« 柳楽優弥、海外合作映画初主演!『ターコイズの空の下で』2021年2月26日(金)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー決定! | メイン | 『マーティン・エデン』主演ルカ・マリネッリ&ピエトロ・マルチェッロ監督登壇! 待望の日本公開を記念してオンライントークイベント開催決定! »

2020年9月15日 (火)

門脇 麦 × 宮沢氷魚 出演 齊藤 工 監督最新作『ATEOTD』9月25日(金)イオンシネマ ほか 全国公開決定!

0915_002


俳優・フィルムメーカー・白黒写真家などマルチに活躍を続ける斎藤工が齊藤工名義で企画・脚本・監督を務めた最新短編映画『ATEOTD』(アテオット)。9月25日(金)、イオンシネマほか全国上映が緊急決定!ポスターヴィジュアルも解禁となった。


本作は、8月末に齊藤が監督して話題となった安藤裕子の4年半ぶりの新アルバム「Barometz」収録曲の最新ミュージックビデオである7分28秒の「一日の終わりに」をショートフィルム作品として制作したもので、ATEOTDとは「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字を繋げた略語。安藤裕子の楽曲とイラストがもつ唯一無二の世界観と齊藤工のイマジネーションが交点をもった物語を支えるのは、実力派俳優・門脇麦、宮沢氷魚。100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族も失い、自身もまたその病に蝕まれる運命を背負いながら天涯孤独にただ日々その一日を生きぬく男女の儚い夢と希望を繊細に描きだす。また、劇中の絵も全て安藤裕子が手掛けている。


緊急事態宣言下にも「今だからできること」を模索し、リモート映画制作プロジェクト「TOKYO TELEWORK FILM」(TTF)の発足や映画館支援「Mini Theater Park」を通じて積極的に映画人として活動してきた齊藤工が原案・脚本・監督を務める本作もコロナ禍の現在と真摯に向き合うテーマを内包しながら、今この世界を生きる全てのひとに希望の光が差し込むような救いの力を提示する。


孤立無援のモノクロームの世界のなかで、きっとどこかにいる“あの人”に会いたい、触れたいという願いを糧に一日をひたむきに生きることで起こる色彩豊かな奇跡の物語。また、本作は、清水康彦(MANRIKI) 監督によるリモート作品・TTF#6「でぃすたんす」および本作のメイキング映像も併映となる。

____________________________________________________________

『ATEOTD』

2020年9月25日よりイオンシネマほか全国にて
配給:イオンエンターテイメント
(C)『ATEOTD』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34216312

門脇 麦 × 宮沢氷魚 出演 齊藤 工 監督最新作『ATEOTD』9月25日(金)イオンシネマ ほか 全国公開決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事