« 『ミッドサマー』R18+ 未公開カット含むディレクターズカット版も絶好調 満席・リピーター続出 SNSで考察とアートが大量発生“ミッドサマー現象”継続中! | メイン | 『WAVES/ウェイブス』躍動するサウンド、眩い色彩が波の様に押し寄せる!360度回転するカメラ 目まぐるしく切り替わる音楽と映像「これぞ新時代の映画体験」と観る者を虜にする冒頭映像解禁!! »

2020年3月23日 (月)

『デッド・ドント・ダイ』M-1ファイナリスト“ぺこぱ ”映画PRに初挑戦「こんなゾンビがいたっていい!!悪くないだろう」ゾンビメイクで“ノリ突っ込まない”コラボ漫才を披露

0323_001


ジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』が、4月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開となる。本作は、2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取って日本でも大ヒットした『パターソン』より前から監督が構想を温めていたという、3年ぶりの最新作。世界中の映画ファンからリスペクトを受ける鬼才ジム・ジャームッシュがついにソンビ映画を手掛けたことで話題沸騰!昨年の第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露されるや、「大爆笑!」(The Hollywood News)、「この世のものとは思えない、凄いキャスト」(Awards Daily)、「ビル・マーレイとアダム・ドライバー、最高の二人」(Nightmare On Film Street)、「ゾンビジャンルへの楽しい試み」(The Hollywood Reporter) などメディアから熱いレビューが続々と寄せられ、熱狂を呼びました!『ゴーストバスターズ』シリーズ、『ゾンビランド』シリーズなどホラーコメディは十八番(!?)ジャームッシュ監督とは4度目のタッグとなる名優ビル・マーレイと、前作『パターソン』でも主演を務め、『スター・ウォーズ』最新3部作でのカイロ・レン役、『マリッジ・ストーリー』で今年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、今ハリウッドで最も熱い俳優、アダム・ドライバーとのW主演!さらに、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツなど個性派揃いの常連組から、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズなど、新たに加わったベテランや若手スターまで、これまでのジャームッシュ監督作品の中でもひときわ豪華に、史上最強のファミリーが集結した! SNS上では「これはwwwジム・ジャームッシュやりたい放題かよ」、「楽しみしかなくて発狂しそう」、「1億パーセント面白いと確信している」など、期待あふれる声が殺到中!世界を興奮に包んだ、最高に愛すべきゾンビ・コメディーが、いよいよ日本にやってくる。今回、2019年M-1ファイナリストのぺこぱによる初の映画PR コラボ漫才動画&メイキング・コメント映像が到着した!


本作には、生前の物欲に従って行動する奇想天外でユーモラスなゾンビたちが多数登場!“コーヒー”という言葉を繰り返してさまよう「コーヒー・ゾンビ」に、カラフルなメイクを施すゾンビ、テニスラケットを振り回す「スポ根・ゾンビ」、酒の匂いを漂わせ酔っ払う「シャルドネ・ゾンビ」、などなど、ゾンビなのに個性豊か!?

そんな本作は、昨年末に日本を爆笑の渦に巻き込んだ2019年M-1ファイナリストのぺこぱのお二人も魅了。新たに確立した、決して否定しない“ノリ突っ込まない”ツッコミ芸は、これまでの常識を覆す自由奔放なゾンビたちにもぴったり!ということで、ぺこぱにとって初の映画PRとなる、本作とのコラボ漫才【コーヒー・ゾンビ編】を披露していただきました!松陰寺はゾンビメイクの特別仕様で登場。個性的なゾンビを優しくポジティブに全肯定してくれるおふたりの漫才はじわじわ笑えて、本作のゆる〜いノリにジャストミート! 映画公式サイト(https://longride.jp/the-dead-dont-die/)では、もう一本のコラボ漫才【自己紹介編】も公開されているので、ぜひチェックを!なお、二人は後日放映予定のTVCMのナレーションにも挑戦している。

続くコメント動画では、ゾンビ映画が好きだというシュウペイが「今までにみたこと無いゾンビですね。すっごい良かった。」と語ると、ゾンビメイクに挑戦した松陰寺は、「初めてゾンビメイクを…でも夜勤で辛かった時の僕に似てます。」と苦笑いしつつ、「ラストも予想外の展開で、これまでとは違ったゾンビ映画でした。ぜひみて欲しいですね。」としっかり映画の見所をアピール。初めての映画PRとは思えない様子のお二人ですが、シュウペイが「ムービースターになった気分」とふざけると、すかさず松陰寺は「いやムービースター…の入り口に違いない!」とここでもノリ突っ込まない芸を披露し、終始和やかな様子で撮影が行われました。映画にちなみ、ゾンビになるとしたら何ゾンビ?という質問が出ると、サッカー大好きなシュウペイは、「なかなか点が決められなくて、ずっとゴールを探して彷徨う“サッカーゾンビ”かな(笑)」との答え。ミュージシャンとしての顔も持つ松陰寺は「俺はやっぱギターが好きだから、“ギターゾンビ”かな。ソンビになってからの思いの丈をメロディに乗せたい」とゾンビ妄想トークも盛り上がった。


さらにメイキング動画では、ゾンビメイクが気に入ったのか、カメラに向かってゾンビになりきってふざける松陰寺や、得意のネタをボケではなく本気で言い間違いをしてしまい照れるシュウペイ、真剣な表情で漫才の細かなニュアンスを相談し合う仲睦まじい2人の姿があり、普段は見られない本番前の貴重な一面を垣間見ることができる。


4.3(金)公開『デッド・ドント・ダイ』/M-1ファイナリスト“ぺこぱ”コラボ漫才【コーヒー・ゾンビ編】&メイキング&コメント
https://youtu.be/6qZc2xNPSVM


____________________________________________________________

『デッド・ドント・ダイ』

2020年4月3日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:ロングライド
公式HP:https://longride.jp/the-dead-dont-die/
(c)2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事