« 『おらおらでひとりいぐも』田中裕子、蒼井優、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎 部屋にいる 5 人は全員桃子さん!?ビジュアル&追加キャスト情報解禁 | メイン | 日本におけるロックの源流“頭脳警察”50年の足跡を映画化!『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』メインビジュアル&予告編解禁!PANTA、TOSHIからのコメント到着! »

2020年6月22日 (月)

<暴力の伝道師>S・クレイグ・ザラー待望の日本初公開!!『ブルータル・ジャスティス』日本公開決定 & メイン写真解禁

0622_004


ミュージシャンや文筆家としても活躍し、2015年の監督デビュー作『トマホーク ガンマンvs食人族』、続く『デンジャラス・プリズン ―牢獄の処刑人―』が圧倒的な高評価を獲得し、その容赦なき暴力描写や独特の世界観から、ジャンル映画ファンを中心に大きな注目を集めている気鋭の監督S・クレイグ・ザラー。彼の最新作『DRAGGED ACROSS CONCRETE』が、邦題『ブルータル・ジャスティス』として8月28日(金)より待望の日本公開されることが決定した。


本作の監督を務めたのは、人喰い先住民とガンマンたちとの凄絶な戦いを描いた『トマホーク ガンマンvs食人族』、ドラッグディーラーが取引失敗の代償として刑務所内で男の殺害を命じられる『デンジャラス・プリズン ―牢獄の処刑人―』、 過去2作がともにカルト的な人気と高い評価を得ながらも日本未公開だったS・クレイグ・ザラー!本作が待望の日本初公開となる。


そして、主演はアカデミー賞®作品賞ほか6部門へのノミネートを果たした監督作『ハクソー・リッジ』が記憶に新しい名優メル・ギブソン。相棒にヴィンス・ヴォーンを迎え、息のあった名演を披露している。 さらに、トリー・キトルズ、マイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ドン・ジョンソンのほか、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』のトーマス・クレッチマンが極悪非道な強盗犯を演じるなど、個性派俳優が大集結!


第40回ゴールデンラズベリー賞において、「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞」の候補入りを果たした容赦なき暴力描写、ウィットに富んだ会話、手に汗握る衝撃的な展開、『リーサル・ウェポン』『バッドボーイズ』『マイアミ・バイス』など、脈々と続く刑事バディ・アクションの系譜に新たな傑作が誕生した。

____________________________________________________________

『ブルータル・ジャスティス』

2020年8月28日より新宿バルト9、梅田ブルク7にて
配給:クロックワークス
COPYRIGHT (C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34210825

<暴力の伝道師>S・クレイグ・ザラー待望の日本初公開!!『ブルータル・ジャスティス』日本公開決定 & メイン写真解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事