« 『グッド・ワイフ』公開記念!マルケス・アベヤ監督オンライントーク試写会開催! | メイン | 『ミッドウェイ』ハリウッドの破壊王が新たな境地へ!!超弩級の映像と歴史的真実が日米の視点で描かれる両国の思惑と覚悟が垣間見える予告編解禁! »

2020年7月10日 (金)

公開記念特別番組で語られる、日本映画史上最大の作品への覚悟と意志『Fukushima 50』 公開記念特別番組:映像解禁

0710_002



2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、家族を、そしてふるさとを守るため死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、邦画初となる米軍の撮影協力も得るなど、日本映画史上最大級のスケールでの映画化が実現した!3月6日(金)に公開を迎え、週末興行ランキング2週連続1位を獲得。SNS上でも大きな議論を巻き起こし、期間限定でのストリーミング配信も大きな話題を呼んだ本作。そんな本作が全国公開時に放送された『Fukushima 50』公開記念特別番組の映像がオンライン上で解禁となった。

特別番組ではは2019年4月のクランクアップ記者会見、2020年1月に福島県郡山市で行われた先行特別試写会での主演・佐藤浩市、渡辺謙、若松節朗監督による舞台挨拶、同じく1月に行われたワールドプレミアイベントの様子などを収めている。更には本映像でのみ見ることの出来る佐藤、渡辺、若松監督の特別インタビュー映像と本作の過酷な撮影の裏側を収めたメイキング映像も収録されており、『Fukushima50』(フクシマフィフティ)がどのような想いを込められて制作されたのか、日本を代表する俳優たちがどれだけの強い意志を持って出演しているのかを強く感じられる映像となっている。公開から4カ月が経った今もなお全国約150館で上映されており、現在も多くの方々に勇気と感動を与えている。『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』は全国にて公開中。

映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)特別番組
https://www.youtube.com/watch?v=H-R9HIY-n18

____________________________________________________________

『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』

2020年3月6日より全国にて
配給:松竹、KADOKAWA 
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34212083

公開記念特別番組で語られる、日本映画史上最大の作品への覚悟と意志『Fukushima 50』 公開記念特別番組:映像解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事