« 2020年6月 | メイン

2020年7月

2020年7月13日 (月)

図書館内に全裸の男性!?静かな館内で大ヒット曲「I Can See Clearly Now」の歌声が響く!『パブリック 図書館の奇跡』本編映像解

0713_004


名優エミリオ・エステベス監督の最新作『パブリック 図書館の奇跡』を7/17(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となる。図書館という、誰もが利用したことのある身近で物静かな空間を舞台にした“あっと驚く”ヒューマン・ドラマが誕生。記録的な大寒波の到来により、緊急シェルターがいっぱいで行き場がないホームレスの集団が図書館のワンフロアを占拠。突如勃発した大騒動に巻き込まれたひとりの図書館員の奮闘を軸に、予測不可能にして笑いと涙たっぷりのストーリーが展開していく。ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイにインスピレーションを得て、完成までに11年を費やし監督したのは名優、エミリオ・エステベス。先日行われたオンライン試写会でいち早く鑑賞した方からは、「パブリック=公共のあるべき姿、貧困への無知、誰の権利を守るべきかなどの難しい社会問題を、ユーモラスな演出で分かりやすく説き、社会に訴えかけた傑作。コロナ禍への支援の輪が広がる中で、その追い風となるであろう映画。」「重いテーマの反面、ヒューマンドラマとしての温かみもありとても観やすい作品。」「理不尽には声をあげよう、そう明るく前向きになれたラストでした。泣いた」と絶賛の口コミで盛り上がっている!

続きを読む »

メル・ギブソンが 20 年かけて映画化!!メル・ギブソン × ショーン・ペン 初共演『博士と狂人』邦題決定&公開日決定!

0713_003


メル・ギブソンとショーン・ペンが初共演を果たした話題作「The Professor and The Madman」が、邦題『博士と狂人』に決定し、10 月 16 日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショーされることが決定した。

続きを読む »

ダニエル・ラドクリフ主演最新作『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』日本版予告解禁!

0713_002


ダニエル・ラドクリフ主演最新作『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』(9/18(金)、シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開)の日本版予告解禁となった。

続きを読む »

吉野北人の宮崎弁に萌え「みんな元気しちょっけ?この作品を観たら絶対ハッピーになれるから」『私がモテてどうすんだ』公開記念舞台挨拶

日時:7月11日(土)
登壇者:吉野北人 神尾楓珠 山口乃々華 富田望生 伊藤あさひ 奥野壮 平沼紀久監督

0713_001


累計発行部数300万部突破でアニメ化もされた超人気コミック「私がモテてどうすんだ」が映画化され、7月10日(金)より全国大ヒット公開中。自分の恋よりもイケメンたちのカップリングに萌える妄想大好き女子が、ある日激ヤセして超絶美少女に!学校のスーパーイケメン4人から、突然モテまくってしまって...!?という、笑いあり!歌あり!踊りあり!の抱腹絶倒なラブコメディだ。出演は、スーパーイケメン4人組に『HiGH & LOW THE WORST』の吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」の神尾楓珠、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の伊藤あさひ、 「仮面ライダージオウ」の奥野壮(男劇団 ⻘山表参道X) と最旬な若手俳優が集結。ヒロインを二人一役で演じるのは、E-girlsの山口乃々華と、「美食探偵 明智五郎」の富田望生。本作の公開を記念して公開記念舞台挨拶が実施され、その模様が全国290館の劇場にてライブビューング中継された。

続きを読む »

