« 『窮鼠はチーズの夢を見る』香港の大スター レスリー・チャンからインスピレーションを受けた!胸を締め付ける名シーン誕生秘話とは | メイン | 『TENET テネット』全米2週連続No.1‼世界興行収入は2億ドル突破!「世界中の観客がこの映画を観るために劇場へ帰ってきた」あの“ジョーカー”も祝福する!30秒最新映像解禁!! »

2020年9月15日 (火)

『おらおらでひとりいぐも』沖田修一監督作品初選出!ワールドプレミアで世界へ!第 25 回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門に正式招待

0915_005


『おらおらでひとりいぐも』が 10 月 21 日~30 日(現地時間)で開催が予定されている第 25 回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門で正式招待作品として選出、上映が決定した。釜山国際映画祭は、例年約 20 万人が訪れるアジア最大級の映画祭として知られている。「アジア映画の窓」部門は、さまざまな視点とスタイルを持つ、アジアが誇る才能豊かな映画監督たちの優れた作品を紹介する部門。過去には『楽園』(瀬々敬久監督/19)、『ある船頭の話』(オダギリジョー監督/19)、『愛しのアイリーン』(𠮷田恵輔監督/18)、『日日是好日』(大森立嗣監督/18)等が日本より選出され、第 22 回釜山国際映画祭では『羊の木』(吉田大八監督/18)が「アジア映画の窓」部門の最高賞であるキム・ジソク賞を受賞している。


沖田修一監督作品が本映画祭に選出されるのは今回が初めて。映画祭プログラマーは本作を「安らぎを必要としている我々の今の時代にささやかな感銘を与えてくれる作品」と評し、監督は「一人で暮らす、おばあさんの寂しさとの心の葛藤を、描いた作品です。変わった形ではありますが、おそらく、どこの国でも、思いあたる話ではないでしょうか。」とコメントし、映画祭での反応を楽しみにしている。


例年、「アジア映画の窓」部門の中からノミネートされた数作品から、釜山国際映画祭の創設メンバーのひとりでありアジア映画の成長に尽力したキム・ジソク氏の名が冠せられた「キム・ジソク賞」が選出される。

【沖田修一監督コメント】
このたびは、釜山国際映画祭「アジア映画の窓部門」での上映、ありがとうございます。「おらおらでひとりいぐも」という作品は、一人で暮らす、おばあさんの寂しさとの心の葛藤を、描いた作品です。変わった形ではありますが、おそらく、どこの国でも、思いあたる話ではないでしょうか。釜山でどんな反応があるのか、今から楽しみにしております。


【釜山国際映画祭プログラマー コメント】
沖田修一監督の作品は、いつも穏やかで、あたたかな「救い」です。ひとりぼっちになってしまった高齢女性の人生を、繊細かつユーモアたっぷりに描いた『おらおらでひとりいぐも』もまた、安らぎを必要としている我々の今の時代にささやかな感銘を与えてくれる作品です。


____________________________________________________________

『おらおらでひとりいぐも』

2020年11月6日より全国にて
配給:アスミック・エース
公式HP:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/
(C)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34216315

『おらおらでひとりいぐも』沖田修一監督作品初選出!ワールドプレミアで世界へ!第 25 回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門に正式招待を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事