« 恋愛映画史を涙で塗り替える、最高純度のラブストーリー『きみの瞳が問いかけている』豪華第2弾キャスト発表! | メイン | 『椿の庭』鈴木京香、チャン・チェン他追加キャスト解禁!さらに W 主演の富司純子、シム・ウンギョンらからもコメントが到着! »

2020年3月27日 (金)

映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』公開決定

0327_004


あらゆるポピュラー音楽に影響を与えたインディアン・ミュージックの真実を追ったドキュメンタリー映画『RUMBLE The Indians Who Rocked The World』が、邦題『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』として5月26日ー6月12日に東京都写真美術館ホールにて公開、他全国順次公開することが決定した。今回の解禁でメインビジュアルも同時解禁となった。


1958年にリリースされたある曲が、世界を揺るがした。タイトルは「ランブル」。インディアンの血をひくリンク・レイによる、この攻撃的なギターサウンドは物議を醸し、歌詞のないインスト曲にも関わらず“少年犯罪を助長する”という理由で放送禁止となったが、この曲なくしてはレッド・ゼペリンもザ・フーもパンクもメタルも生まれなかったと言われている。映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』は、この「ランブル」を皮切りに、インディアン・ミュージックがロックのみならずジャズ、ブルーズ、フォーク、ファンクとあらゆる音楽ジャンルにいかに影響を与えてきたか、そしてこのアメリカ先住民たちの豊かな音楽がポピュラーミュージックの歴史からいかに抹殺されていったかを初めて明らかにした感動的な音楽ドキュメンタリーだ。


インディアン・ミュージックの素晴らしさや影響を語るために集結したのは、自らも先住民の血を引く元ザ・バンドのロビー・ロバートソンやブラック・アイド・ピーズのタブーをはじめ、バディ・ガイ、クインシー・ジョーンズ、トニー・ベネット、スティーヴン・タイラー(エアロスミス)、ジャクソン・ブラウン、ジョージ・クリントン、イギー・ポップ、マーキー・ラモーン(ラモーンズ)、スラッシュ、マーティン・スコセッシ監督ら他ではありえない豪華な面々。そしてジミ・ヘンドリクス、チャーリー・パトン、バフィ・セイント・マリーといったインディアン・アーティストの他、ハウリン・ウルフ、ザ・フー、ボブ・ディランらの秘蔵映像もふんだんに使用されているのも大きな話題。またプロデューサーをアパッチ族出身のギタリスト、スティーヴィー・サラスが務め、“失われた歴史”を巡る壮大な旅が描かれている。

[ピーター・バラカン氏コメント]
インストルメンタルなのに放送禁止にされるほど50年代のアメリカで刺激が強かったリンク・レイの「ランブル」。長年の弾圧に負けなかったネイティヴ・アメリカンの文化を象徴しているように思います。
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)


____________________________________________________________

『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』

2020年5月26日より東京都写真美術館ホールにて
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34205173

映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』公開決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事