« クォン・サンウ主演!韓国240万人動員メガ・ヒット!!売れない漫画家。その正体は、元最強の暗殺者―。映画『ヒットマン エージェント:ジュン』公開決定 | メイン | リュック・ベッソン流ヒロイン・アクションの到達点!『ANNA/アナ』この取り調べ、緊張不可避!!妖しい青い瞳で、相手を見透かすキリアン・マーフィの切れ者感漂う本編映像解禁 »

2020年5月28日 (木)

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』6月13日(土)公開初日正式決定!(今年限り特別上映)&『気狂いピエロ』(日本最終上映)『女と男のいる舗道』『女は女である』も同時上映!

0528_002


新型コロナウィルスにより休館中だった新宿K’s cinema再開後の皮切り公開となる『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』。アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を寿ぐはずだった2020年を目前にして昨年の12月14日アンナはパリで逝去。40年にわたるパートナーだったデニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げた本作は、挿入画像の権利関係上、日本公開はできない作品だったが、アンナ追悼のため、今年限りの上映が認められた。


アンナとゴダールという映画史上の伝説的なカップルが作り上げた、ヌーヴェルヴァーグを代表する珠玉の3本『気狂いピエロ』『女と男のいる舗道』『女は女である』も同時上映決定!


『気狂いピエロ』は、2018年6月6日に亡くなった字幕翻訳家寺尾次郎氏が「25年は無理としてもせめて10年くらい」は定訳になってほしいと願いをこめた渾身の新訳字幕版。寺尾氏の三回忌に合わせた上映であり、権利の関係でしばらくはこれが『気狂いピエロ』日本最終上映の機会となる。

本作の上映は、フランスの永遠のファッションアイコンとして、またその人生が今なお大きな影響を与えるアンナ・カリーナと、代表作である『気狂いピエロ』『女は女である』を字幕翻訳した寺尾次郎氏三回忌(6月6日)追悼上映でもある。


★K’s cinemaの上映日程
『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』 6月13日より7月10日まで
『気狂いピエロ』 6月13日より19日まで
『女と男のいる舗道』『女は女である』6月20日より26日まで日替わり

____________________________________________________________

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』

2020年6月13日より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開
配給:オンリー・ハーツ
(C)Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事