« 『ミッドウェイ』「米国人俳優たちも感激した」豊川悦司、浅野忠信、國村隼の日本を代表する実力派俳優の名演シーン解禁! | メイン | 岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』、『チィファの手紙』主題歌MV&中国版ポスター解禁 »

2020年9月11日 (金)

映画『朝が来る』公開記念 母と子の写真展  by LESLIE KEE 開催決定!

0911_004


10月23日(金)より全国公開となる河瀨直美監督最新作『朝が来る』。河瀨監督と親交の深い写真家のレスリー・キー発案のもと、特別養子縁組で家族になった母子14組の写真撮影を行い、来る9月12日(土)より、SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)にて写真展を開催されることとなった。


写真展の開催に当たり、オープニングイベントとしてレスリー・キーと河瀨監督、そしてスペシャルゲストとして、レスリーと親交の深い小室哲哉を迎え、映画『朝が来る』や特別養子縁組にまつわる鼎談トークショーが実施されることとなった。河瀨監督は、9月12日同日に行われるTETSUYA KOMURO ONLINE PROGRAM「Ground TK」にもゲスト出演する。写真展に際し、河瀨直美監督とレスリー・キーからコメント到着した。


●河瀨直美監督 コメント
レスリーはいつも「愛」を欲しがる人だ。そしていつも存分の「愛」を与える人でもある。彼の「愛」は彼の写す写真によって表現され、人々の心を「愛」でいっぱいにする。今回の写真は彼のライフワークでもある「Mother」シリーズの一貫であるが、私の新作「朝が来る」の題材にもなった特別養子縁組によって本当の親子になった「母と子」が登場する。彼らは血の繋がりはなくとも、繋がれた絆の深さは海よりも深く、山よりも高い。そんな笑顔に溢れた彼らの姿から、愛ある豊かな世界を感じてもらえると思っている。レスリーの愛が世界を覆うように。


●レスリー・キー氏 コメント
シングルマザーに育てられた僕は、13歳の時に実母を亡くし、その後、遠縁にもあたる祖母ぐらいの年齢の叔母に育ててもらったという経験があります。敬愛する河瀨直美監督の新作『朝が来る』に描かれた「血の繋がりを超えて家族になることの尊さ」に共感を覚え、僕のライフワークでもある「母と子」というテーマで、映画にも登場する「養親家族」を14組撮影させていただきました。コロナ禍の今だからこそ、人と人との絆や、家族の在り方について、考えていただくきっかけになると嬉しいです。
              LESLIE KEE (Photographer)


■映画『朝が来る』公開記念 母と子の写真展 by LESLIE KEE
・開催会場:SHIBUYA QWS(渋谷キューズ) 渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 15階
        共有スペース壁面にて ※SHIBUYAQWS内にお入り頂かなくてもご観覧が可能です
※B2階と2階の【オフィス・SHIBUYA QWS専用エントランス】より、エレベーターで15階にお越しください。
・開催日時:9月12日(土)~18(金)まで 連日:9:00~22:00
・主催:キノフィルムズ、共催:SHIBUYA QWS


★写真展開催記念トークショー(招待者のみの、一般観覧不可):
  9月12日(土)13:00~ 於)SHIBUYA QWS内 スクランブルホール
  登壇者:河瀨直美監督、レスリー・キー氏、小室哲哉氏

____________________________________________________________

『朝が来る』

2020年10月23日より全国にて
配給:キノフィルムズ
(C)『朝が来る』Film Partners

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34216082

映画『朝が来る』公開記念 母と子の写真展  by LESLIE KEE 開催決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事