« 『事故物件 恐い間取り』一体どこに?!あなたは見つけられる?“いつもと違う”コウメ太夫も恐ろしい姿でこっそり出演 実はあのコンビやこの人も!お笑い芸人総勢24名が大集結! | メイン | 『思い、思われ、ふり、ふられ』“ふりふら”初の番外編を収録した小冊子 映画特別巻 入場者プレゼントに決定! »

2020年9月 3日 (木)

『ミッドウェイ』ドッグファイト全盛期の空戦を完全再現!“恐れを知らない”米機SBDドーントレスvs.日本軍戦闘機《本編映像解禁》

0903_004


『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運命を決した歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』が9月11日(金)より全国公開となる。本作の本編映像の第2弾が解禁となった。


未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦。激突したのは、日本とアメリカ。1942年、北太平洋のハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦、世界最大の大和を含む超弩級の戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦が出動し、空中、海上、海中、そのすべてが戦場となった。そしてそこには、両軍ともに、国を愛し、覚悟を持って戦った男たちがいた…。司令官たちの緊迫した頭脳戦、パイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを船上から迎え撃つ決死の海上戦による運命の3日間──何が、彼らの勝敗を分けたのか…?


監督は、『インデペンデンス・デイ』シリーズのローランド・エメリッヒ。観客のド肝を抜く一大スペクタクル映像の第一人者が、20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の貴重な資料をもとに、両軍に敬意を捧げて史実を忠実に再現。キャストには、山本五十六、チェスター・ニミッツをはじめとした実在の人物を演じるために、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼など日米の実力派俳優が集結した。


この度、本編映像の第2弾として解禁されたのは、迫力満点の空中戦“ドッグファイト”のシーン。米軍の若きカリスマパイロットのディック・ベスト大尉(エド・スクライン)が、太平洋上に浮かぶマーシャル諸島にある日本軍飛行場の爆撃に成功した場面からはじまる。ベスト大尉が駆る機体は“恐れを知らない”という名をもつSBDドーントレス。急降下爆撃機でありながら、良好な運動性と強力な機銃を備えており、爆弾を投下して身軽になると日本軍機を相手に空戦を行うこともあった。飛行場の破壊に成功したのもつかの間、日本軍の戦闘機から反撃されドッグファイトへと突入する。まずヘッドオン(正対機動)ですれ違いざまに1機を撃墜するも残り2機に後方を取られると、ベスト大尉は艦上急降下爆撃機ならではの装備の後部機関銃を操作するマレーに「敵機を追い払え」と指示する。島内陸部の地形を活かし巧みに旋回しながら最後の敵機を振り払おうと急上昇し、その直後にハンマーヘッド機動で急降下へと切り返して日本軍機からの離脱を試みる。主観から客観へと目まぐるしく視点が入れ替わる緊迫した映像は思わず手に汗握るシーンだ。

映画『ミッドウェイ』本編映像|手に汗握る“ドッグファイト”編
https://youtu.be/1vihEiDGb-M

____________________________________________________________

『ミッドウェイ』

2020年9月11日 より TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:キノフィルムズ
(C) 2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34215527

『ミッドウェイ』ドッグファイト全盛期の空戦を完全再現!“恐れを知らない”米機SBDドーントレスvs.日本軍戦闘機《本編映像解禁》を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事