最新作『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』が11月13日(金)新宿バルト9他全国順次公開となる。『コララインとボタンの魔女』(09)、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(16)などで知られる、今年設立15周年を迎えるスタジオライカ最新作として、『トイ・ストーリー4』、『アナと雪の女王2』等を抑え、ストップモーション・アニメ史上初となるゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞を受賞する快挙を成し遂げたほか、アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネートされるなど世界中から絶賛の声が上がっている。主演のライオネル卿を演じるのは、日本でも人気を博す『X-メン』(00)シリーズ、『グレイテスト・ショーマン』(17)等のヒュー・ジャックマン、相棒のMr.リンクを演じるのは、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(09)で強烈なインパクトを与えたザック・ガリフィアナキス、そして、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)のヒロインとしても知られるゾーイ・サルダナが、彼らと旅を共にするアデリーナを演じている。英国紳士ライオネル卿と〝生きた化石″Mr.リンクとの超ユニークな凸凹バディが、いま、想像を超えるエモーショナルな冒険に飛び出す!ストップモーションアニメとCG技術の見事な融合を確認できるメイキング映像が解禁に!


本作でメインの撮影技法として用いられている“ストップモーション”は、対象物を小刻みに操作して、個々にコマ撮りを行うことで、連続して再生したときに対象物が動いているように見せる超アナログな撮影法。映画の世界で最初に使われた、最古の「特殊効果」でもあり、ライカでは、1秒毎に24枚のポーズをアニメーターが創作している。本作では、映画全体の映像処理だけで、1億1200万時間(1万2785年相当)という途方もない時間が費やされている。


しかし、ライカの凄さはそれだけに留まらない。100年以上も前から使われてきた技術を巧みに操りながら、それに最先端技術を融合させることで、CG要素が入ったハイブリッド映画を生み出した。これにより、15年間に渡って観るものすべての人を驚かせる驚異の作品を生み出してきたのだ。創設以来、3Dプリンターやモーション・キャプチャーなどあらゆるテクノロジーを積極的に導入してきた中でクリス・バトラー監督は「できることは何でもしたい。必要なものは全て揃っている」と明かしている。

今回、そんなライカの最新技術の秘密に迫るメイキング映像が解禁に。VFXやCG技術を駆使しながらも、1コマずつそれでいてエネルギッシュに動きまわるキャラクターに合わせて、彼らの生きる世界に、奥行きと彩りが添えられていくのがよく分かる映像だ。VFX監督を務めるスティーブ・エマーソンが明かす解説コメントも興味深い。


ストップモーションという「過去からの遺産」と最新の「未来の技術」の相互作用によって、ライカのユニークな作品は創造されている。時代にあった最新の技術と変わらない職人魂の結晶と言える映画『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』に期待だ!


【公式】ストップモーションとCG驚異の融合!その制作過程に迫る貴重映像『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』11.13公開/特別映像
https://youtu.be/8QCQoptHS1s

____________________________________________________________

『ミッシングリンク 英国紳士と秘密の相棒』

2020年11月13日より新宿バルト9ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/missing-link
(C)2019 SHANGRILA FILMS LLC. All Rights Reserved

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事