« ひき逃げ事件をきっかけに、人間の業の深淵に触れる!ハン・ソッキュとソル・ギョングを待ち受ける予測不能の闇とは?『悪の偶像』予告編解禁 | メイン | 映画『未来へのかたち』に大塚寧々が出演!さらに、公開日が7月3日(金)に決定!&特報映像解禁! »

2020年2月13日 (木)

『フェアウェル』自身の家族の、実際の嘘を描いた注目の新鋭アジア系監督ルル・ワン初来日決定!

0212_005


2019年7月、全米わずか4館で限定公開されると驚異的な大ヒットを記録し、館数が桁違いの大作群の中で全米10位にランクイン!勢いは止まらず、先日行われた第77回ゴールデングローブ賞では、主演オークワフィナがアジア系女優初の主演女優賞を受賞する快挙を成し遂げた!中国系アメリカ人として世界で活躍するルル・ワン監督の実際の<嘘>から生まれた、心温まる家族の感動物語にして、気鋭スタジオ「A24」の話題作『フェアウェル』が4月10日(金)より全国公開となる。


祖母を愛してやまない主演の孫娘″ビリー″役を『オーシャンズ8』『クレイジー・リッチ!』のオークワフィナが務め、ビリーの父親″ハイヤン″役に『ラッシュアワー』シリーズや実写映画『ムーラン』にも参加したツィ・マー、中国で最高レベルの演技者だけに授与される「国家一級演員」にも選ばれた実力派女優チャオ・シュウチェンが祖母″ナイナイ″役を演じきった。そして“2019 年に注目すべき監督10人”(バラエティ)に選ばれた女性監督ルル・ワンが脚本も手掛け、家族の在り方とそれぞれの生き方をリアルに、そして細やかに描いた。


この度、本作の監督ルル・ワンの来日が決定!!監督は1983年2月25日中国北京生まれの36歳。アメリカのマイアミで育ち、ボストンで教育を受けた。2014年のインディペンデント・スピリット賞において、チャズ&ロジャー・イーバート・ディレクティング・フェローシップを受賞。初長編映画『Posthumous』(14/出演:ジャック・ヒューストン、ブリット・マーリング)はオーチャード社が配給を担当。また、2014年のフィルム・インディペンデント・プロジェクトの監督フェローに選ばれ、2017年のサンダンス・インスティチュートが選ぶ長編2作目の監督を支援するプログラム“フィルム・トゥー・イニシアティヴ”に招待された。


クラシック音楽のピアニストから映画監督に転身。オークワフィナが主演する監督2作目となる本作は、2019年のサンダンス映画祭ドラマコンペティション部門でプレミア上映された。「バラエティ」誌の“2019年に注目すべき監督10人”のひとりに選ばれている。


そんな監督がこの度、日本での公開に先駆け満を持して初来日を果たす!!プロモーションは3月18日(水)、19日(木)の2日程を予定し、19日にはジャパン・プレミア試写会に登壇予定となっている。

____________________________________________________________

『フェアウェル』

2020年4月10日 より 全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://farewell-movie.com/
(C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34202092

『フェアウェル』自身の家族の、実際の嘘を描いた注目の新鋭アジア系監督ルル・ワン初来日決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事