« 中村倫也のサプライズパネルに観客大興奮!中村「楽しんでもらえると胸を張れる作品」と作品に太鼓判『水曜日が消えた』配信舞台挨拶イベント | メイン | 『おらおらでひとりいぐも』田中裕子、蒼井優、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎 部屋にいる 5 人は全員桃子さん!?ビジュアル&追加キャスト情報解禁 »

2020年6月22日 (月)

第 91 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品『ある画家の数奇な運命』秋日本公開決定 本ポスタービジュアル解禁

0622_001


第 75 回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品し高評価を獲得、第 91 回アカデミー賞®外国語映画賞にもノミネート!⻑編初監督作『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞®外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が、現代美術界の巨匠であり、ときにオークションで数十億円の価格がつくアーティスト、ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに祖国ドイツの“歴史の闇”と“芸術の光”に迫った最新作『NEVER LOOK AWAY』(英題)の邦題が『ある画家の数奇な運命』として、この秋 TOHO シネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定! あわせて本ポスタービジュアルが解禁となった。


ナチ政権下のドイツ。少年クルトは芸術を愛する叔母(ザスキア・ローゼンダール)の影響から、絵画に親しむ日々を送っていた。ところが、もともと繊細な感情の持ち主だった叔母は突如日常の精神のバランスを崩し、強制入院の果て、国家によって行われていた精神を患う患者への“安楽死政策”によって命を奪われてしまう。それから数年後、ついに終戦を迎え、成⻑したクルト(トム・シリング)は東ドイツの美術学校に進学し、そこで出会った、亡き叔母の面影を持つ女性・エリー(パウラ・ベーア)と恋におちる。だが、その出逢いには、悲劇的な宿命が秘められていることを、二人は知る由もなかった。婦人科の名医で元ナチ高官である彼女の父親(セバスチャン・コッホ)こそが叔母を死へと追い込んだ張本人だったのだ。誰もその残酷な巡り合わせに気づかぬまま二人は結婚するが、やがて、東ドイツのアート界で推奨された社会主義リアリズムに疑問を抱いたクルトは、ベルリンの壁が築かれる直前に、芸術の自由を求めてエリーと⻄ドイツへと逃亡する。晴れて美術学校で創作に没頭し新たな作風を模索するが、教授からそれらを全否定され、もがき苦しむクルト。だが、死によって離れ離れになっても魂に刻み続けていた、芸術を愛していた叔母の「真実はすべて美しい」という言葉を信じ続けていたクルトは、ついにその言葉に導かれるように、自分だけの表現方法を発見、新作を完成させる。しかしそれは、ナチ高官としての罪深い過去を隠し続けた義父の欺瞞を告発していた―


本ポスタービジュアルは「目をそらさない。その信念が、真実を描き出す」というキャッチコピーとともに自分が信じる<絵画の可能性>から目を逸らさず、そして挑戦し続けるクルトが、その強い意志を体現するかのように、真剣な眼差しと共に、真っ白なカンバスへとまっすぐに正面から向き合うもの。ほか、いなくなってからも自分を静かに導き続ける叔母、そして美術学校で出会った善き理解者の妻・エリーの笑顔、そして、自身の運命も狂わすことになるエリーの父の姿が切り取られたれ、それぞれの複雑な人生や、そこに生きる彼らの人生の瞬間をきりとったものとなっている。

クルトの苦悩と葛藤は、信じるものに向き合い、命をもかけることで、希望と喜びへと昇華していく。今日の悲しみを、未来の幸福へと変える術があることを、美しい絵画と共に見せてくれる感動の物語。


____________________________________________________________

『ある画家の数奇な運命』

2020年秋よりTOHO シネマズ シャンテほか全国にて
配給:キノフィルムズ・木下グループ
公式HP:http://neverlookaway-movie.jp/
(C)2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34210821

第 91 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品『ある画家の数奇な運命』秋日本公開決定 本ポスタービジュアル解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事