« ムヒカを描く多くの映画がある中で見つけた自分にしか描けない「日本とムヒカ」というテーマ 田部井監督&大島プロデューサーによる初日舞台挨拶を開催!『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』 | メイン | コン・ユ3年振りのスクリーン復帰作!! チョン・ユミと初の夫婦役で魅せた化学反応 ジヨンの豹変に愕然とする夫・デヒョンの姿…『82年生まれ、キム・ジヨン』本編映像解禁 »

2020年10月 5日 (月)

”橋本環奈史上最も可愛い”と大絶賛!!絶品の表情とらえた久保監督も「勝った!」と自信 佐藤「誰しもが胸をアツくさせる」 橋本「背中を押す作品になれば」伶による主題歌「Call Me Sick」の生歌唱も!『小説の神様 君としか描けない物語』公開記念舞台挨拶

1005_002


最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリー・ベスト10」「2019ベストブック」「2019 SRミステリーの会ベスト10」「第20回本格ミステリ大賞」の5冠を受賞、さらに「2020本屋大賞」「第41回吉川英治文学新人賞」へもノミネートされるという快挙を遂げた気鋭作家・相沢沙呼の感動No.1ベストセラー青春小説が、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)&橋本環奈のW主演で映画化。『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』 が 10月2日(金)より全国大ヒット公開中だ。ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤大樹)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本環奈)の何もかもが真逆の2人が、”一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める、青春ストーリーの本作。このたび、本作の<公開記念舞台挨拶>が実施され、その模様が全国137館の映画館で生中継された。ダブル主演を務めた佐藤大樹と橋本環奈、久保茂昭監督が登壇。さらに、本作の主題歌及び挿入歌を担当した伶が、主題歌「Call Me Sick」を⽣歌唱で初披露した。


まずは、佐藤大樹・橋本環奈・久保茂昭監督が登壇。冒頭、ついに封切りされた心境を聞かれると、ナイーブで売れない小説家・千谷一也を演じた佐藤は「延期を経ての公開となりましたが、小説がテーマにもなっている本作にぴったりな“読書の秋”に公開できて本当に良かったです。事務所の先輩たちも『絶対観に行く』と言ってくれていて嬉しいです」、ドSな人気小説家・小余綾詩凪を演じた橋本は「キャスト・スタッフ一同公開が待ち遠しかったです。こうして公開できたのは、待ってくださっていたファンの皆様のおかげ。そう思うと喜びもひとしおです」と喜びのコメント。久保監督は「交友のある三木孝浩監督が公開初日に観に行って『攻めた青春映画だと思った。そして、今まで観た中で一番可愛い橋本環奈だった』と感想を送ってくれました」と、同じ監督仲間からも本作の評価が高かったことへ喜びと安堵の表情を浮かべた。

また、本作で印象に残っているエピソードについては「一也の編集者・河野(山本未來)に向かって『小説家を辞めたい』と打ち明けるシーンです。夜に撮ったのですが、その日は朝から僕と環奈ちゃんと山本さんの3人で楽しく撮影していたので、心境を整えるのが大変でしたが、久保監督もそんな僕の気持ちを察して空気を作っていただけて。気付いたら演技に熱が入って、鼻水が出るくらい泣いていました」(佐藤)「保健室で一也と詩凪が語り合うシーンです。久保監督が『一発で撮ろう』と言ってくださり、スタッフの方々もそれに合わせて準備してくださったので詩凪の感情にすっと入っていけて、スタッフの方々の愛を感じました」(橋本)と語った。

本作は映像美も大きな見所の一つ。一也と詩凪が宙へ浮かぶシーンは印象的だが、実はCGは使っていないそう。久保監督は「言わない方が良いかと…。ご想像にお任せします」と言葉を濁すと、橋本は「自分たちで飛びました(笑)」と暴露。すると監督が「大樹は飛べなかったけどね」とさらに暴露を重ね、佐藤は「ただの(飛べない)豚です」(『紅の豚』のセリフのパロディ)と会場の笑いを誘った。

