« 佐藤大樹「必ず共感する」 橋本「心に刺さる作品」『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』公開直前イベント | メイン | アジア初の火星探査機打上げを成功させた奇跡の実話『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』公開決定! »

2020年9月30日 (水)

愛する叔母がナチ安楽死政策の犠牲に…『ある画家の数奇な運命』本編特別映像解禁

0930_003


第75回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品し高評価を獲得、第 91 回アカデミー賞®外国語映画賞にもノミネート!⻑編初監督作『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞®外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が、現代美術界の巨匠であり、ときにオークションで数十億円の価格がつくアーティスト、ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに祖国ドイツの“歴史の闇”と“芸術の光”に迫った『ある画家の数奇な運命』の日本公開日が 10/2(金)に決定!このたび、主人公クルトの愛する叔母がナチの安楽死政策の犠牲になる本編映像が解禁となった。

ナチ政権が勢力を誇っていた時代、精神障害者や身体障害者は生きるに値しない命として“安楽死”政策が強制的に執行されていた。主人公クルト(トム・シリング)の叔母(ザスキア・ローゼンダール)は、豊かすぎる感受性ゆえ精神のバランスを崩し、その対象者となってしまう。必死の抵抗もむなしく、ドイツ赤十字職員によって家から無理やり連れ出されていく叔母。その残酷な姿を幼いクルトに見せまいと母は思わずその目を覆うが、クルトは拒否して最愛の叔母の姿を見つめ続け、一体何が起こっているのかを必死に理解しようとする。押し込まれた車両の中から叔母がクルトに送った最後の言葉は「目をそらさないで」というメッセージだった・・・。愛する叔母がナチの安楽死政策の犠牲になったことで皮肉にもその言葉はクルトの魂に刻まれることになり、その後画家を目指すことになる彼の芸術家としての生き方を決定づけるシーンとなっている。

愛する叔母がナチ安楽死政策の犠牲に…10/2(金)公開『ある画家の数奇な運命』本篇映像
https://youtu.be/kBZxJlSpgzw

____________________________________________________________

『ある画家の数奇な運命』

2020年10月2日よりTOHO シネマズ シャンテほか全国にて
配給:キノフィルムズ・木下グループ
公式HP:http://neverlookaway-movie.jp/
(C)2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34217215

愛する叔母がナチ安楽死政策の犠牲に…『ある画家の数奇な運命』本編特別映像解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事