『横須賀綺譚』初日満席スタート!舞台挨拶に、しじみ・川瀬陽太・湯舟すぴか・長屋和彰・大塚信一監督登壇 川瀬陽太「コロナ禍の今にこそ観てほしい作品」

0713_006


7月11日(土)に新宿K’scinemaにて映画『横須賀綺譚』が公開初日を迎え、しじみ・川瀬陽太・湯舟すぴか・長屋和彰・大塚信一監督が登壇、満席の客席を前に作品への熱い思いを語った。本作は震災により亡くなったと思われていたかつての恋人が「生きているかもしれない」との怪情報を得て旅に出る男の姿を追うヒューマンミステリー。主人公・春樹役に『恋の罪』『こっぱみじん』『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などで注目を集めた小林竜樹、ヒロイン知華子役に今泉力哉監督作品『終わってる』や『ウルフなシッシー』などのしじみを迎え、共演者にインディーズ映画から『シン・ゴジラ』といった大作、『anone』などの TV ドラマまで幅広く活躍する川瀨陽太、烏丸せつ子、湯舟すぴか、長屋和彰らが脇を固める。監督・脚本は劇場公開作品としては長編デビューとなる大塚信一。普段はラーメン屋で働きながら本作を5年かけて完成させ、カナザワ映画祭2019にて期待の監督賞を受賞した。

続きを読む »

キャスト・監督が”河童”に扮して登壇?!近藤芳正、若手俳優のサポートを会場で特別懇願!!『河童の女』初日舞台挨拶

0713_005


7月11日(土)に映画『河童の女』の初日舞台挨拶が行われた。動員224万人を突破し、社会現象と化した上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』など数々の話題作を輩出しているENBUゼミナール主催の「シネマプロジェクト」 最新作(第9弾)『河童の女』が7/11(土)より新宿K’s cinemaにて公開となった。(7/18(土)より池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開。)公開を記念して、主演の青野竜平、郷田明希、ゲスト出演の近藤芳正、51歳の新人監督である辻野正樹をはじめ、キャスト・監督計14名が、新宿 K’s cinemaに集結!満席(1席空けで着席)の会場に、全員映画オリジナル河童マスクを着用し登壇した。


続きを読む »

2020年7月10日 (金)

『ミッドウェイ』ハリウッドの破壊王が新たな境地へ!!超弩級の映像と歴史的真実が日米の視点で描かれる両国の思惑と覚悟が垣間見える予告編解禁!

0710_004


『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運命を決した歴史的海戦を 20 年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』が、9 月 11 日(金)より全国公開となる。本作の、予告編と新ポスタービジュアルが解禁となった。

続きを読む »

公開記念特別番組で語られる、日本映画史上最大の作品への覚悟と意志『Fukushima 50』 公開記念特別番組:映像解禁

0710_002



2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、家族を、そしてふるさとを守るため死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、邦画初となる米軍の撮影協力も得るなど、日本映画史上最大級のスケールでの映画化が実現した!3月6日(金)に公開を迎え、週末興行ランキング2週連続1位を獲得。SNS上でも大きな議論を巻き起こし、期間限定でのストリーミング配信も大きな話題を呼んだ本作。そんな本作が全国公開時に放送された『Fukushima 50』公開記念特別番組の映像がオンライン上で解禁となった。

続きを読む »

『グッド・ワイフ』公開記念!マルケス・アベヤ監督オンライントーク試写会開催!

0710_003


最悪の経済危機に見舞われた1982 年のメキシコを舞台に、アッパークラスの主婦たちの戦いを描いた映画『グッド・ワイフ』が、2020 年 7 月10 日(金)より YEBISU GARDEN CINEMA を皮切りに全国順次公開となる。本作の公開を記念して、7月8 日(水)にアレハンドラ・マルケス・アベヤ監督のオンライントーク付特別試写会がインスティトゥト・セルバンテス東京にて開催された。

続きを読む »

佐藤浩市、渡辺謙が語る最前線で戦う人への感謝“一番大切なのは現場の声”『Fukushima 50』カムバック上映記念舞台挨拶

0710_001


2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、2020年3月6日(金)に全国公開。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、家族を、そしてふるさとを守るため死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、邦画初となる米軍の撮影協力も得るなど、日本映画史上最大級のスケールで映画化した『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)、いよいよ公開!!公開から4カ月が経ち佐藤浩市、渡辺謙がカムバック上映記念舞台挨拶に出席し、改めて作品に対する想いと喜びを語った。

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事