また、映画のテーマにもある青春にかけた「印象に残っている自身の青春エピソード」について、佐藤は「中学生の頃に初めて行ったEXILEのライブで、HIROさんのダンスを観た時です。その翌日には小学生から続けていたサッカーを辞め、EXILEに入るためにダンスを始めることを決めました」と人生の転機を振り返った。橋本は「何気ない高校での日常生活です。福岡の女子校に通っていたのですが、仕事で修学旅行などの行事は参加できなかったんですが、友達や先生に支えられて卒業できました」と振り返った。


その後スペシャルゲストとして、本作で主題歌および挿入歌を担当した伶が登場し、主題歌『Call Me Sick』を初披露!青春ストーリーの本作にふさわしい明るく軽快な歌声を会場に響かせた伶の生歌唱を聴いた二人は「最高の一言です!」(佐藤)「この距離で聴けるのは特別感がありました!」(橋本)と絶賛。伶は「ライブや収録とは違う環境で、また、目の前にお二人や監督がいると思うと震えるくらい緊張しました」と胸の内を明かした。

また、本作でソロ・プロジェクトが始動となった伶。所属しているE-girlsでグループとして活動するときとの違いについては「新鮮な気持ちです。ソロ一作目の活動がこのような素敵な作品で、すごくやる気になったし光栄です」と心境を語り、久保監督は「伶のデビューのときからずっとMVを作っている仲で。歌詞を憑依して歌う姿がずっと好きで、原作を読んだときから伶の歌声が鳴り響いていたので、真っ先にオファーしました」と、佐藤演じる一也の心境を歌えるのは伶しかいないと感じキャスティングした経緯を語った。

さらに、主題歌・挿入歌あわせて全6曲もの楽曲が映画を彩り、類を見ない新しい構成で物語が進んでいく本作。佐藤は「勝ったな!と思いました。美しい映像に豪華な挿入歌、間違いないと思いました」と本編を初めて観た時の衝撃を語る。橋本も「珍しい構成だと思いました。でも、本編を観るとまとまっていて、鑑賞中の気持ちとリンクして、音楽の持つパワーを感じました」と続けた。

ここで、小説作りがテーマの本作にちなんで、もし自身が小説を作るとなったときのタイトルと内容を考えることに!4人を代表して佐藤が回答し、タイトルを【壁に耳あり 正直メアリー】と独特の感性を発揮し自信たっぷりにフリップを見せると、他の登壇者は失笑。ストーリーに関して聞かれると「主人公のメアリーは中学生。嘘のつけない正直者で、推理力があり、地獄耳。関わりたくない事件も思わず聞こえてきてしまうので、解決に導いていって…」と話を続けようとすると、思わず久保監督から「まだ続けますか?(笑)」とツッコミが入り、仲の良さが伺える微笑ましいシーンとなった。

最後に、中継先の観客と、これから作品を観る方々に向け「一也の持つトラウマは、誰もが持っているものだと思います。それは、ある日誰かのたった一言で武器になることもある、そう思っていただけたら嬉しいです。どんな職業の方でも、老若男女の皆様の胸がアツくなる映画です。ぜひ劇場でご覧ください」(佐藤)、「詩凪の『好きを諦めない』という言葉が好きです。夢や目標を皆さん持っていると思うんですが、挫けそうになる時もあると思います。そんなときに、この作品が背中を押すものになれば幸いです」(橋本)「誰もが経験する壁を乗り越える、そのきっかけになる映画だと思います。あと病院の中庭で環奈ちゃんが『あなたの文章なら信じられる』と振り返って言うシーンの表情が絶品でそのシーンを撮った時、勝った!と思いました(笑) 。ぜひ注目してほしいです! 」(監督)とそれぞれにメッセージが送られ、和やかな雰囲気の中イベントは終了した。

____________________________________________________________

『小説の神様 君としか描けない物語』

2020年10月2日より全国にて
配給:松竹
(C)2020「小説の神様」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事