« 『TENET テネット』岩田剛典、3年ぶりにクリストファー・ノーラン監督と再会!映画館のリアル脱出ゲーム!ノーラン愛全開のコメント予告も解禁!! | メイン | 芦田愛菜が語る“信じること”に永瀬正敏絶賛!流れ星に込めた願いは「猫と話したい」『星の子』完成報告イベント »

2020年9月 4日 (金)

シャーリーズ・セロン、グザヴィエ・ドランら、今を煌めく映画人が大絶賛!あまりに圧倒的な愛に心震える、映画史に残る愛の物語、遂に日本解禁――『燃ゆる女の肖像』12/4(金)公開決定!日本版予告編解禁!

0904_003


昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞をW受賞し、世界の映画人が絶賛を惜しまないフランス映画
「PORTRAIT OF A LADY ON FIRE」(英題)が、邦題『燃ゆる女の肖像』として12/4(金)よりTOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開されることが決定した。合わせて、結ばれるはずのない運命のもとで燃え上がる愛と喪失を捉え、息をのむほどに美しい映画の世界観が堪能できる日本版予告編も解禁となった。

本作は、ハリウッドのトップ女優のひとりであるシャーリーズ・セロンが「この映画を本当に愛している」と絶賛し、アカデミー賞女優ブリー・ラーソンは“後世に残したい作品”に本作を挙げ、天才監督グザヴィエ・ドランを「こんなにも繊細な作品は観たことがない」と夢中にさせるなど、今を煌めく映画人を次々に虜にしている話題作。カンヌでは脚本賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたほか、世界の映画賞で44もの賞を受賞。ヨーロッパでのヒットに続き、アメリカでも過去公開された外国語映画の歴代トップ20入りを果たす大ヒットとなった。さらに、テイラー・スウィフトの最新アルバム「Folklore」のアートワークが本作の影響を受けているのではないかという推測がSNSでしきりに飛び交うなど、本作に魅せられているのは映画人に留まらない。


メディアからも「驚くほど美しい、最高傑作!」(TheObserver)、「とにかく素晴らしいこの映画を見逃してはならない。」(Pajiba)、「いつまでも 記憶に残る、愛と追憶のストーリー。」(IndieWire)、「強烈で生き生きとした油絵のような映画。」(Screen International)等、各誌で称賛されたほか、アメリカのWEBメディアIndieWireの“世界の批評家304人による2019年ベストフィルム”第5位に選出された。アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは98%フレッシュ(8/28時点)をたたき出している。そんな世界が絶賛を惜しまない必見の一作が、日本でもついにベールを脱ぐー!


監督は本作で長編映画5作目ながらにして輝かしい受賞歴を誇るセリーヌ・シアマ。マリアンヌには本作でセザール賞にノミネートされたノエミ・メルラン。エロイーズにはシアマ監督の元パートナーで、セザール賞2度受賞のアデル・エネル。フランスで今最も熱い称賛をまとう女優ふたりが織りなす、そのひとの眼差しを、唇を、微笑みを、そして別れの瞬間の姿を思い出すだけで、息が止まるほど愛おしく切なく、蘇る情熱が命を満たす――そんな鮮烈な恋の、決して消えることのない燃ゆる炎を描く、一生忘れ得ぬ愛の物語が誕生した。


【公式】映画『燃ゆる女の肖像』本予告 12/4公開
https://youtu.be/56y2GWHMaoU

____________________________________________________________

『燃ゆる女の肖像』

2020年12月4日よりTOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/portrait/
(c) Lilies Films. 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事