« 『今宵、212 号室で』海野つなみ、ジェーン・スー、秋吉久美子ら各界著名人から絶賛の声続々!&『モトカレマニア』の瀧波ユカリから描き下ろしイラストが到着! | メイン | 陸・海・空入り乱れのバトルが4DXでパワーアップ!!潜水艦の乗組員を水や振動で追体験!!『ハンターキラー 潜航せよ』≪4DX≫上映、ついに解禁! »

2020年5月26日 (火)

ほんとうにR15+でいいのか!?世に放たれた狂人が、抑制不能な不安と興奮に包まれた!実在の殺人鬼の狂った心情に迫る実録スリラー『アングスト/不安』予告編解禁!

0526_001


7 月 3 日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開となる、映画『アングスト/不安』の予告編が解禁となった。1983 年、それまでジャンル映画が存在しなかったオーストリアで突然変異のように誕生した、あまりにも”異常“かつ、あまりにも”危険”な傑作映画『アングスト/不安』が 37 年の時を経て、7月 3 日(金)より日本劇場初公開される。

本作は、1980 年に同国で実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。刑務所出所後の殺人鬼=狂人が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を凶暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が”異常“であり、他に類を見ない芸術性を発揮した衝撃的作品。


しかし、83 年公開当時はそのショッキングすぎる凄まじい内容により本国オーストリアでは 1 週間で上映打ち切り、他ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。アメリカでは XXX 指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開されず『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで 1988 年にレンタル用 VHS が発売されたが、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、以降観たくても観れない作品となり現在に至る。


この度解禁となった予告編は、イタリアの詩人ダンテによる長編叙事詩「神曲 地獄篇」より、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という一節が冒頭に映し出される場面から始まる。これは、ジェラルド・カーグル監督の要望により今回日本版の予告のみに入れたもの。この門をくぐる者=この映画を観る者への警告ととれる言葉だ。そして、次に映し出されるのは『U・ボート』(81)、『アンダーワールド』(03)の俳優アーウィン・レダー扮する主人公 K.。シャツにジャケットを合わせた一見普通の青年風だが、瞬きひとつせずそわそわした様子である屋敷を訪ね、出てきた老婆を何の迷いもなく撃ち、刑務所へ収監。何やら危険な幻想を抱きつつ出所の日を迎える......。その後、狂人が世に放たれてしまったことにより取り返しのつかない惨劇が起こる様子が疾走感溢れるタッチで切り取られている。元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツによる冷たく脈打つようなエレクトロサウンドと、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(81)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらの MV で知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキによる独特のカメラワークが予告からも感じられ、K.の不安な様子を観る者も一緒に感じるような予告編となっている。本編では途方もない蛮行が展開され、痛恨の映画鑑賞体験となる可能性があるため、この予告編をじっくり見て鑑賞するかを判断してもらいたい。


世界各国で上映禁止、日本の映倫審査員からは「R15+だが精神的に滅入る内容」と判定を受けた、恐ろしい映画でありながら、芸術性の高さにも注目いただきたい唯一無二な傑作『アングスト/不安』は、7 月 3 日よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

映画『アングスト/不安』予告編
https://youtu.be/StQiz2Ke_gM

____________________________________________________________

『アングスト/不安』

2020年7月3日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開
配給:アンプラグド 
(C)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事